にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/09/18(月) 19:24:04

メジだ~カツオだ~!1

9月17日(日)片瀬江ノ島 萬司郎丸 AM6:00 メジ・カツオ

この所の陽気でイナダは撃沈丸。金曜日に知り合いが行ったが3本。(でも竿頭)
私が電車で行くなら7:00のしか乗れないので「どうすんべー!」と思っていたら、金曜日にメジ・カツオが復活の兆しが見え、土曜日には爆釣!!

・・・へき地からエンヤこらとクーラー転がして電車に乗って、帰りにカラクーラーをまたしても転がして帰るのはイヤよ。
ねぇ王子?(笑)

何とか6時の船に乗るには・・・・

品川までタクシーで行って東海道線の始発に乗れば間に合う。
ギリギリだけど何とかなる。

よし・・その手で行くか・・・と思っていたらラッキーな事が

たまに一緒に釣りに行くうちのお客さんがたまたま店の前を通りがかった。私はそいつをつかまえてバイトをしないかと持ちかけた。
どうせ品川までタクシーで7500円位かかるならそいつに払った方がマシだと思ったので言ってみたら、江ノ島まで送ってくれると言うではありませんかぁー!やっほ~い!!

私とアルちゃんを乗せた車は一路江ノ島へ・・・
・・・・しかし・・酔った。案の定車酔いをしてしまった。
何年経っても運転の下手なヤツ。私は投げ出されないようにシートベルトをガッシリと掴み、見ると怖いので寝たフリをしていた。

うう・・ぎもぢわる・・・・

コリャ参った。
到着するなり吐いた。

アルちゃんも顔面蒼白。手足がしびれると言っている。
早く吐いてきた方がいいよと言ったが、どうも難しいらしい。

恐るべし車酔い。
船酔いはした事ないのにね。

まぁ、車で行ったので時間は余っていたし、何とか体調を整える事ができた。

珍しく早めに行ったので、お母ちゃんやみんなに
「泊まったの?」
と言われたのだけど、そんな訳ないでしょぉー!
ちゃんと1時まで仕事してから出てきましたよぉ~!

でも、前の日が休みだったらそんな手もあるわねぇ~フムフム。

さて!いつもアワアワして船に向かうが、昨日は余裕シャクシャクで船着場に・・一服しながら荷物を整理して、の~んびりと待った。

船に乗り込んで準備をして、乾杯をして出船時間を待った。

久しぶりのカッタクリさんとバケを海水につけていつでも始められるようにして、のんびりと海や空を見ていた。

さすがに肌寒い陽気になりました。
海も秋の海の色。そらも秋の空。

さて!前日は微笑んだ魚の女神は私達に微笑んでくださるのでしょうか?

5分位走った時に、にわかに船上がにぎわった。船長さんが上乗りのMさんとGさんに何か言っている。
どうやらタモが何とかでミヨシから何とかでどのこうの・・(結局意味がわからず・笑)

鳥山に突っ込んだので始めるのかと思い、緊張が走る。

すると、イワシをとる為だった。でっかい網でイワシをすくい、生簀のそばまでは海の中を移動させて手早く生簀にざざざー!

そして移動。何度かそんなイワシすくいをしながらも、肝心の群れは発見できない様子。
進んでは方向を変え、また進んでは方向を変えながら船は走る。
沖に向かってる時は平気なんだけど、方向を変えるとびしょ濡れになった。
上乗りさん達も船長さんの所に行ってしまった。彼らが上にいるうちはまだ釣りは始まらないので、アルちゃんとビショビショになりながらも飲んでしゃべっていた。

さすがに寒かったけれど、やっぱり海に行って濡れるのは楽しい。
ウーロンハイがレモンティになり、氷結グレープフルーツがソルティードッグになり、からあげくんが塩分きつめになる。

なるべく後ろを向いているのだけど、場所を確認しようと前を向いた瞬間にザバーッ!とやられる。目がしみて痛い。
もちろんタバコはしっけしけ。ライターが1つ、また1つとダメになっていく。

様子を見ながら1時間半走った。

少々退屈顔になってきたアルちゃんに
「カツオの時はこうやってずっと走って1回も竿出せない事があるんだよ。」
とちょっぴり脅すと悲しそうな顔になってしまった。

そうこうしていると、船団発見。
そろそろ試しにやってみるんかな?と思い道具をチェック。
キョロキョロと他の船を見てみるが、上がってる様子はない。

う~ん・・。

だけど、GさんやMさんが席に戻り始めた。

やっぱり始めるんだな。

船長さんが慎重に船を回し、ゴゴッー!と音がすると、一気に緊張感が高まる。

そして
「はい!やって!」

うおー!(そんな声は出さないけど、気持ちはそんな感じ)

「15から20!カッタクリの人は25位からやってって!」

ほいよ!ほいよ!
船上にカッタクリを巻いた木がカタン、ゴトンと転がる音が響く。

さて、タナに着いた。

や~れ!そ~れ!ガシガシガシガシ!

