にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2007/05/31(木) 16:28:48

わ!タクシー

前に『タクシーに乗って・・』で怖い思いをしたいくつかの話を書かせてもらいました。

今日は他にも色々タクシー体験です。

この前乗ったタクシーはたまたま前にも乗った事があったらしいんです。乗るなり運転手さんが

「これから?」

と言ったのでとてもびびってしまった。

道を説明する手間がはぶけたので良かったのだけど、なぁ~んかねぇ~
すっきりしない気分でしたよ。

それからやっぱりタチの悪い人もいる。
完璧に遠回りして平気な顔してるんだよ。

ただね・・今ってだいたいナビついてるじゃない?
だからね、こっちにもバレる訳よ。

わからない道をタクシーで通る時にはナビは見ておいた方がいいよん。

それとは逆にしゃべるの夢中でメーター倒し忘れる人も結構いるよね。
それはラッキー♪

あとは運転手さんによっては目的地に着いてしっかり車を止めるまでメーター止めない人がいるよね。
逆に「そこで止めてください。」って言ったら車よりも先にメーター止めてくれる人がいる。

車を止めてからメーター倒されて、その間に料金がピンッてあがるとむっちゃ悔しいよね。

あ~あと100mくらい乗ろうかな?なんて思っちゃう(笑)

早くメーターを上げようとしてるのか、やたら急ブレーキ急発射する運転手さんもいるね。

ただ下手なだけかしら??

タクシーはいきなり見知らぬ人と狭い空間を共有するのだから、乗る方も乗せる方もやはり気を使わないといけないですね。

私はカミカミなので行き先を伝えるのは苦労します(笑)

でもね、
「池袋までお願いします。」
と言ったら
「世田谷の?どこ?」
と言われた時にはカミカミのせいじゃなくて運転手さんのお耳のせいだと思います。

しかし行き先の説明はやっぱり苦労します。
Y字路があった時に私は「突き当たりを右に・・。」と言いました。
すると運転手さんに「突き当たってないよ。」と言われました。

確かに厳密に言ったら「突き当たって」はいないけれど、そんな言い方ないじゃない!!

あとはね・・好みの道ってあるでしょ?
自分ちの近所なんて詳しいのだから通りたい道とそうじゃない道があるのよ。

「そこじゃなくてもう一本先を曲がってください。」
と言ったらずっとブチブチ言われた事があったの。
「さっきの所からのが近いでしょ・・こっちは信号が長いでしょ・・狭いよね・・。」
あまりにしつこいので
「私はあの道が嫌いなんです!」
と言ってしまいました。ははは

それからある運転手さん。
「その角を右に曲がってください。」
と言ったら右に曲がった途端止めた。
「あの、まだまっすぐです。」
と言うとちょっとずつ止めて
「このへん?このへん?」
と言われました。

そんなに私を降ろしたかったの?

そうそう!タクシーに乗ってから細かいお金がなかった事に気づいた時!そういう時は早めに運転手さんに言うか、降りる所をちょっとずらしてコンビニのそばで降りるようにするんですが、

ある運転手さんは、私が降りて両替してきたら恥ずかしくなるほど大声でお礼を言った。

あなたは立ち去るからいいけれど、私はここに取り残されるのよ。
勘弁してくださ~いよぉ~

本当に運転手さんは色々ね・・

飴くれた運転手さんもいたなぁ~
そういえばお茶くれた人もいたよ!

それにおつりね!
きっちり基本料金用に340円ずつ置いてある人もいるけど、バランバランにしてる人もいるね。

でもバランバランにしている人の方がおまけしてくれるよ。ははは

そして今日の私の頭の中もバランバラン。


そうだ、なんで今日タクシーネタかというとね。

遠くに釣りに行くのにタクシーと始発を上手く使って早く船宿につける方法を考えていたからなんですねぇ~

あぁ・・週末。

海見たいよ・・

釣りたいよぉ・・





えっとねぇ~江ノ島からうちの方までは深夜割り増しがついて25000円でおつりが来るです。(経験者談・笑)

スポンサーサイト
 
2007/05/30(水) 16:14:36

お気に入りスポット

昨日お話したキジバトさんの巣です↓

20070530151824.jpg


完璧に私のゴロゴロの上に作っております。

20070530151928.jpg


そして本日。
とうとう卵を産んでしまいました。

見えます?鳩の足元に白いモノ
白子じゃないよ(笑)

どうするんだぁ?この状態。
カラスとか猫に食べてくださいと言わんばかりの巣です。

目が離せないぃ~!!

これからどうなるか、またお知らせいたします。


はぅ・・
今、私がとても気になっている場所があります。

それは『イケメン現場』です。

家から店に来る途中にある工事現場なのですが、何故か働いている人達が全員外人なのです。

それもヨーロピアンテイストたっぷり!
何となくスペイン人。

毎日その前を通るので最近ではアルベルト(仮名)とあいさつを交わすようになりました。

アルベルト(推定年齢32才)はイタリア人との混血でしょう。
誰でも気さくに笑いかけるあの軽さはナンパを礼儀と心得ているイタリア人の血が混ざってるに違いない。

そしてフェルナンド(仮名)
フェルナンド(推定年齢28才)はシャイな人。というか、日本生活が長いので(勝手な想像)すっかり日本人的になっているようであります。

たまにカタコトで
「オソレイリマス。」
と電話でしゃべっている。

最後に親方のロベルト(仮名)
ロベルト(推定年齢58才)は恰幅がよく、いつも一服している。
長いヒゲにペンキがついていた時にはちょっと笑えた。

この三人が働いている姿、まるでアントニオ・ガウディのサグラダ・ファミリア聖堂の建設現場を思わせます(大げさです・笑)

本当は『桜田邸』

なんちゃってぇ~ははははは!

おう!バルセロナ!

私はスペイン人になりたい。と言ったのは誰だったっけ?

