にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2008/05/08(木) 16:07:41

ねこのおんがえし

CA3A0053.jpg


これはミユミユがリーチを描いたものです。

才能・・・あるのか???

まっかっかの四角い猫・・そして中央下の部分に一本ピンクの線が・・

しっぽだそうだ。

どう見ればいいんだろう???


それにしても先ほど、リーチを譲ってくれた元の飼い主(飼ってたっつうか餌付けしてた人)に会ったので、リーチの近況などを話していたら驚く話を聞かされた。

リーチの兄弟分達(もちろん彼らもノラ)が毒エサを食わされて死んだそうだ。

それも先週の事。

みんなヨダレだらだら泡ふいて死んでいたらしい。

なもんだから私に

「よかったよかった、あの子だけでも命拾いして元気に暮らしてて!」

と言うのだ。

確かにそうよね・・・

母ちゃんは何度も返す返すって言ってたけども、かわいそうになってきたり可愛く見えてきたり、庭暮らしだからノミの心配もないしでちょい渋ながらも面倒みている。

そのおかげで彼女は生き延びた。

リーチ本人はもちろんわかってないだろうけどね・・

逆にノミ予防のスプレーだのぶっかけられたり、体を押さえつけられて無理やり雑巾でゴシゴシされたり、彼女からしたら嫌な人間達だと思っているだろう。

悪い事の方が印象強いからね。

それが彼女の為だと言ったところで理解されないのは当たり前だ。

そう・・こればっかりは仕方が無い事だ。

言葉の通じない相手にいくら気持ちを語った所で理解されないのは世の常だからね。

それでもそれを踏まえてつきあっていかなきゃペットを飼う資格はないでしょ?

ま、今はほぼ放し飼いなもんで飼ってると胸を張って言えるかどうかは・・・??だけどもね(笑)


見返りを期待しない。

するとすれば小さきものを見て和んだり癒されたりでお返しは充分。

なんか子供に対する親心みたいだわね・・


そのぐらい寛大な気持ちでいないと特にマイペースな猫とはつきあいきれん!!ははは


だけども、母ちゃんの昔話の中に「おんとわんの猫」て話があって・・「うんとわん」だったかな?

それは猫の恩返しの話なのよ。

「おんとわん」ってのは訛ってるらしくて本来は「おんとう庵」とか「うんとう庵」とかって寺の事らしいです。

さて~はじまりはじまり~~♪

『昔々、新潟の山の奥におんとわんと呼ばれるさびれた寺がありました。
 
 そこには住職がひとり、猫のタマが1匹住んでおりました。
 
 あまりにさびれているので葬祭などのお声もかからず
 非常に貧しい暮らしをしておりました。

 しかし、住職は自分の食事を削ってでも猫にご飯をあげておりました。

 「おめえに腹いっぺ~食わしてやりたいのぉ~すまんのぉ~。」

 そんな住職の言葉に猫はただ「にゃあ!」と言うだけでした。

 ところがある晩の事です。
 
 住職が眠っていると夢枕に猫が立っています。そして

 「住職さん、よく聞いてください。明日あなたの元に使いが来るでしょう。
 えらい方が亡くなったのでありとあらゆる寺の住職が葬式の為に呼ばれます。」

 「ほぉ~しかしのぉ~わしにはそんな葬式に出られる立派な袈裟もないしのぉ~。」

 「いいんです!普段通りの姿でお行きなさい。
 そして皆でお経をあげていると嵐が来ます。
 しかし、あなたは絶対にお経をやめてはいけませんよ。
 何があってもお経をあげ続けてください。いいですね?忘れないでくださいよ。」

 「おぉ、忘れないよぉ~。」

 するといつの間にか朝が来まして、夢のお告げの通りに葬式のお迎えが来ました。

 住職は普段通りの墨衣で葬式に向かいますと
 金襴豪華な袈裟をまとった偉そうなお坊さんが一同に集まっておりました。

 みな、そのみすぼらしい住職には目もくれません。

 そうこうしているうちに墓を囲んでお経の時間になりました。

 一斉にお経を読み上げるお坊さん達でありましたが
 突然の稲光と大雨に袈裟を濡らしたくないお坊さん達はお経を止めて雨宿りをしてしまいます。

 しかし、住職は猫のお告げの通りに一心不乱にお経をあげ続けました。

 その姿を見た喪主さんは

 「なんて立派なお坊さんだ。」

 といたく感激しまして、その住職の寺に今後の援助を約束しました。

 その後、立派な住職の話は広がり裕福になった寺では
 今でもタマのご飯茶碗が置いてあるそうです。』

ちゃんちゃん♪


リーチよ・・私はお前にこの話を聞かせたいぞ!

ってやっぱり見返りを期待してるっつう事かね?(笑)


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
★ふくさんへ
いわみ銀山??独餌?なんでしょうか?

昔の飼っていた猫に「油なめて化け猫になってもいいから長生きして!」ってお願いした事があったな・・


★kayoっピさんへ
どっか~~~ん!!

です(笑)


★ちんべいさんへ
海の上のかみなりは普段の数倍怖いですね!

びりびり刺激ぃ~
2008/05/09(金) 13:55:44 | URL | にゃみ #-[ 編集]
ぬれるのはキライじゃないが、カミナリはちょっと。。
2008/05/09(金) 12:17:23 | URL | ちんべい #-[ 編集]
爆発!してますぅ。
才能が!!!!!

2008/05/08(木) 20:51:21 | URL | kayoっピ #-[ 編集]
いわみ銀山だっけ 独餌??(古すぎますかぁぁ~!笑)

猫って 人で無くて家に付くと言われてまして 歳を得た猫は家を守ってくれるとか だから 尻尾が割れてきても 邪険にしない方が良いと伝え聞いております(誰に聞いたんじゃい??笑)

2008/05/08(木) 17:52:51 | URL | ふくさん(会員番号3番) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。