どんどんコマセを撒かなきゃね~!
魚の事はしばし忘れて、コマセ撒きに集中。
2~3回やると移動。

次の場所では少しずつ魚があがってくるようになった。

でも、私達は必死にコマセ撒き。

私達の後ろの2名は竿だった。
午前中は竿釣りの人に軍配があがる。
ちょっと腹が立ってきたのよ。私達が必死に撒いたコマセで釣ってる!
本当は私が人のコマセで釣ろうと思ったのに(笑)

私は初めはちびっこいマルソウダ。これはすかさず捨てた。
次はなかなかサイズのヒラソウダ。これはキープ。

その後、本ガツオのお顔拝見。

調子が出てきたかなぁ??なんて思ってるとまたしてもソウダ。ちびっこいから捨てた。
すると隣りの人もちびっこいヒラソウダ。
これはどっちですか?と聞かれ、
「マルじゃないですか?よくわかりませんが・・。」
と適当に答える私。
もし、ヒラだとしてもちびっこいからいらないと勝手に思った。
すると、船長さんが上から
「ヒラだよ!ヒラ!脂のってるから美味いよ!」
との声。
すっかりあてにならない烙印を押された私(別にかまわないが・・笑)

その隣りの方は、あてにならない私を通りこして船長さんに魚を持って行き見分け方を聞いていた。

私がカツオチームに遊ばれていると、アルちゃんが一荷でメジを釣った。アルちゃんは地道にメジの本数を伸ばしていたのに、私はカツオさんチームの餌食になっていた。

そんな時、アルちゃんのメジが私とお隣の人を巻き込んで上がってきた。まずアルちゃんの魚を上げて解いた。次は私とお隣さんの番だ。
お隣さんも魚がかかってると言うので、慎重にあげたのだけど、そこで発見してしまった。
お隣さんのバケはすでに上がっている事に・・・。

魚がかかってるのは私のだった。

魚を上げてくれて、仕掛けをぶっつり切って、嬉しそうに魚をしまおうとしていたお隣さんに悪いとは思ったが
「そちらのバケはココですよ。」
と告げ、魚をいただきました。これが初メジ。

と言う事で、仕掛けとクッションゴムがいなくなった私は船長さんの元に・・
すると、船長さんが可愛いヒラヒラバケで仕掛けを作ってくれた。
何だか可愛い結び方で・・あれってなんて言うんでしょうね?
三つ編みみたいのです。今度聞いとかなきゃ~

そして
「ありがとうございます!これで釣れなきゃ、私は終わりだね!」
とお礼を言うと
「もう終わってるよ。」
とのお言葉。

ヘイヘイ・・そうですね。ムカッ

お手製の仕掛けなので、気合いを入れなおし、がんばる私。
腕がもげても、指が裂けても、ガシガシがんばった。

どこに移動してもポツラポツラ。

ああいう釣りの時って船長さんの言葉で気合いが入る。
「あがってきてんぞぉー!」
「スッススッスとどんどんやって!」
「コマセ撒かねぇと食わねぇぞ!」
「下からシャクって来ねぇとダメだぉー!」
「なにやってんだおぉぉぉー!」
「おおおおおお!」

そんな中で少々食いっけのあるちび群れの時。
「きたきたきたきたきたきたきたきたあああああ!」
あっち向いてキタキター!こっち向いてキタキター!
すると、なかなか魚が上がらないアルちゃんが
「そのキタキタがうるさいんですけど!」

ブフッー

思わずふき出してしまった。
船長さんは笑ってアルちゃんの頭上でキタキタを連呼!
アルちゃん船長さんをにらみつける(笑)
だからアルちゃんて好きよ。

でも、本当に午前中はいい事なし。

メジと本ガツオとヒラが3名ずつで9名様。

このまま終わるの?

いやぁ~!!!!!