そんな不思議な空間が今お気に入りなのです。

きっと仕事が終わったらチーズたっぷりの何かとワインで乾杯するんだろう。

「オマエ、アシバカケルノウマクナッタナ!」

とロベルト。

「オソレイリマス、オヤカタ。」

とフェルナンド。横でアルベルトが

「オゥ!ダーリン!バネッサ!ボクガウワキナンテスルワケナイダロウ!キミイガイノジョセイナンテメニハイリマセーン!」

と電話をしてるに違いない。そして呆れた親方は

「オネエサン!タコノトマトニコミ!ツイカヨロシク。」

と注文するのでしょう。料理を届けてもらったらフェルナンドが

「オソレイリマス。」

ふふふ・・見たい。
とてもとても見てみたい。

っていうか、不思議な会社だ。
明日は会社名を見て来よう。

それで何かの時にはお願いするんだぁ~!

時代はスペインだねぇ~!!

エル・フラメンコ!!へ~い!!


でも本当にスペイン人なのか?????



 
2007/05/29(火) 16:50:40

な~にすっか?

昨日は白子の謎についてみなさまからの貴重なご意見ありがとうございました。

発射時期になったら柔らかくなるって事ですね。

えへへ~すっきりしましたぁ~。


さ~て!週末は何に行こうかなぁ~~~

白子を釣りたいとアルの助は騒ぐ。
だけど忘れないうちにイカも釣りたいとアルの助は騒ぐ。

私は・・・一度も使ってないフグ様の竿が可哀想なのでフグにも行きたいがやはりイカ様シャカシャカも行きたい。

あぅ~~ん悩む。


っていうか・・頭痛いだよ・・

これはやっぱり風邪なのか?


昨日寒かったもんなぁ~

夢に妻夫木聡が出てきてさぁ~

頭うりうりされたんだよね・・

やっぱり剛毛だったわ・・ふっ


私さぁ~こうやって思った事を全部書いちゃうでしょ?
しゃべるのもそう・・思った事全部しゃべっちゃう。
っていうか、考える前にしゃべってる。ははは

なのに肝心な事は言えなかったりする。
でも暴言は吐く。けけけ


あっ!話はすっ飛びますが、うちの庭でキジバトさん夫婦が巣作りをしております。

しか~し!その場所が問題。

庭の倉庫の上に私が釣り用のゴロゴロを置いておいたのですがそこに作ってしまいました。

あんな所に作ったら猫にもカラスにも食べられちゃうよ。

ナニ考えてるんだ?うちの鳩

お写真は明日アップしますね・・今日はデジカメ忘れちゃったから。


はぅ・・頭いたたた・・

困ったちゃんの参ったちゃんです。
 
2007/05/28(月) 15:50:30

白子の謎

昨日は

フグの白子たま~をいただきました。

とろっとおいひくて~

じゅわっとお口でひろがってぇ~

飲んじゃうのがもったいないぃ~

この白子たま~焼いたのもおいひかったし、白子ポンもおいひかったけど、天ぷらさんもおいひかったぁ~

お魚は自分の白子がこんなに美味いの知ってるんかな?
知らないよなぁ~


でもね・・・私、ひとつ不思議に思ってる事があるんですよ。

よく鮭なんかの子供を人工的に作るのに、卵わさわさに白子・・精子をジャ~ってかけてる映像を見た事があるんです。
それから川の中の映像なんかでメスが卵を産んでそこにオスがピッピッって精子をかけてるのも見た事あるでしょ?

でもでも!魚のお腹に入ってる白子は固いよね?固まってるよね?

いつ液体になるんだ???

人間が食べられる位の固さじゃ、いくら海や川で出したところで溶けるとも思えないし、上手く卵にかからないんじゃないのかな?

一体いつ柔っこくなるの?


あとさぁ~生の卵食べた後に生の白子食べたら私のお腹の中で孵化する?

しないよなぁ~ははは

でも孵化したら面白いね。


魚を産んだ女。

ぷぷぷ・・三面記事モンだぁね。


あ~あ~でもいつ柔らかくなるのかなぁ~~

なんか気になっちゃって、白子を切る時緊張するのよ。

どろ~って出てきちゃったらどうしよう!!ってね(笑)

でも出てこないね。切っても平気なんだね。


不思議不思議の白子さん。

は・・そういえば魚ってお尻が真ん中にあるね。


そうそう!タコさんは頭が真ん中にあるけど、アレは足の先にありますよね?たまに1本変な先っちょの足がありますよねぇ!!

吸盤が途中で終わってて先っちょはツルっとしてて何か真ん中から裂けてるの。

あれキモイです。なんか臭~いの。

一本だけタコの足買ってきて食べようと思ったら先っちょがツルんちょだとぶん投げたくなる(笑)

考えようによっちゃ腕がアレなんて・・・器用な方だわね・・ぷぷ


話は飛びますが、昨日は日本ダービーだったのです。

そう!競馬!!

うちのお客さんが買いに行くって言うんで、本当に久しぶりに購入してみました。

そしてぇ~いひひひ

あたっちゃった♪えへえへ~

500円の投資で28000円位になっちったぁ~えへえへ~

これで週末は釣りだなっ!はっはっは~!!


たまにはイタダキマスを言う方じゃなくて言われる方になりたいねっ!

でもまぁ・・ムリはいたしませんの・・ワタクシ(笑)



だって白子は・・・私には・・・


 
2007/05/27(日) 03:43:02

黄砂に吹かれて

私はつくづく世間知らずの苦労知らずのバカだな

酔って風邪薬を2回分飲んじゃって今非常に具合が悪いれす。

痛いの痛いのとんでけ~って騒いでるんだけど飛んだのは脳だけでやんす

そして先程、この喉のイガイガと目のカユカユが『黄砂』のせいと初めて知ったのです。

うお~~~~!

花粉症のみなさま…今まで貴方がたの苦労をロクに存じ上げませんで失礼いたしました…な気分よ!

ううう…!恐るべし黄砂!!

私が明日、目を腫れぼったくさせて街を歩いていても、哀しい事があった訳でも辛い想いをした訳でもありません。

ただただ目がかゆく、喉がおかしいだけです。

ちっ!黄砂めっ!

薬を返せ~!

可愛い私のデートタイムを返せ~!

