にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/02/04(土) 17:19:55

アマダイ♪だい!

少し前の事。去年の12月18日(日)
ちーちゃんと二人で釣りに出かけた。場所はいつものように萬司郎丸。その日は電車で行ってみた。荷物がたくさんはイヤだから前の日に萬司郎丸のお母ちゃんに「なぁ~んにも持っていかないのでよろしくお願いしま~す!ついでに何を釣るかも決めてな~い!」と宣言。家から長靴を履いて防寒着てちょっぴり怪しい女二人。
何はともあれ到着すると「あれ??」様子がおかしい。確かに前の日に天気予報を見たら風が強そうではあったけど・・・。急いでお母ちゃんのいる受付に行くと「時化ちゃってるから待機しててくれる?もしかしてアマダイだけは出るかもしれないけどアマダイでいい?」アマダイはマダイを釣りに行った時に外道でかかった事はあるけどちゃんと狙って釣った事がない。初めてなのでドキドキしたけど「何でもいいです!」とお母ちゃんに言って事務所に向かった。事務所に行くと何人かのお客さんと船頭さん達と上乗りさん達がワラワラと待機していた。
「おはようございま~す!お船は出ないのかしら?」と聞くとあっちでもこっちでも「まいっちゃうな!」「アマダイは出るんじゃねぇの!」「寒い!」「電車で来たの?」「昨日は何時まで飲んでたの?」などなど一斉にしゃべりだしたので少し混乱。ひとつひとつ返事をしているうちに夜が明けるっちゅうの!(>_<)結局船が出るかどうかもわからずに私達はウロウロするしかなく、それでも一応準備をして待っていると突然みんな事務所から出ていってしまった。「え?出るの?出ないの?何なのよ??」あせった私は一番近くにいた上乗りさんに急いで聞くとアマダイだけ出すらしいとの事。


さて!大慌て!受付に行ってお金払って荷物を持って船に向かって走った。「手ぶらなのでよろしくお願いします!」と宣言して船の自分らの席についてようやく一息ついた。船長さんが竿やらオモリやら仕掛けを手早く用意してくれて、その上エサのオキアミをバケツに入れてとかしたりしてくれたので私達はのんびりできた。陽気が悪かったせいでお客さんは少なかった。アジに乗る予定だった5人位のお客さんとあと2,3人と私達。アマダイじゃイヤなのか帰っちゃった人もいたしね。
そして出船!すると、船長さんが1、2・・3人。え?3人も乗ってるぞ!?上乗りさんも2人。その船しか出なかったからなのかとても贅沢な船に大変身!これはしっかり釣り方を教えてもらわなきゃいけないぞ!元気いっぱいに「初めてなのでお願いします!」と教えてもらいたい気持ちを目一杯アピール♪


出船直後、運転してる船長さんのごあいさつ&今日の釣りのポイントがスピーカーから流れたのだけど、早口&ボワボワで聞き取れない。キョロキョロしてるともう一人の船長が「何言ってんか全くわかんねぇな!アハハ。」と笑っていた。笑い事じゃないんだけど・・とても困っちゃうんだけど・・・。仕方なく「どうしろって言ったの?」と聞くと笑っていた船長は消えていた(泣)全然わからないじゃん!少し不安な私。それでも気分が良かったから歌を歌って酒を飲み始めてみた。いつどこに到着するのかもわからなかったけど一応エサをつけて準備して~っと。