アルちゃんは相変わらずメジメジメジメジ。
「カツオ釣りたいよー!」

すると、にわかに無線がにぎわってきた。
どうやらいい場所が発見されたらしい。

猛スピードできびすを返す船。
それまでにも増してビッショビショになる私達。

そんなでもキャビンに入る気がしないんだよな~

さて!かなり江ノ島が大きく見える所まで来ると、船団ができていた。
遠くの船を見てみると、魚が上がってる。
私は這って席に戻り、コマセの準備を始めた。
私の慌てぶりを見て大トモに避難していた人達も次々と席に戻った。

やっぱり、こういう時はみんなして一斉にコマセ撒いて群れを止めないとね。

さあ・・緊張も高まってきました。

イカ釣りの時みたいにバケを片手に待つ私。

ドキドキドキドキ・・・

「やってー!」

はーい!!

ガシガシガシガシガシ!!

ん?かかりませんねぇ~

すると

「○△●※■だぉー!あげてあげて!!早く!!」

と船長さん。

うわ・・ヒートアップしてきた。緊張するなぁ・・
ギュギュギュっと音を立てながらちょいと移動して

「はい!やって!!」

ういっす!!

と突然!

「だぉー!なろぉー!んだぉー!!」

と船長さんの怒号が響きわたった。

どうやら、イワシを撒けって事らしかった。
言うより自分がやった方が早いと思ったのか、操舵室から飛び出して生簀からイワシを取りぶん撒いた。

何だかチャンス到来でないの?
怒号に背中を押された気分になった私は残り体力の

ガシガシガシガシ・・グワッ!来た!

カツオのいっか~!!やったね♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と今日はココまで(笑)

何とか復活してよかった。パソコンちゃん♪

おっと!早く魚やっつけなきゃ~うわ~ん(泣)
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
★ハル父さんへ
ああ!そうか!飲んでればいいのね!!(笑)

★タコジー89さんへ
いらっしゃいませ~♪
こちらこそよろしくお願いします。

★Kさんへ
何ででしょうね?車酔い。
窓開けて風を受けてればまだ大丈夫なんですが・・
あっ!だから船酔いしないのかも!!

★あめちゃんへ
小ぶりながらまあまあ脂も乗ってて美味しいですよね。

★仁兵衛丸さんへ
自分でも褒めてあげたい位に最後はお上手だったんですよ♪フフ

★釣りっこさんへ
酒にも船にも酔わないのに・・(笑)
キャビンが嫌いなんですよ。外が見れなくて寂しいから
2006/09/19(火) 14:03:50 | URL | にゃみ #-[ 編集]
にゃみさんが車に酔うとはちょっとびっくりです。

でも、にゃみさん逞しいですねぇ~。
私なら、波かぶった次の瞬間にキャビンに逃げ込んでますよ。w
2006/09/19(火) 11:06:07 | URL | 釣りっ子 #X9d0ktEs[ 編集]
えっ?
車に酔うんですね。
最後の最後に狩猟本能発揮?

その方が燃えるってもんだぁね。

○▲×□のアルちゃんの姿が目に浮かぶ。
ぶひひ。
2006/09/19(火) 10:36:47 | URL | 仁兵衛丸 #-[ 編集]
オイラは車は大丈夫だけどバスに弱いです。
にゃみさんやりましたね。最後に「爆」が来るとも快感、脳内ホルモン、ビショビショでしょ!
いやーほんと、萬司郎取れ立てののメジ、カツオは美味いですね。家はづけ丼と甘露煮でいただきましたよ~。えっ?なぜオイラが食ってるのかって?
六角橋まで行って仲買人からわけてもらって来ました~。v-8ありがとー。

タコジーさん初めまして。
子育て中のパパサンですか?仲良くしましょう~。さあ、子育てと釣りの両立について談義だ。
2006/09/19(火) 09:36:48 | URL | あめちゃん #-[ 編集]
にゃみさん、車酔いするのは以外でした。
テンション最低からブチキレルまで上り詰めて、釣りでも酩酊状態になったみたいね。
2006/09/19(火) 08:13:48 | URL | k #-[ 編集]
はじめまして。
イイダコマスターのkさんの所から来るようになり、臨場感溢れる、激しい展開に、いつも一人で
「むふふ・・」と笑いながら楽しませてもらってます。
車が無く、子育てやらで、近場釣りしかできないので、皆さんがうらやましいですが、これからも覗かせてもらいます。
最近チョットブログ荒らし気味ですが。。。v-15

2006/09/18(月) 20:06:23 | URL | タコジー89 #-[ 編集]
船酔いしなくても、車は酔うって。
それも珍しいような。。。

車でも飲んだた酔わないんじゃないの?
2006/09/18(月) 19:48:03 | URL | ハル父 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。