あ~ん

目だけ治してよぉ~~~
 
2007/05/26(土) 16:08:00

走るの

今日はシュンシュンの運動会だった。
シュンシュン新一年生になっての初めての運動会。

私は見に行かなかったけど・・ははは

そんな事よりもちょっと腹が立つ事がアリアリです。

シュンシュンのクラスでリレーの選手を決めた時の事。

一人一人走らせてタイムを計り選抜したそうなのですが、走り終わって先生がシュンシュンに「リレーの選手になったからね。」と言ったそうです。シュンシュンは喜んで妹にそれを伝えました。

しかし後日、タイムを計った日に休んでいた子のタイムを計ったそうです。
すると、シュンシュンよりも速かったそうで、シュンシュンは選手じゃなくなりました。

がぅぅ!!もし私が親だったら先生に物申す所です!!!

選手じゃなくなったのが悔しいからじゃないです。

まだ走ってない子がいるのに「選手だよ。」と告げた事に腹が立つんです。初めから選手じゃないと思っていたら、がっかりしないじゃないのよ!

もしくはもうリレーの選手を決めちゃったんだから、休んでいた子には権利はな~い!!

違います?

本当に無神経な先生だっ!!
男の子は嫌いだと平気で言うような人なんで困ったもんです。

ま・・外が暑いんでね・・熱くなるのはやめましょう。

私はこれでも足は速くてね・・

幼稚園時代から小中高校、短大までの16回もの運動会でリレーの選手じゃなかったことはないんですねぇ~
もちろん徒競走でも1位を逃した事はないんですねぇ~

役に立たないぷち自慢ですっ!

妹と私は同じ中学・高校に行きました。

妹とは4歳離れているのですが、私らの通った学校は部活動や行事を中学、高校合同でやる学校だったので一緒だったんですね。

ある運動会の時に妹もリレーの選手に選ばれました。

そして予行練習の時にふと横を見ると妹もリレーのスタートでした。

もちろん私のが速いのですが・・イッシッシ
かわいそうなので予行練習が終わってからアンカーに変えてもらいました。

そして本番。
スタート地点を見ると妹がいません。

ん?と思って見回すと隣に妹が・・

「あ?なんで?」

「お姉ちゃんと一緒のスタートじゃ可愛そうだからって変えてくれたの・・・アンカーに。」

結局、姉妹対決になってしまいました。はははは

大人になると全力で走る機会がほとんどなくなりますね。
だけど、突然走りたくなる事があって、深夜に50mくらい全力疾走する時があるんですよ。

あれは疲れる。

走るのって泳ぐのと一緒で全身運動なんだなぁ・・

ちょっと走ってみようかな・・

いや・・暑いからやめよう(笑)

それにね、大の大人が全力疾走してるのって結構怖いわよ。
だから深夜に走るのだけど、それはそれで怪しいわよ。

去年、セリ摘みに行った時に本家アルさん(犬さん)と草っぱらを全力で走った。とても疲れたけど、爽快でした。

あ・・思えばそれ以来走ってないかも・・・

えへへ・・

さて、久しぶりにロデオボーイにでも乗ろうかねぇ・・ぷっ



 
2007/05/25(金) 16:55:29

勝手なひとりごと

「沖釣り底辺拡大」について、親しくさせていただいております『釣魚割烹 大江戸カモメ亭』のホンビノス貝さんや『東京湾の船釣り』の仁兵衛丸さんが記事を書いております。

もちろんこのお題については仲間のみなさんがそれぞれ思う事があり、大好きな沖釣り文化が尻つぼみにならない為にと切に願っている事でもあるでしょう。

沖釣り師なんて大層な名前で名乗れない私ではありますが、大好きな釣りがこれからも続けられますように、楽しく行けますようにと論点はずれてますが、底辺1号の私の釣り以外に望む事を自分勝手に書いてみようと思います。

まず、私が船に乗って釣りをするんだと人に話すと十中八九
「船?酔わないの?」
と言われます。

過去に何人も人を船に連れ出した私ですが、実際に船酔いする人は本当は少ないと思うんです・・もちろん前日からの体調管理も大事な事ですが

何故かみなさん『沖釣り=船酔い』の図式だけはできてるんですね。

一度出たら帰れない船ですから沖釣りを楽しむ為にはまず、そこが初めの関門ではないかと思います。

でもでも!本当に船酔い体質の人はね、陸から船を眺めているだけで酔うんですよ(笑)

船宿まで送ってくれた人がいて、大丈夫そうだったら船に乗るって言っていたんですが、止まってる船を見ていたら

「俺が揺れてんだか船が揺れてんだか・・うっ・・。」

って。あははは!
そういう人は本当にダメなんでしょう。

かくいううちの父も船酔いしてましたが、大した事はなかったので今は慣れました。ゴウゴウも酔った事がありますが、沖釣りを嫌いにならないでくれたので良かったです。

好きになれば船酔いも何のそのなんですが、好きになる前に懲りちゃうとなかなか2度目が難しくなりますね。

『沖釣り=船酔い』の図式を何とか崩していきたいですねぇ


さて!お次はやっぱり大事な船宿の選択。

私は最近は色々と連れて行ってもらっておりますが、箱入り娘だったもんで船宿の知識はまっしろけ~です。

まぁ、だからこそ言える事は

「わかりやすいシステムにしてぇ~!」

って事です。

席の取り方でしょ?仕掛けの買い方でしょ?氷はくれるのか買うのか?貸し竿の場合はどこで受け渡しかでしょ?

