にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/09/07(木) 16:24:53

あるバイト。

みなさん、今までにどんなバイトをした事がありますか?
中には変わったバイトや珍しい体験をした人もいるでしょうね~

私がこれまでしてきたバイトの中で特に記憶に残っているバイトをお話しましょう。

まずは、人生初めてのアルバイト。
それは高校1年生の時でした。

初めてなのだからファーストフードとかコンビニとかにすれば良かったのかも知れないけれど、私なりに考えたバイトの条件は

1・時間が短い。
2・時給がいい。
3・人前に出ない。

の3つ!
そこで選んだのは『ビル清掃』でした。

それも千代田区大手町のでかいビル!

学校が終わり、定刻までにビルに入る。
ものすごい地下まで降りていくと、更衣室兼休憩所があるんです。
そこで着替えて待っていると主任が人の割り振りをしに来る。

大体3人ずつ組んで仕事をするんですが、ほとんどがおばちゃん軍団だった。主任だけおじさん。
そしてその会社には主任も逆らえない女ボスが2人いました。

女ボスA・・がらっぱちって言葉がぴったりの人。
      言葉も態度も乱暴だけど仕事が早い。
      その上、面倒見のいい人情派。
女ボスB・・おっとりした奥様といった風情の人。
      しかし人使いは荒い。
      笑顔で悪口を言う恐ろしいオバハン。

新人の私はと言えば、常に人の少ない方へ回されていたので、どちらのチームの一員でもなかったのだが、両者共に生きのいい部下が欲しかったらしく獲得大作戦が繰り広げられたのだ。

一応仕事の内容ですが、まず各契約会社に入ります。
会社によっては仕事内容が少々異なるのですが・・

基本はホウキでゴミをはき出す。
それからブラシのついた掃除機のお化けみたいので磨いていきます。
その間に窓や何かを拭く。
後はゴミ箱にあるゴミを集めて捨ててくる。
そしてまた次の会社に行くのです。

普段はこんな感じですが、何日かに1回ワックスをかける事もあります。

掃除機のお化けは免許を持ってる人しか基本的には使えないらしく・・まぁ、面白がって使った所で自分が回っちゃう(笑)
それは冗談ですが、すごく重くて難しいんですよ。
まっすぐ行くのも大変なくらいです。

なので私はホウキではき出すのと雑巾がけとゴミ捨て位しかできなかった。

初めのうちは私はボスBのチームで仕事をする事が多かった。
人使いの荒いBは初心者でモノがどこにあるかもわからない私を容赦なく使い、毎日クタクタだった。

何がズルイってボスBと手下は2人で掃除機のお化けとホウキをやり、残りの雑巾がけとゴミ集め&捨てに行くのを私にやらせた。
そして私の仕事が終わるまで休憩してるのだ!!!

にこやかな顔でやる事やってくれるBめ!!

そしてもっとイヤだったのは、仕事前と後。
休憩室でみんなお菓子を持ち寄りお茶してるのだが、そんな場所だけいい顔して山のようにお菓子を私に食べさせるのだ。

まるで
「ご褒美よ!」
って言ってるみたいに・・。

そしてある時、シフトが変わり私はボスAのチームで仕事をする事になった。
それまでは大変なのは当たり前と思っていたから、チームBにいたように走り回った。

すると!ボスA
「あら!そんな働かなくていいのよぉ!Bさんの所は要領悪いからやらされてたんだろうけど、うちは大丈夫!あなたはゴミだけやってちょうだい!」
「はぁ・・。」
「あなたが捨ててくる間に終わってるから!ガハハ!」


なんとまぁ!顔も態度も怖いけどいい人なんでしょう!

私はその日からゴミを集めて捨ててくるだけになった。

確かに仕事が早い!たまには私も手伝おうと思ってゴミ捨て場までダッシュで行き戻ってみた事があったが、すでに終わっていた。

それからというもの、私はすっかりボスAチームの一員として可愛がられる毎日を送りました。

ところが、平穏な日々はそう長くは続かなかった。

休憩室でボスBから
「Aさんは乱暴だから大変でしょ?がんばってね。」
と何故か励まされ、お菓子をもらっている所を(本当はお菓子嫌いだから無理やり持たされたのだけど)ボスAに見つかってしまったのだ。

本当はそんな事はどうでもいい事のように思えるが、敵対している2人にとっては大問題だったに違いない。

私獲得戦争の火ぶたが切って落とされた!!

