にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2008/06/10(火) 14:40:54

ゴロピカゲロ

昨日はすっごいカミナリだったねぇ~~!!
相当近くで鳴った時は耳がワンワンして、テーブルがビリビリしたよ。

そうだ!私はカミナリの時に必ずやってしまう事がある。

それは光ってから鳴るまでの時間を数えちゃう事。

昔、姉ちゃんに教えてもらってから今に至るまで無意識に

「い~ち、にぃ~、さ~ん・・・」

つぶやいている。

それで6や7くらいまで数えられると安心するのだ。

「遠くに行った。ホッ・・。」

だけど、だんだん時間が短くなってくるとゾワゾワしてくる。

「やばい・・近づいてきた。」

遠くで見てる分にはキレイなんだけどもねぇ~~

やっぱり気持ちのいいもんじゃないな。


前に沖に出てる時にカミナリが近づいてきたので、急いで港まで逃げ帰ってきた事があった。

私達の船は全然問題なかったのだけど、隣の船宿の少し遅れて帰ってきた船では

「いやぁ~!!竿がビリビリしたよー!!やべぇ~~!!」

なんて言ってた。

そりゃ怖い。


そうだ!あまりにも怖かったのか、それとも先日の農薬散布で避難したのか、はたまた猫に追われてきたのか、家の中にカエルが入ってきた。

CA3A0100.jpg


絶対うちの子よ~ん♪

CA3A0101.jpg


母ちゃんが

「背中にまるい印を書くから押さえとけ!」

とペンを持って追いかけてきた。

私はやめてくれと言ったのにとうとう背中に・・・

と思ったら書けなかった。ホッ・・

しかし母ちゃんはあきらめず今度は細いペンを持ってきた。
あんなんで書かれたら背中の皮が破けちゃう!

今度こそ急いで庭に逃がしました。


九死に一生を得たカエル殿

今日もあじさいの葉っぱに乗っかってのどをウグウグさせてました♪


カエルが鳴いたらカ~エル♪


しかしうちのカエル・・・

長生きだな・・・

なにやら不思議に思えてきたぞ・・・


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
★けんさんへ
ほぇ~~そうだったのかぁ~~
今までは無意識に洗ってたか・・な・・?
気をつけます。
2008/06/12(木) 14:05:34 | URL | にゃみ #-[ 編集]
アマガエルの皮膚は粘膜で守られていますが
この粘膜には毒があるのです
舐めると痺れるぐらいじゃ済まないかもしれませんよ
2008/06/11(水) 20:25:27 | URL | けんさん #.8F7RpF2[ 編集]
カエルにヘビのましちゃ逆でしょぉ?

マム粉で長生きするのはアナゴ♪(笑)
2008/06/11(水) 17:33:59 | URL | にゃみ #-[ 編集]
ながいき
まむしのましてんじゃないの。

カエルにのまれたヘビ
2008/06/11(水) 16:29:17 | URL | ちん #-[ 編集]
★ふくさんへ
ハンコはおもいつかなんだ(笑)


★ガーさんへ
私の大事なペット♪あとカタツムリさん♪


★ハル父さんへ
これから這い出てくるんじゃないですか?
カエルとりに行きたい…


★けんさんへ
や、やばいとな?
目や顔が緑になるとか?
2008/06/11(水) 15:16:13 | URL | にゃみ #-[ 編集]
アマガエルを触ったら必ず手を洗ってくださいね
そのまま目を擦ったり口を触ったりするとヤバイですよ
2008/06/11(水) 11:35:53 | URL | けんさん #.8F7RpF2[ 編集]
そういえば田んぼに水が入ったけどカエルがいないぞ~。

2008/06/11(水) 09:55:48 | URL | ハル父 #-[ 編集]
あらまー。これまたかわいいアマガエル。
蚊とか食べてくれるからいいヤツなんですよね、
2008/06/10(火) 18:41:01 | URL | ガー #-[ 編集]
ペンで書くんじゃなくて 判子を押すんだったら大丈夫だったのにね♪~(笑)

2008/06/10(火) 18:01:16 | URL | ふくさん(会員番号3番) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。