船宿によって色々なんで到着してからアワアワしちゃうんですよね。

ある船宿では完全早い者勝ちで、船にクーラーで席を取るのでした。
それから受付なのですが、船と受付がものすごく離れててねぇ・・

受付に行ったら席は取りましたか?と言われ慌てて席を取りに行き、また受付に戻り会計、そして船に戻ったら受付で氷を買わなきゃいけない事を知り受付に戻り氷購入、また船に戻ってから貸し竿忘れて受付に・・

出船前に疲れてしまいました。ははは

もちろん、事前に確認しない私が悪いんですが、初めに受付に行った際にひと言欲しかったなぁ~と甘ちゃんの私は思うのです。

せめて紙にでも書いて貼っておいてくれたら・・

『席の取り方は早い者勝ち!クーラー置いた?』
『氷は用意しましたか?受付で売ってます。』
『竿はありますか?受付で貸してます。』

なんてね。

その船宿に精通してる人と一緒なら安心ですが、そうじゃないとドキドキですわよ。

これが慣れない人が知らない船宿に飛び込んでいけない理由のひとつではないかと思います。

それから、東京湾で釣りするようになって感動したのはうどんとかラーメンとかが出てくる所がある事。
もちろん他の所でも陸上がりしてから食べ物出してくれる所もあるそうですね。

ただ、それも事前に知らないとビビります。

「わたし注文してませ~~ん!」

なんて思わず涙目で叫びそうです(笑)

なので、やはりそういったシステムとかサービスはわかりやすく事前に教えてくださるとありがたいですねぇ・・

皆さんが船宿を選ぶ際にはまずは釣りモノや釣果や地域なんかで選ぶのでしょう。

でも釣りひとかじりの私なんかが選ぶ時にはやっぱり『知り合い』重視になってしまいます。

その船宿の人を知っている、もしくはその船宿を知ってる人と一緒。

それはやっぱり不安だからです。
釣りをする前に色んな事で悩みたくないからです。

今はブログやHPでそれぞれの船宿の船長さんが色んなアピールをしていますが、それだけを見て飛び込めるかと言うと・・・

う~ん、悩んじゃいますね。



う~~~~~~~~~~~ん・・・

何か色々考えてたら難しくなってきたぞ・・

今更ながら深いテーマですなぁ・・

偉そうに書きはじめてみたけど結局わからないわ・・


初心者向けの船宿とか達人の為の船宿なんて括りもできないしね。
所詮は好き嫌いって事か・・

好きなら熱い船長、嫌いだと怒りっぽい船長って言うでしょ?
好きなら面倒見てくれる船長、嫌いだとおせっかいな船長。
好きなら今日はいい所当たらなかったね、また頑張ってね。と言えるけど、嫌いなら下手な船長、次はない。なんて事も・・

結局人と人のつながりなんだな。

文句を言う人はどこに行っても難癖つけるだろうし、自分を正当化したい人は人を悪く言って自分を守るんだろうし・・こればっかりはどうにもねぇ・・

こうやってそれぞれの名手の沖釣りブロガーの仲間のみなさんのおそばにいられる私ってとても恵まれたいい環境にいるんですよね。

そのありがたさを他の人にも分けてあげられたらいいな・・

それを踏まえてゴウゴウをもっと釣りに連れて行こう。

もっともっと船の気持ちよさと釣りの面白さを知る人が増えたらいいね。


ははは!結局な~んも内容がないようぅ(笑)

せめてもう少し身のある事が書ければねぇ~

ぷははは!!失敬!失敬!



『底辺拡大』じゃなくて『酩酊拡大』でした。
 
2007/05/24(木) 16:38:01

名前の由来

モヤっとボールを投げたい!!

どうやら風邪を引いてしまったようで、のどもとがモヤモヤしてる。

あ~~~~!!なんだか腹が立つ!!!


国誉

↑これなんだかわかる?

コクヨだよ。文房具の会社のコクヨ。

昨日お見えになったお客さんが面白い人で色んな会社の名前の由来を聞くのが好きなんだってさっ

国の誉れになりますようにって事らしい。

社名の由来は有名どころでは

ブリヂストンね。石橋さんでしょ?ブリッジとストーン。

サントリーは鳥井さんでしょ?

花王の石鹸は顔の石鹸からでしょ~

シャープはシャープペンシルを作ったからだし・・

小岩井農場は小野さんと岩崎さんと井上さんが始めたんだし

キャノンは観音様からだし

キッコーマンは亀甲萬 亀は万年からだし


そんな話を延々としたわけです。

面白いね。


人の名前をつける時もそれはそれは色々と考えますよねぇ・・

ゴウゴウの時は姉の旦那さんのお父さんが

「うちは男だったら代々『純』の字をつけるんです。」

と言ったもんだからさあ大変。

まずは○○ずみって語呂で考えていたのだけど

「ねずみ」だとか「くつずみ」だとか「けしずみ」だとか「しようずみ」だとかロクなのが出てこない(笑)

どうせうちは不真面目な一家です。ぷぷぷ

それから読み方は後で考える事にして良い字を探そうと決めたわけです。もちろん色んな意味を考えて決定した。

その時にね、いい名前、わるい名前、そんなのは関係ないんだなって思ったよ。

名前がどうのじゃなくて、どんな想いでその名前をつけたかって事に意味があるんだよね。

だからね・・親にないものをつける場合が多いんじゃないかい?

自分よりも幸せになってもらいたいから「幸」の字をつける。
勉強をして欲しいから「勉」の字
美しくなって欲しいから「美」の字

その他もろもろ願いが込められてるんだろうね。

私の場合は・・・実ってもらいたかったんだろう(笑)
思惑通り十分実らせていただいております。

もちろん色んな考え方があるんでね、名づけ方も色々でしょうけど・・

私の友達に由紀子って名前の子がいたのね。

彼女の親が出産の為に入院していた際に三島由紀夫の割腹自殺のニュースを見て決めたそうです。

えっと・・・

本当はもっとちゃんと意味があるんだと・・思いたい。
だけど、どんな反応していいかわかりませんでしたね・・ははは

でもさ~親からの最初のプレゼントだよ~なんか嬉しいね。


マグロは目が黒いから

めがくろ・・めぐろ・・まぐろ・・

って本当か?



 
2007/05/23(水) 15:54:30

あちいのだ。

今日はあっちぃ~ねぇ~~

でも!夏女の私はうきうきしてきます。

何が嬉しいんだかわからないんだけどね・・

汗はかくし、なんだか力が入らずデロデロ~になるし、寝苦しい夜もある。

だけども何だか浮かれ出す。

浮かれついでにビッグオフの日程も決めちゃったし(笑)
よろぴくねん

そう・・

数々のオフ会を支えて参りました。

turi_offkai23@yahoo.co.jp

のアドレスでございます。

何故23なのか?のご質問を多数いただいたので(いただいたかな?笑)今日は気分がいいからドーーンと教えちゃいます。

これはまさしく『にゃみ』の『2にゃ3み』なのです。

かの名幹事あめちゃんが昨年オフ会を企画するに当たって収得してくれたアドレスなんですねぇ~

ま、そんなプチ情報はどうでもいいか・・ははは


ああ!そうだ!

