にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2008/11/26(水) 16:24:30

1・2・3

今日は他の事書くつもりだったけど、ふと見たTV番組で感動しちゃって号泣・・頭からすっぽぬけてしまいました。

だから今日はその番組の事。

あんまり見る機会のない「ベストハウス123」っつう番組が今夜スペシャルだとかで、この時間に番宣のための再放送をしてた。

色んな分野の天才の特集だったのだけど、私が号泣しちゃったのは、ある音楽の天才。

記憶などに関する障害を持ち、目に病気を持って産まれた彼は赤ちゃんのうちに両目を切除された。

その後すぐに親に捨てられ施設で育った彼をある女性が引きとったのだ。

その女性は彼にできる限りの可能性を見つけてあげようと愛情を注いで育てていると、ひょんなことから音楽に興味があることに気づき彼にピアノをプレゼントした。

そしてある日。
2人で映画を見ているとBGMにチャイコフスキーの音楽が流れていた。

その夜、何やら音楽が聞こえてくるので彼女は起き上がりピアノの部屋に行ってみると、その彼がさっき聞いたばかりの曲を寸分違わず弾いていた。

彼は一度でも聞くとその曲を完璧に演奏できる天才だった。

そして月日は経ち、彼は天才として有名になった。

しかし、長年育ててくれた母はボケてしまった。

何にも反応しなくなった母に彼は昔2人でよく歌った曲を演奏すると奇跡が起きた。

その映像がこれだ!


1・2・3!(笑)


母を隣に座らせ懸命に演奏しながら歌う彼。

はじめはぼんやり座っていた母。

しかし!途中で変化が!!!

突然、天を仰ぐように両手をあげたかと思うと彼と一緒に歌いだしたのだ!!

あぁ・・・

ハレルヤ~!!

一緒に歌ってる姿はとてもボケてるようには見えなかったね!!


うちのばあちゃんもボケたからね。

母ちゃんはいつも耳元で民謡なんかを歌ってやってた。

歌だの三味線だのが大好きだったばあちゃんはボケてロクにしゃべれなくなってたんだけども、やっぱりばあちゃんも歌いだした。

歌だけは忘れないんだねってよく母ちゃんと言ったもんです。


なんだか、そんな事を思い出して涙が出た。


天才を天才として見出すのは愛情か・・

なんだか人って偉大だね。


私がボケたら・・

酒でも飲まして船に乗せときゃごきげんかね。

つうか今もそうだな。ははは

スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
★つりちゃんへ
体に染みついた記憶ってのがあるんだろうね。
私らは竿持たせたら目の色変わったりして(笑)
2008/11/27(木) 15:08:35 | URL | にゃみ #-[ 編集]
歌って 一瞬だけど若い頃に記憶がもどるみたいだよね

痴呆で、普段座ってばかりで動かないじいちゃんばあちゃんたち。
子供たちとふれあうと 子育てした頃に戻ってイキイキしてたの思い出したよ。。
2008/11/26(水) 20:18:47 | URL | つりちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。