にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2007/02/27(火) 16:12:18

気恥ずかしい

昨日はある検査を受けてきた。
ある一定の年齢になると受けられる区の無料の検査だ。
それも女性特有のアレね。

何ヶ月か前に母ちゃんはさっさと検査してきて

「お前らもいくのだ!」

との命令に私は妹と2人で病院に行った。

何度もお話しているように妹には子供がいる。
って事は当たり前だけれど妊娠と出産経験者だ。
もちろん母ちゃんも経験者。

不肖の姉のわたくしは未経験者だ。

今まで病気っていう病気はした事もなく、入院経験もなく、手術と言う物ももちろん受けた事がない。

ただ、怪我は多く、病院にお世話になるのは大半が怪我だ。

そんな事はどうでもいいんだぁ~~~!!

初めて受ける検査のリサーチとばかりに母ちゃんに聞いても

「パンツ脱いで座ってればいいんだ。」



・・・・・・・・・む~~ん。

だからさぁ~!!
そんな事たぁ誰だってわかるっちゅうの!!

それよりも一体何をされるのかってのが知りたいっちゅうの!!

あーー!母ちゃんに聞いた私がバカだった。

まぁ、ココまで読めば何の検査かおわかりですね?
『子宮がん』の検査です。

先に書いたように私は妊娠出産未経験者、その上この検査は初体験なので、これまで人前で性器をさらすなどといったような事はありません。

ん?今なんかおかしかった?(笑)

まぁ、細かい事にはこだわらないで話を続けますよ。

『子宮がん』の検査の手順としましては病院によっても多少は違うのでしょうが、まずは問診表みたいのを渡されて質問に答えるです。

家族にガンにかかった人はいますか?とか
今まで大きな病気をした事がありましたか?

とかっていう普通の病院で聞かれるような事と後は婦人科的な質問ね。

子供は何人いますか?とか前回の生理はいつでしたか?とか

そうやって全部書き込んだらいよいよ検査です。

さ~て!モノを知らないってのは怖い。
勝手にさまざまな想像してしまってドキドキです。

あそこ見られてる間はどんな顔していたらいいんだ?とか緊張しておなら出ちゃったらどうしよう・・とか(照)

待合室で待ってる間中、悶々と考えてしまった。

すると名前を呼ばれた。

妹の手前、平常心を装っていた私。でも返事が

「ひゃい!」

裏返ったよ。声裏返っちゃったよ。たはは

ついでに立ち上がり診察室に入るのにつまづいたよ。

何個も並ぶ診察室の小部屋に入ると私の担当の先生は女医さんだった。
何かホッとしたのと微妙な気持ちが入り混じったね。

しかし・・あれ?あの股開きのイスがない。

って事はこんな普通のパイプイスで何だかを採取するの?

どきどき・・・どきどきどきどき・・・・

んで!どきどきしながらいくつかの質問を受け答えすると女医さんが

「隣りの部屋にお入り下さい。」

と。またしてもホッとする私。

イヤ!本番はここからだ!

脱ぐんだ・・これから脱ぐんだ私。ドキドキドキドキ・・

そしてもう1つの小部屋に入ると例のイスがデ~~ン!
だけど向こう側にカーテンが・・・

そしてそのカーテンの向こう側から声がした。

「お入りになりましたらカギを閉めてください。そして下着をとりましたらそちらのイスに腰掛けてくださいね。」

はぁ・・カギねぇ・・なるほど。

んで、なんだって?イスね・・イス・・・・。

ぶふーーーーーっ!!

こりゃ思ったよりもハードなイスである。
体のカタイ人は辛いだろう。
超大股開きに自然になってしまう。

ああ!こりゃこりゃ♪

しかし、ココでくじける訳にはいかない。

にゃみ!いきま~~~~す!!(ちょっと涙目)

よっこらしょっとっ!!

すると影の声が

「よろしいですか?ではイスが倒れますので、顔はそちら側のカーテンの向こうにお願いします。」

んが?そちら側のカーテン??

実はカーテンが二層式になってまして最後の最後まで下半身は見られても顔は見られない仕組みになってるのです。

またまたホッとした・・・ら

ガクンッ!!

倒れたよ!大股開きのままに倒されたよ!

これ、自分でもカーテンの向こうになっちゃってるから見えないけど、もしかしてとんでもない恰好なんではないかい?

『頭隠して尻隠さず』

そんな言葉が脳裏をめぐる。

そして検査開始。

はぅ・・・

もうされるがまま・・・

ゴメンなさいあなた・・・

私・・わたし・・・・

なんて事があるわけもなく
チョロチョロっとした間に終了でした。

内容は・・・言えな~い!とても言えな~い!!
何だか色々突っ込まれたなんて口が裂けても言えないわぁ~!

と!先程の小部屋に戻り説明を聞くと見た感じは異常はないとの事、詳しい検査結果は2週間後だってさっ!

終わってしまえば何の事はない。

何であんなにドキドキ緊張してたのかバカらしくなってくる。

あの二層式のカーテンのおかげでリラックスして検査受けられたし、やっぱりちゃんと考えてくれてる病院で良かったなぁ~

しかしやっぱり気恥ずかしいもんだ。

妹の担当の先生はおじいちゃん先生だったらしい。

どうなんだ?どっちが良かったんだ?
キレイな女先生とおじいちゃん先生。

それはどっちでもいいが、若いイケメン先生だったら私は逃げ出していただろうな・・いやどうなんだ?いひひひひ


ま、とにかく終わってよかったよ。
大事な検査だからね。

安心したから酒が美味いったらないよ。えへへ


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
★ハル父さんへ
あはは!あのイスに座って縫ってもらったんだぁ~
それは確かに貴重な体験(笑)


★ふくさんへ
その芸はちょっと・・・ぷふふ
でも密かに練習したりして・・なんちゃって


★マッちゃんさんへ
うわぁ・・マッちゃんさんまで!
なんかエロいですよぉ~パクパクなんて(笑)


★ゆうさんへ
あのねぇ~この検査は2年に1回なので~す。
あとは有料なので~す。


★仁兵衛丸さんへ
モグリって潜り込むんですか?いひひひ
2007/02/28(水) 15:05:59 | URL | にゃみ #-[ 編集]
医者になればよかった

モグリなら今からでもv-10
2007/02/27(火) 21:12:44 | URL | 仁兵衛丸 #-[ 編集]
これから年1回とかのペースでやるんですか~(笑)

女性も大変だ~
2007/02/27(火) 20:35:37 | URL | ゆう #MAhqcC3Q[ 編集]
腹話術でなくても、あそこが口みたいに
パクパクしてたら 恐いですね~~ v-12
2007/02/27(火) 19:01:02 | URL | マッちゃん #-[ 編集]
あら 観音様 弁天様の検査だったのね♪~
今度は 腹話術で あそこがしゃべっているようにして 先生を びっくりさせたらどうかしら♪~(笑)

2007/02/27(火) 17:20:33 | URL | ふくさん(会員番号3番) #-[ 編集]
ワタシの後輩。日曜日にイカダ下りで足を縫う大怪我。
当番医は産婦人科。

オッサンだけど、産婦人科の大股開き椅子で足縫ったとさ。

貴重な経験ですよね。特に男にとっては。
2007/02/27(火) 16:49:25 | URL | ハル父 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。