この前のシロギス釣りの時にみんなもぽつぽつ釣ったみたいだけどイイダコさんが釣れたのね。

それで嬉しくってかじろうとしたらフグキティに

「はい!リリース!」

と言われてしまった。

「足一本かじってもいいか?」

と聞いたけど、首を縦に振らない。
秋に釣ろうって魂胆だ(笑)

だから私は

「ご隠居さまに釣られてねぇ~。」

とサヨナラしました。ぷぷぷ

しかしアルちゃんは顔に貼り付けて遊んでました。

写真もあるのですが・・・
とても公開できたシロモノでないので、マイデジカメに納めておきます。ぷぷぅ~

フグキティは一瞬だけスッテに代えて釣り始めたのですが、釣れないので即効で撤収。

「狙うと釣れないもんだ。」

とおっしゃっておりました。チャンチャン


あ~タコ食べたくなっちゃったぁ~

タコ釣れてるんでしょ?今年はタコ釣りってのも行きたいな・・

まぁ、先日の釣りでね・・思うところアリアリなもんで、今後はちょっと考えてイチから出直そうと思っちょりまするぅ~

釣れないぃ~釣りたいぃ~あんっあんっ!
どうしたらいいのぉ?何したらいいのぉ?
あぁ~~んん・・お魚様にじらされてもう限界よぉ~

この身悶えするような感じもちょっといいのよね。

久しぶりのにゃMさんでした。ぷぷぷぷ




暑さで脳が溶け気味です。


 
2007/05/22(火) 16:22:51

キス&アナゴ2

さてさて!!

本日はにょろ助のお話ぃ~

ですが、その前に・・

「こんにゃく畑でだまされた女」のお話(笑)

登場人物はブラック船長さんとアルの助。

アルの助は2度目のキス釣りでした。
私もアドバイスできる身分ではないのでブラック船長さんに指導していただきました。

ブラック船長さんは親切に丁寧に簡潔にご指導してくださっていました。次第にアルの助もぽつぽつと本命キス太郎が釣れる様になってまいりましたが、いまいち納得のいく感じではありません。

それでもつい本命がかかると無言になるアルの助。
急に黙るのでみんなにバレバレです。

ブラック船長さんはアルの助が釣れて巻き上げるとタックルをして邪魔をし始めました。

釣らせたいのかそうでないのか不可解な行動であります(笑)
それでも命のキケンを感じたのか早々に操舵室に非難しました。

それからしばらくしてブラック船長さんはまたアルの助の隣で釣り始めました。

相変わらず変な子を釣り続けるアルの助。

アルの助は言いました。

「このこんにゃくみたいなののアタリはわかるようになりました!なんだかポツってはがれるみたいな感じ!?それだけは完璧になりました!」

すると!ブラック船長

「んあ~それぇ~食べれるんだよ。」

私は一瞬固まりました。
ブラック船長はこっち向いて舌を出しております。
しかしアルの助にはその表情は見えず、続けました。

「へ?そうなんですか?私捨てちゃってました!!」

「あんまり食べる人いないけどねぇ・・でも軽くゆでてさ~。」

「か!海藻みたいな感じですかね!へぇ!!」

アルの助はすっかりその気であります。
ダメ押しにブラック船長

「ゆですぎちゃダメだよん。」

アルの助は心に決めました。

(酢味噌で食べてみよう・・。)

そしてアルの助は思いました。

(こんないい情報は広めよう!)

まずは隣に座っているカップルさんにとアルの助は頼まれもしないのにこんにゃくの食べ方を伝授してしまいました。

相手方は納得いかなかったようですが、とりあえずお得情報を流す事ができて満足のアルの助でした。


後ほど真相が告げられたアルの助の形相は・・・
怖くてとてもブラック船長さんに告げる事ができません。

次に会う時・・ブラック船長さん覚悟していてください。

くわばらくわばら


あはははは!!

なんでも食べるアルの助ですからねぇ~本当に食べるの楽しみにしてたんですよぉ~!!


さぁ~て!夜アナゴ様の話にしましょうかね・・

私、先日は昔作ってもらった竿を使ってみようと思ってたんです。
今までチャンスがなくてデビューできずしまいだったんですよ。

でもね・・リールシートはちっこくて私のリールはくっつかないし~
竿の取っ手の握る所がものすごく短くてねぇ~

私、竿は脇にはさみたいんだけど脇どころか肘までも届かない。
そんなに短いんじゃ胸にはさむしかないって感じぃ?ははは

冗談はともかく、リールは何とかフグキティのをお借りしていよいよデビュー!!

そして段々お空が暗くなってまいりましてアナゴタイムです。

竿の調子は何だかいいみたい!ふふふっ

と喜んでおりましたが、とにかく握る所が短い。
それはそれは釣りづらい。

その上、風が吹いてまいりました。

竿が風を受けて飛ばされそうです。
奉納のチャンス到来!といった感じです。

ちょっと怖くなってしまったので、早々にキス竿にチェンジしてしまいました。

短い取っ手の短いデビューでした。

そして肝心の釣りですが、風を受け髪を振り乱し挑んでおりましたが、何だか全くわからん!

くにゃらん!じゃなくてわからん!

基本に戻ろうとくにゃらんくにゃらんのすぃーをマジメにやっておりましたがダメぇ~!

隣ではフグキティが1本、また1本とあげております。

そして私はとっても気をつけていたのにクラゲ汁の攻撃にあってしまったのです。

ちょっと髪をかき上げようと思ったら手袋についていたらしいクラゲ汁が目に・・いててだよぉ~~ん
氷で手を洗って目も洗ったけどヒリヒリのチクチク~!!