釣り場に着くとさっきの船長がいつの間にか私達の後ろにいてまずは私のエサをチェック。「もっといいヤツつけねぇとダメだよ!目玉がしっかりしたヤツな!」と言われてしまったのでお元気なエビちゃんをつけなおした。そして「底まで下ろしたら2m(50cmだったかな?あれ?どっちだ?ヤバイ・・(>_<))まいて後は上下に大きくゆっくり誘う。あんまり誘いすぎるのもダメだからね。」と教えてもらい、さっそくアマダイ釣り開始。初めは結構波があったのだけど段々穏やかになって1時間位すると完全な凪になっていた。陽気は良くなったけど魚はかからない。隣の隣の方にいた上乗りさんの誘い方を見て真似してみたり、途中でさっき教えてくれた船長さんが細かくアドバイスをしてくれたりと結構釣り方には慣れてきたのだけどかからないなぁ~。
すると隣で釣っていたちーちゃんに反応が!わわわ!「釣れたの?」と聞くと「重いみたいだけどわからない。」ムム?わからないのか・・。そしたら船長さんが「魚いるべ!」って言ったのでちーちゃんは注目の的に(笑)70m位あったので大変な思いをしてまいてくると確かにアマダイ!すげぇ!ちーちゃん!お魚は船長さんが船の中に上げてくれた。私はヤッタね♪と言いつつも悔しいやら焦るやら(笑)最高のエビちゃんを選別して投入!少し無口(笑)
しばらくすると・・・グィ!あっ!何かかかった!慎重にゆっくりと巻き上げる。ドキドキの瞬間!船長さんに「かかったの?」と聞かれ満身の笑みで答えた(*'-^)-☆ウフ♪10m・・5m・・2m・・覗き込むと赤い魚体がフワァ~って上がってきた。「やったー!ラッキ!プププ。」ちーちゃんのは目ん玉飛び出ちゃってたけど、私のは無事だった(そんな事で張り合うなっちゅうの!)そしてちょっぴり大きめ!ウフフ^m^
私達の座っていた側は上乗りさんも含めて6人位いたけど釣ったのはまだ私達だけ、教えてくれていた船長が「コーチがいいからだな!ワッハッハッハ」と自慢げに喜んでいた。本当にその通りだと思うから手柄を取られても全然悔しくないもんね~♪その後、上乗りさんの一人が釣った所でまだ午前中だったけど終了。
西の方から風が吹いてきちゃって白い波がせまってくるのが見えた。お天気って不思議よねぇ~。さっきまで超凪だったのにいきなりブワブワと風邪が吹いてきて船はゆらゆら~。大慌てで道具を片付けた。私達は手巻きだったのでちょっと大変だったけど、何故か負けちゃいけない気がしてムキになって電動リールの人と勝負したら何と勝ってしまった(笑)腕はパンパンになったけどね~。


帰り道は波がせまってくるから超スピードが出ていてビッチョビチョ。それでも負けずにちーちゃんと酒を飲んでいたら上乗りさんが波よけに立ってくれたんだけど、大笑いされた。「君達はどこに行っても生きていけるよ。」そうかもしれない・・。ブブブ
ちーちゃんが潮をかぶって濡れた手を舐めて「つまみ要らずだね。」なんて言うもんだから真に受けて舐めたら本当にその通りだった。私はお気に入りの『氷結グレープフルーツ』を飲んでいたのだけど潮をかぶったので『ソルティードッグ』になっていた。なかなか乙なモンでしたよ(笑)
天気のせいで短時間の釣行になってしまったけど、船長さん直々のアドバイスを受け、二人とも一匹ずつ釣れて楽しかった。本当はもうちょっとやりたかったけどね。


お土産に超新鮮なウルメイワシまでもらって発砲スチロールにお魚を氷詰めしてもらっておうちに帰りました。船長さんが「これだけのアマダイだったら売れば釣り代が出るよ。」と言っていたのでめっちゃ得した気分♪
そしてアマダイの美味い事!さすが高級魚!さすがアマダイ!お刺身にしてペロリと食べてしまった。何と言っても皮が美味かった!頭と骨は煮付けにして食べた。少しでもムダにしたくないからねぇ~!本当は骨だって食べちゃいたいくらいだけど、さすがにムリだった。
ウルメイワシは頭とって腹とって丸のまま皮むいて醤油つけて丸かじり。口の中で身がキュッキュ言う位張り切った身だった。美味しかったなぁ~思い出すとジュルジュルだよ。


その後もう一度1月の3日にアマダイ釣りに行ったのだけど。何とその日は1時間で終了。もちろんアマダイは無し(泣)それでもアカボラ(?)なる魚がバラバラと釣れた。そいつも美味かったけど、1時間じゃねぇ~つまんないよ~(泣)その日は日頃のおこないが悪いと言われ踏んだり蹴ったりの一日でした。またアマダイを釣りに行きたいんだけど今年はもうムリかな?機会を狙ってぜひ頑張りたいお魚の一つです。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。