その次の日になって、いつものようにボスAにくっついて担当フロアに行くと
「今日は10F行きましょう。」
「はぁ・・10Fは初めてです私。」
と答えると何やら不気味に微笑んだ。

なんなんだ!?

それまでは私は時間が短いので2フロア分しか働いてなかった。
ボス達はもっと長い時間いるので、チーム分けして毎日大体5~6フロアずつやっていたのだ。

だから別の時間にやっていた10Fには足を踏み入れた事がなかった。

もともとそのビルは色んな会社が入っている貸しビルで広い会社もあれば狭い会社もある。汚い会社もあればキレイな会社もある。
そして上に行けば行くほど金持ち会社らしかった。

特に10Fはみんな大好きなフロアらしく、ボスAに気に入られないと連れて行ってもらえないというよくわからない決まりができていた。

一体10Fって何だよ!?

ボスAは手下に目配せすると先に私を連れて10Fに降り立った。
パッと見るだけでは全く普通のフロアなのだが、初めの会社に入った時だった。

どわっ!

初めに入るように目配せをされ、一歩踏み入れて叫んでしまった。

すんごいカーペットだったんですよ!
毛足が10cm位あるようなカーペット!

底なし沼に入っちゃったかと思ったよ!!

そしてボスはそばにあったソファーに座るようにまた目配せをした。
私は命じられるままに座ってみた。

おわっ!

お尻が吸い込まれ、もう二度と立ち上がれない位の柔らかソファー。

私が目をまんまるくしているとボスAはポケットからお菓子を出して私にくれて、自分はタバコを吸いながら語り始めた。

「私ゃこの会社で休憩するのが好きなんだよ。」
(そんな事してていいのか?)
「世の中にゃこんなすごい所で仕事しようって人もいるんだよ。」
(ふむふむ・・)
「だけどさぁ!Bさんは・・」
(ん?Bさん?なんでそこにBさん?)
「あの人はさぁ!気取ってるでしょ?旦那がすごいの、息子が優秀だの、いい家に住んでるだの言ってるけど、じゃあ何でこんな仕事してるんだ!って私ゃ言いたいわけよ!」
(確かに・・)
「仕事はロクにできないけど、ちょっと女っぽいでしょ?だから主任も甘いのよ!」
(へ?女っぽい?・・かなぁ??)
「だからね・・。」


とソファーにうずもれながら延々ボスBの話を聞かされた。

10Fをみんなが好きな理由は、そんな豪華な会社が並んでいる事とそんな会社達は誰も汚さないので掃除が簡単だという事だった。

しばらくボスAの話を聞いていると手下が到着した。
手下は私がボスAの話を聞いているうちに1人で掃除を済ませてきたらしい。それくらい楽なフロアなんです。

その日は私はそれで終了でした。
ボスAも私をとっておきの場所に連れて行ったという事で、いよいよ私もAチームの一員を念を押せたので満足げだった。

しか~し次の日!
何とボスBが私のタイムカードを押してくれるという事件が起きた。

「いつもこの位の時間には来てるでしょ?だったら早めに押した方がいいじゃない。」
「はぁ・・ありがとうございます。」
「帰りも押してあげるわよ!」


これにはさすがの私も参ってしまった。

まだまだボスBは奥の手を持っていたのだ。
そしてその後も2人は私を通して戦い続けた。

2人がくれるお菓子が増えていき、仕事の量が減っていき、なのに時間は増えていき、息子を紹介され、ユニフォームは交代で洗濯してくれ・・

私は激化する2人の間でさまようクラゲのようになっていった。
とうとう何をしに来てるかわからなくなってしまった。
多分、2人も何のために私が欲しいのかわからなくなっていたんじゃないかしら?