もうテンションがマイナス3になりました。

何をしてもダメな気がした私は
「ミスターS氏の必殺1本だけは釣れる法!」
を早々と試す事に決めました。

ちょっと竿を置いている間に他の残ってる針にエサをつけて準備完了!

すると!!

竿がね、ブルピクッってなったの!

ハッとしてゆっくり竿を持ち上げて見るとブブブ~ン!

やたっ!来ちゃった!

今までにない位に慎重に巻き上げて参りました。

ワンにょろ~~~!!

なんだかもうこれで十分な気分になっちゃいました。

ただ、今回こそ

「船長すわ~~ん♪また釣っちゃったっ♪えへっ♪」

ってやりたかったんだけど、やっぱりそれもできず・・

難しいね。


今回キス&アナゴに行って痛感したわよ。

小さなことからコツコツと・・

釣りはこのひと言に尽きるわね!!


まだまだダメ・・と言うよりもぜんぜんダメだわっ私。

顔を洗って・・いえっ!竿を磨いて出直しますっ!


いやぁ~それにしても楽しかったなぁ~
ぷかぷかのぷかぷか~

ぶっといキスも美味しかったなぁ~~


こんなに楽しい企画を提供していただいて本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

みなさんこれからもよろしくお願いします♪


そして何故かいつの間にか『水着で釣り』の会になってしまった7月ビッグオフ会もみなさまお誘い合わせの上お集まりくださいますよう重ねてお願いいたします。

 
2007/05/21(月) 17:18:20

キス&アナゴ1

5月20日(日)ブラック船長丸 キスアナゴ PM12:00

行って来ました!ブロガー仲間の仕立て船!

幹事さんとブラック船長さんのご配慮で、よりみんなが釣れるようにと2艘出しで行って参りましたのよん♪

一緒の船だとより楽しいかもしれないけど、海上で手を振り降りするのも、別船の方々の釣りの様子を見るのもなかなかできる事じゃないんでね~楽しかったですよん♪

同船の方々も別船の方々も本当に楽しく行って来られました事を感謝いたします。

幹事さんのハル父さんも色々とありがとうございました。

そしてブラック船長さん!ありがとうございました。
もう乗せない!なんて言わないでくださいぃ~!

はてさて!!
昨日は集合時間がのんびりなので私はゆっくりと時間ギリギリまで寝てようと思ってですねぇ~ベッドでごろりんごろりん・・

すると!電話がチャラリラ~!
なんじゃなんじゃ!と出てみるとフグキティ~!

前回の寝坊騒ぎで心配してくださったのだけど、私はめったに寝坊なんてしないんです!!

なのに予定時間の一時間前に起こされてしまいました!!プンプン!

そんでもって本人はさっさと支度をして早々に船宿に行き、十分ガソリンを注入しておったそうな・・あはは

私とアルちゃんは父が送ってくれる事になったのでのんびりと支度をして、出発。

前の日から絶対にマックが食べたかったので、船宿近辺についてからマック探し・・すると大好きな穴守稲荷の駅にあるとの情報を入手!
一目散にマックめがけて車を走らせました。

なんだかヤル気のあるんだかないんだかわからないマックでした。

客層も・・ぷぷぷぷ

それでも嬉しくてたくさん買いこんで、さ~て船宿にぃ~!

到着すると仕掛けを買いに来ていた別船予定のはるちゃんとハル父さん、仁兵衛丸さんとフグキティがものすごい傾斜のところに座ってひなたぼっこしていました。

マックをほおばり、早々に乾杯!

はるちゃんも一緒にお稲荷さんを食べようとしたらもう出発の時間になってしまったらしくお稲荷さんを抱えてお父さんと行ってしまった。

「後で海でね~!」

なんだかその挨拶にとてもわくわくしてしまいました。

その後、ぞくぞくと集まるメンバー。

具合が悪かったって言ってたガーさんに
「うつらないでしょうね!!」
と暴言を吐きつつごあいさつ。すみません(笑)

そして、篠さん、ゆうさん、エギさん、カップルさん。最後に仕事から来たと言うけんいちさんが登場しまして無事出船。

そうそう!出船前に船から降りる際に桟橋に手をついたらささくれが指にブスッ・・

ありゃりゃ・・と言っていたら、久しぶりにお会いしたお船大好きMほうさんが心配してくれつつ

「めごちばさみあるよ~あはは。」

と笑い飛ばしてくださった。ぷっ


さ~て!出発です!

そして早々にしでかしました。
出発して10分位経った時でしょうか・・帽子が飛んでいきました。

帽子は私のモノです。しかし、その帽子にはサングラスが取り付けてありました。
私が自分のサングラスをかけていたら、狙撃手だのおかしいの何だのと言われ、こっちをお使いなさいとフグキティが貸してくれたのであります。

あまりに見事に飛んでいったので、アルちゃんに笑って
「帽子とんでっちゃった!ただいま怒られ中です!」
と説明していたら本当に怒られました。はははは

その上、怒られている時にグラっとして氷結グレープフルーツをフグキティにバシャッと引っかけてしまいました。

そうして怒る気も失せたようであります。ぷふっ

昨日は本当に気持ちの良い陽気で・・暑い位でしたけど・・
だから走ってる時は風を受けて本当に気持ちが良かった。

ついつい操舵室のまん前を陣取って篠さんとフグキティ、アルちゃんと私の4人で宴会をしてしまいました。

すると

「でかいんだよね!」

と言って操舵室の上から顔出す船長さん。

確かにお邪魔でしたわねぇ・・

篠さんが焼き鳥を持ってきてくれて、それで1本2本とドリンクが進む。もうそのまま走り続けててくれないかなぁ~なんて気分になってしまいました。ははは

ブラック船長さんの操船での釣りは2度目でありますが、本当に凛々しくて窓の外からアルちゃんと眺めていたら、段々小学生に見えてきた(笑)顔が若いんですよね・・とても・・

あ・・顔がって限定する事もなかったか・・ははは

そうこうしていると!ブラック船長さんが

「あれがT長の船だよ!」

とある船を指して教えてくださった。

ああT長さん!!懐かしのT長さん!!
にゃみ母に背中をバシバシ叩かれたT長さん!!

