にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/04/19(水) 15:40:01

鴨かも・・

TS340083.jpg


鴨が一羽。

TS340084.jpg


鴨が二羽。

TS340085.jpg


こっちからも二羽。

TS340086.jpg


合わせて四羽。

鴨を見てると思い出す。
生まれて初めて鴨をさばいた時の事。

あれは去年の11月の末の事。いきなり鴨をもらってしまった。
「私は魚はさばくけど、鳥はさばけない!!」
と必死に叫び続けたのだけど、その人は私に鴨を託すと帰っていった。

ぐたぁ~っとした鴨さんを前に私はどうするもんかと放心状態。
その上、親には
「私に見せないで!」
と叱られる始末。

その日はどうしていいのかわからずに冷蔵庫にしまった。

さて!翌日。HPで『鴨のさばき方』を探してみた。
ジビエ(狩猟の獲物・?)料理が流行ってるようなのでかなり色々な情報が見つかったのだけど、いざ手をつけようと思ってもなかなか始められない。(>_<)
そしてふと知り合いに鉄砲撃ち(猟師)がいる事を思い出した。早速お電話すると、親切丁寧に御教授くださいました。

私は初鴨解体という事で、酒と塩で何となく御供養してみた。
「つたない技術で申し訳ないけど、無事解体したあかつきには必ず美味しくいただきます!」
しかし、それが失敗だった。羽は濡らしてはいけない!!!(+_+)
急に重くなって羽がすべりなかなか抜けてくれなくなる。
それでも力ずくで羽をむしり続けた。
私はアレルギーではないけれど、細かい羽が飛ぶとクシャミが出てきたので、顔をタオルで巻いて大きいゴミ袋の中に鴨を入れて羽が飛ばないようにした。
最後にそのゴミ袋を見るとかなりの量の羽があってびっくり!
あんなにふくれるものとは思わなんだ!
さすがダウン&フェザー!!一羽で小さめの枕が作れそうだったよ。

羽さえとれば後はこっちのもんさっ!
まな板の上にあるのは、もうすでに肉のかたまり。
ただ、まだ頭と足が付いていたのでそれはぶった切った。
よし!これで完璧に肉のかたまりさっ!

でもね、ココまで来るのに約1時間。そして忘れていた事が・・・
そう!内臓!見た目は肉のかたまりでも、まだ完全じゃない。

そして財前教授が「アメージング・グレイス」の曲にのせて手術室に入ってきた。
「これより胸部を開きます。バイタルのチェック!メスっ!」
なんちってσ(^◇^;)

知り合いは内臓も美味いと言っていたのだけど、今回は勘弁してもらって内臓はポイッ!頭も足もポイッ!
後はお尻の近くに臭腺(?)とかっていう臭い所があるのでそれもポイッ!イメージは尻子玉(笑)しりこだまってこう書くのかな?ブブブ

いらない所をポイポイした後は今度こそ肉と骨だけになった。
そして骨から上手に身を削ぐと完璧に肉!!

やったね(^-^)v ココまで来るのに2時間。
私はとうとうやりました!海のモノだけでなく山のモノ(?)までも制覇してしまいました!

その鴨はちゃんと鴨鍋にして美味しくいただきましたよ♪
やっぱり買ってくる鴨とか鶏肉とは全然歯ごたえが違うの。
キュッキュって音がするんじゃないかっ!?
味も何だか濃い。脂はちょうどいい乗り具合で嫌味がない。
臭みは全くと言ってイイほどナイ!美味しかったよ~ん♪

ただ、もう勘弁してって感じ。
何事も経験だと思ったからチャレンジしてみたけど、やっぱり私には魚が似合ってるみたい。肉は買ってくるのが一番!!

だから安心してね!近所の川の鴨さん達♪私があなた達を見つめているのは食べたいからでは決してありませんからね。ウッシッシッシ(¬_¬)

話は飛ぶけど、アルちゃんに前に借りたマンガ『さいとうたかおのサバイバル』機会があったら読んでみてね。面白いから!
地球が大地震&大津波で大変な事になってしまう、その中で生き抜いていく少年のお話です。結構サバイバルで生き抜く為の知識がたくさん!
あれを読んでアルちゃんはサバイバルグッズをそろえ始めたらしい。
そして私は鴨を解体しました(笑)

この世の中、何が起きても不思議じゃない。
突然、地球がおかしくなっちゃうかもしれない。
そんな事になった時に私がいると結構役に立つカモよ~♪なんちって




スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
みなさまへ
ルイパパさんへ
口が裂けててもですか?(笑)
何事も経験かな?と思ったんですけど、あまり普段の生活で必要のない知識ばかりでお恥ずかしい。

コニーさんへ
ありがとうございます!母さんになる前にまず嫁にならないといけませんけどね(泣)

りょうさんへ
う~む・・動物になったらお手上げですね~!そう思ったら鴨で良かったです。

井上さんへ
たくましいのか無神経なのかはご想像にお任せします。m(_ _)m

たぬきさんへ
ぜひ釣り会を実現したいですね!みんなにお会いしたいです!(^O^)/
2006/04/20(木) 14:04:50 | URL | にゃみ #-[ 編集]
鴨?
ブリを捌くと血の匂いで閉口しますが・・・
にゃみさんは只の酒呑みじゃない(立派)

1万回記念釣り会が実現すれば瀬戸内海から
↓4人程参加しそうだ ポコ!
2006/04/19(水) 21:39:01 | URL | たぬき #-[ 編集]
……たくましい人だ ( ̄Д ̄;;
2006/04/19(水) 20:23:01 | URL | 井上 #.8F7RpF2[ 編集]
同じ様な経験が有りますよ、私も4年ぐらい会っていなかった友達から、鴨肉いるかって連絡が有り、そく、いるから持ってきてと言って、仕事で遅くなるから、奥さんに友達が鴨肉持ってくるから受け取ってね、と電話入れ、しばらくして持ってきたそうです、電話が有り隣の塾の駐車場で受け取ることになり、車から出てきた鴨は舌出して
絶命している鴨だったので、ぎや~~~~と騒いだそうですが、何とか足持って帰ってきたそうです、家に帰ってから文句を沢山言われましたが、捌いた鴨が美味しかったので、その後文句は言わなくなりました、その後今度は鹿肉いる?って電話が有り、その時は確認しました、肉だけ?それとも前足かついでくるのか?と、でも鹿は肉のかたまりでした、これも美味しかったですよ、どちらも癖が無く最高でした。
2006/04/19(水) 19:11:56 | URL | りょう #-[ 編集]
そりゃーいい嫁になれるよ。将来肝っ玉かあさんまちがいなし。
2006/04/19(水) 17:44:29 | URL | コニー #-[ 編集]
さすがにゃみさん!ただの釣り師とは思っていなかったけど鴨までさばくとは、ただ者ではないですねー  けどなんでもチャレンジするのはただただ感心します。
にゃみさんは美人ですねー
鼻と口が分からないけど(ほれちゃいそう) 
2006/04/19(水) 16:49:08 | URL | ルイパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。