しかし、ある時ぴたりと2人の私に対する過干渉はあっけなく幕を閉じた。

私と同い年の男の子が入ってきたのだ(笑)

びっくりする位に2人の態度が急変。
それを少々寂しく感じながらも、これから彼に起こる数々の出来事を想像して笑いをこらえながら私はそのバイトをやめた。
もちろん余計なアドバイスは彼にはしませんでした。ププ

私の人生初のアルバイトはそんな強烈な人の群れの中でした。
強烈なおばちゃんパワーにもまれ、たくましくなったような気がしました。
絶対に忘れられない出来事です。

そして次に選んだアルバイトは動物園。
そこでも面倒くさい人間模様があったのですが、それはまた今度♪


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
釣りっこさんへ
ここで殺人かなんかあると
「大都会のビルで何が起きている!?
 女子高生清掃員は見た!!
 黄昏時の惨劇!!!」
とかってね(笑)

Kさんへ
10Fだったかとかはおぼろげですが、後は印象的な出来事でしたからねぇ~よく覚えてますよ。

ところで山谷?
今日の~♪仕事ぉは~♪辛かったぁ♪
ですか??

仁兵衛丸さんへ
アナホリ?????
やたら掘っちゃダメですよん!

makotoさんへ
多かれ少なかれ年が長けた女が集まるとロクな事がないんですよ(笑)
しかしmakotoさんが清掃??何故?

マッちゃんさんへ
餌食になってるでしょうね~
それでどちらにもなびかなければ、いびり殺されてるかも・・ブルブル

しゅうさんへ
まだ可愛いもんですよ!アハハ
単純な事ですからね~
それよりも恐ろしいのは・・・ナイショ

ハル父さんへ
今でも基本的に女には逆らわない事にしてるんです。あはは
だって面倒くさいでしょ?(笑)
2006/09/08(金) 13:58:48 | URL | にゃみ #-[ 編集]
>しゅうさん
うん!ドンピシャですね!

五月みどり!(笑
2006/09/07(木) 22:06:15 | URL | 釣りっ子 #X9d0ktEs[ 編集]
そこで、まだウブなにゃみさんはにゃみ節を炸裂させずに、おとなしくハイ、ハイ、と???

今じゃ、その世界は無理でしょ???
2006/09/07(木) 19:36:30 | URL | ハル父 #-[ 編集]
す、すごい人間関係だ・・・
女の世界ってやっぱり怖いv-12

>釣りっ子さん
女ボスBは五月みどりあたりで。笑
2006/09/07(木) 19:08:25 | URL | しゅう #5bO.5FHM[ 編集]
昼ドラ、決定!
その後の男の子が心配。
いや、取り越し苦労か?
きっと食べられちゃXXXXXXv-23
2006/09/07(木) 19:06:23 | URL | マッちゃん #JalddpaA[ 編集]
にゃみさん、すごいわこれ(驚
オイラの職場はSCなので掃除のおばさんが何人かいますが、こんなに人間関係は壮絶じゃないなぁ。
今の職場を退職して、再就職するとしたら清掃の仕事しかないだろうしなぁ…。こんな世界に飛び込まなきゃいけないなんて、ちょっと怖いっv-12
2006/09/07(木) 17:40:14 | URL | makoto #-[ 編集]
ボクはアナホリが得意v-413
腰の使い方にコツがある。v-290
2006/09/07(木) 17:36:16 | URL | 仁兵衛丸 #-[ 編集]
女子高生の人間観察ってこんなに鋭いの?
にゃみさんだけ特別かなぁ。

バイトと言えば社会体験と思って高校の時にやった、山谷の日雇いは社会の仕組みの一端を見た気がしました。
2006/09/07(木) 17:26:51 | URL | k #-[ 編集]
おもしろい!w

この脚本でドラマできますね。TV局に売り込みにいきましょう。
女の壮絶バトルは昼ドラにぴったり。

キャスティングとしては、
女ボスA は泉ピン子ですね。
女ボスB は・・・う~~ん。。。
2006/09/07(木) 17:16:40 | URL | 釣りっ子 #X9d0ktEs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。