色んな思いが一気にこみ上げて気がついたらものすごく手を振っていました。
知らないお客さんが自分の事と思い、やたら手を振り返してくれましたが、私達はT長さんに夢中!

「T長さぁ~~~~ん!あ○おさぁ~~~~ん!!!」

と叫んで手を振ると気がついてくださいました。へへへ

もうその時点で私はすっかりできあがっておりました。はい。

しか~し!一応(笑)釣りに来ましたのでね。
エンジン音が変わると条件反射で釣り座に戻ってしまうのよ。

そしてキスキスの準備。

開始の合図で一斉にスタート。

慣れるまではあまり投げずに釣っていましたが

メゴチ・メゴチ・ぱっくんちょ・メゴチ・ぱっくんちょ・ぱっくんちょ・・・

とげの子とシマシマの子しかいらっしゃいません。
それもどんどんサイズダウンしていきます。

それから透明のこんにゃくとほっそいヒトデ。

後ろでは顔を見始めたようです。

すると船長さんが

「変なのばっかりかかるのは誘いがダメなんだよ。投げれる人は投げてちゃんと聞きあげてみたりしてくださいね~。」

とアドバイスしてくださった。

それでもアルちゃんと私は交互に変な子が釣れる。

「見ないでぇ~!!」

と大騒ぎ。

途中で船長さん肉厚の間に入りチョコチョコっと釣り、あっと言う間に10匹以上・・
お隣でやっているのでお勉強と思っても微妙な感じが全くわからんです。

それでイソメをぶっといのにして釣ってみるとぶっといキスが釣れた。

ぶっといのが釣れたら、船長さんがニヤリ・・
おてんとう様がまだ上にいるというのにエロ談義(笑)

でもまぁ、酔ってもいたし、多少(?)不真面目ではありましたが、段々感じがつかめてきました。

おたまじゃくしみたいなメゴチを釣った時にだってちゃんとアタリはわかって釣っていたんですが、いかんせんキス様に食べていただけない。

そうそう!それにね!

感じのつかめてない最初のうちはキスもある程度の誘いでちゃんと食いついてくれたのね。
なんだけど、ちょっとずつわかってきたら後半はつまみ食いしていくようになっちゃった。

・・・気がするの。

かかりそこないってのが多くなった・・・気がするの。

お腹一杯になっちゃったのかな?

それから船長さんが

「今、はるちゃん20だってさっ!」

とか

「こっちのが潮先なんだから釣らないと!」

とはっぱをかけてくださっていたのですが、ご期待に答える事ができませんでしたねぇ・・ゴメンちょ

これは言い訳ではありませんが、本当は船長さんにキス!ってのを狙っていたんです!!(笑)

なのでアルちゃんとスソを競い合っていたのですが、2人同数でスソになってしまいましてねぇ・・商品はおあずけになってしまいました。

その上、マジメに釣っていたフグキティにウロコ取りを渡し

「ウロコ取っておいてください!」

と頼む悪女にゃみ。

フグキティは釣りを中断して魚処理に入ってしまいました。

私ったらワルワルだね・・

こればっかりは本当に反省してます。


そうそう!トイレに行った際にけんいちさんとエギシャクリさんをのぞいていたらけんいちさんからぶっといキスとカレイをもらってしまいました。

それからトイレの水を流そうとバケツに水を汲んだ時。
船が動き始めてバケツを持ったまま起き上がれなくなった私をエギシャクリさんが助けてくれました。

本当にお世話になりました。


いやぁ~いささか楽しみすぎまして釣りがおろそかになってしまいましたねぇ~

別船の人達は楽しみながらもしっかり釣りしていましたねぇ~
はるちゃんの勇姿もさることながら、サメ釣りを見学させていただいた時にはこっちも盛り上がりましたよ。ぷぷぷ

そしてアルちゃんはCHUさんがお気に入りなんですねぇ~新発見です(笑)


もう本当に釣りに関しては反省のひと言に尽きます。
でも楽しかったの。はしゃいじゃったの。お酒美味しかったの。

ただ、キス釣りに関しては上手く説明できないけど、思うところが色々あって面白さの一片をかじる事ができたような気がする。

今回は納得して釣れた一匹がなかったのがちょっとがっくりですが、そのせいで次回キス釣りをする際には燃えそうです。

それから東京湾のキスはワカサギがいないので食べ甲斐がありますね。

数はいかなかったけど、たっぷり食べれそうです。


さ~て段々太陽も下の方に見えてまいりました。
ちょいと移動していよいよにょろ助の番ですよ~


だけど続きは明日。

 
2007/05/20(日) 10:44:30

穴守マック

20070520104430
非常に混んでた。

さぁて釣りだよん♪
 
2007/05/19(土) 14:57:05

明日の準備

明日はキス&アナゴ。

持ってくものは・・

早昼食の危険物、午後用の危険物、夜用の危険物。

行きはパパちゃんが送ってくれるので荷物が多くても大丈夫♪

普通は行きよりも帰りの方が重くなるのでしょうが、私の場合は行きのクーラーが満タンであります。

飲み物の他に必要なのは・・

釣りの時の服、帰り道の服、次の日の服。

今から荷物を詰めてみようと思うのですが、頭がまとまりませんね。

もう暖かいからにゃにゃテックス上下で十分でしょう。
でも夜は寒くなったら辛いから中には何枚か着た方が良さそうでしょ・・下は?下はどうしましょう・・私、ジーパンの上にカッパズボン履くのイヤなのよねぇ・・長靴・・長靴は!?

あ~~~もうもうっ!!



・・・・・・・・ぷっ



あははは!!

そんなんどうでもいいかっ!!



少しは肝心の釣りの事を考えましょう。

アナゴ釣りは明日で3回目であります。

1回目も2回目も2本ずつでありました。

明日は3本目指してがんばります。

くにゃらんのすぃー

こてんこてんのすぅー

もうこれしかわからないです。

後はごはんをたっぷりつけられるかどうかが問題です。



そろそろのんきにブログ更新してないで
準備にとりかかろうかと思いまする。

それでは!みなさん!

ま~た あ~し~たぁ~~~♪


よろしくお願いするざんすっ!
 
