にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2008/01/17(木) 16:40:52

あと何回・・・?

用を足していましたら、うちのじいさんがドアを開けた。

「お、ゴメン。」

そこで私は考えた。

いいじゃないか・・こうやってじいさんが間違ってトイレを開けてしまう事ぐらい。
ただ座っていたんだし、うちのトイレは横向きだから足しか見えないし
尻や中身を見られたわけじゃないのだから・・・

それよりも、これから先じいさんは私の用足しの姿を見る事は二度と無いかもしれないのだから・・・

いいよじいさん。
気にしないで下さい。

感慨深く用を足し終えたのでありました。


『これが最後かもしれない・・』

『あと何回できるかな?』

私はたまにこんな事を考えちゃう。


いえね・・そう暗い話じゃなくてね。

だから

「がんばろ~!!」

とか

「大事にしよ~!!」

とか

「忘れないようにしよ~!!」

って思えるって事なんだけどね。

カウントダウン癖?(笑)


猫の食事じゃないけれど、私はクセでつい「チョイ残し」をしてしまう事があるんだ。

それもね、食べ終わっちゃうのがなんかヤダっていうか、まだあるから安心っていうか・・
最後のひと切れふた切れが愛おしく感じちゃうっていうか・・

暖かいものは冷めちゃったり、刺身とかだと乾いちゃったりして美味しくなくなっちゃったりするんでホント、バカなんだけどね。


あ!でもどこの国だったかな?なんとか流だったかな?
食事の時に「チョイ残し」しないと失礼だとか・・

全部たいらげるとまだ足りないと思われるから、もうお腹いっぱいです!のアピールらしいです。

私の場合はちょいと意味が違うですけどね・・・


ちょっと話が脱線したかな?

とにかく「最後かもしれない・・。」ってのがネックでね。

「こんな事はもう起きないかもしれない。」って思うと、ちょっと寂しいけど大事にできる気がするんだよね・・


私ね、小学生の時に自分の記憶力のチャレンジをした事があってね。
何でも少しずつ忘れていってしまうのが寂しくて・・

だから1つのキーワードだけは絶対に忘れない!!!ってね

それがイスとリンゴ。

普段はイスを見てもリンゴを思い出さないし、その逆も思い出さない。
だけど、自分の記憶力の事を考えた時にはそのイスとリンゴってキーワードが出てくるように覚えたの。

もちろんこうやって書いてるって事はまだちゃんと頭に残ってる。

思い出すと

「うん!まだ覚えてる。ヨシヨシ・・。」

ってにんまり。


やっぱりバカだ私。


あと何回?何年?こうやって思い出せるかな?


私はあと何杯飲めるかな?

どのくらい釣りに行けるかな?



一期一会。

なぜか「いちごんいちえ」って言ってしまった。

ははは





スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
★ふくさんへ
トサカですか・・・
足だの首だのは食べた事があるけどもトサカねぇ・・・

逆におねしょしそう・・プルプルプル


★ハル父さんへ
家だとカギしめないんですよ・・へへへ


★ちんべいさんへ
あれ?
にいさんの頭についてるアレはトサカでは?

ププププ
2008/01/18(金) 14:29:34 | URL | にゃみ #-[ 編集]
とさか 

むりです

ふくさんすげ~
2008/01/18(金) 13:00:44 | URL | ちんべい #-[ 編集]
ところでトイレに鍵はなかったのでしょうか?


それが疑問です。。。
2008/01/18(金) 10:08:16 | URL | ハル父 #-[ 編集]
わしが 幼少の頃 おねしょ小僧だったころの お話だす♪~

 あるひ 父が 鶏のトサカを買ってきて
「これ食べれば おねしょが治るぞ」
と言うことで トサカを塩焼きにして食べたのです♪~(笑)

美味しかったのだけは覚えておりますが 果たしておねしょが治ったのかは 覚えておりません♪~(笑)

昔々のお話でした♪~(笑)

2008/01/18(金) 09:40:11 | URL | ふくさん(会員番号3番) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。