2007/05/18(金) 16:31:18

タイムカプセル

ちょっと昔の手帳とかを整理してたら数年前の手帳からひらひら~と紙が出てきた。

それを見て思わず吹きだしてしまった。

『いつか、山奥に行って
石を叩いて魚がぷかーと浮かんでくるのを拾いたい。』

私って・・

そんな事を書く私も私だけど、それをまた大事に手帳にはさんでたなんて・・ははは

そしてその後に

『だけど、山奥に行くのも大変だし寒そうだ。』

ぷっ・・一体何のメッセージだろう??

自分で自分がわからなくなるのはこういう時です(笑)


タイムカプセルってありましたよね。

私はすぐに掘っちゃうので全然タイムなカプセルにはならなかったな・・

でもね昔のつくば万博の時に妹が遠足に行った時に、20年後(だったかな?)に手紙を出そう!みたいな企画があったらしく、当時仲の良かった子に手紙を書いていたの。その友達も妹あてに書いていて・・

それで何年か前に本当に届いたんですねぇ~

その妹の友人の実家はすぐそばなの、だけど今は本人は結婚して遠くに住んでいるのでほとんど交流はなかったのだけど、そのタイムレター(?)のおかげでまた連絡を取り合っているみたいよ。

面白いね。

私の例の『いつか山奥に・・』のメモもある意味タイムカプセルかな?
意味がわからないので何ともいえないけれど、とりあえず数年前の自分に笑わせてもらったって点ではGOOD!でしょう(笑)

古い日記なんかも読み起こしてみると、その当時の自分に教えられたり、笑ったり、慰められたり、こそばゆくなったりするよね。

その当時の私は今の私が読むだろう・・なんて考えもしないで書いてたのにね。そう考えると人の日記を読んじゃったみたいで悪い気もするなぁ~ちょこっとだけ(笑)

あ!それから部屋の模様替えなんかした時にたんすの裏から壁に書いた落書きが出てきた事ってないですか?もともと壁になんか書かない??

うちはたくさんあります。

今うちのトイレに入るとゴウゴウが書いた落書き『山田』が目の前にあります。

話は飛びますがゴウゴウは『山田』とか『田中』とか『鈴木』とかのよくある苗字が好きなんだって
自分の周りにはいないので惹かれるそうです。

まぁ、そんな事はどうでもいいか・・

それでね!昔書いた壁の落書きを見ると何だか懐かしくて泣き笑いになるんですよ。

あ~あ~この時は親に怒られて腹いせに壁に描いちゃったんだな!

とか

姉の真似して描いてみたら大失敗したんだった・・

とかその当時の事を思い出すの。ぷちタイムカプセルだね。

そうそう!そう考えると植物なんかもタイムカプセルみたいなモノかもしれないね。

うちの庭のビワの木はそれこそ30年近く前に姉が種を植えたら生えてきたものだ。

種や苗を植えた時には早く芽が出ないかな?とか早く大きくならないかな?とか花はまだかな?なんて年中気にしてしまうけど、ある程度になると放ったらかしにしてしまう。

それでいてしばらく経つと最初に植えた時の事なんかを思い出し

「あ~大きくなったなぁ~。」

なんて思う。

へそくりと一緒で普段は忘れていた方が嬉しかったりする。

ん?ちょっとたとえがおかしい???(笑)

とにかく時間が経たないと嬉しくなれない事柄ってのはタイムカプセルと動植物の成長ではないかと言いたかったの。


昔、朝顔の花がね、ちょっと前に見たらつぼみだったのに、たった数十分うろちょろしてるうちに咲いちゃった事があってね。

とっても悔しいから絶対に見てやる!!って
花の前でじっと咲く所を見てやろうと座り込んでた事があったの。

でもね・・見れなかった。

飽きちゃったから(笑)

ちょっとぐらいならいなくても平気かな?平気かな?なんて庭で遊んでいるうちにやっぱり忘れてしまって気づいたら咲いていた。

その時に思った。

おひなさまと一緒で人が見てない時に動くんだ。
だから見てると咲かないんだ。

と思い込む事にして諦めました。

そして時間が経つのが待ち遠しくも考えられるんだなってちょっと思った気がする。


なんか久しぶりに埋めてみようかなぁ・・

だけど、今だと本当に忘れちゃう気がする。ははは

それより数年前の私の願い『石を叩いて浮いてきた魚を拾う。』

これ何とかしてできないもんかしら?あははは


 
2007/05/17(木) 16:47:46

おふおふたのし~

↑読んでくれたかな?みなさんよろしくね~

初めて参加してみよう!って方もどうぞご遠慮なく。



いやぁ~思い起こせば去年の夏。

伝説のA級幹事あめちゃんのおかげで開催できたビッグオフ会。

本当に細かい所まで気を使っていただいて勉強になったなぁ~


最後までドキドキしていた釣りモノのマルイカも後から考えたら仲間内の仕立てにはぴったりでした。

反応探しの時にはみな集まって釣り談義(飲んで)船のエンジン音が変わると誰も何も言わないのに一斉に自分の席に戻る「クモの子散らし」

上乗りさんがそんな私達の様子を見て笑ってたっけ・・くくく

ウロコやコマセじゃないから荷物も楽だったし、本当にイカ釣りってヤツはいいね。初めてみんなで集まる釣りには大正解でしたよ。

本当にいい天気でいい凪で申し分ない釣り日和だったし・・

あめちゃんイラストの直角イカのチョッキーも可愛かった。

そう!何といっても海開きの後ですたい!ぷっくくく

普通に駅のそばや船宿のそばを水着のねえちゃんが歩いています。

その中を便所サンダルの方々が歩きます。

また今年は港も新設したので周りがキレイよぉ~ふふふ
びっくらするわよぉ~~


と・・夏の話もさることながら今週末ね・・

なんか楽しみすぎておっかしな事しでかさなきゃいいんだけど

ドキドキだわ・・

穴守稲荷でお参りしてから船に乗る事にしようかねぇ・・ぷっ


本当に楽しいね!

そりゃ少人数で真剣に釣り!ってのももちろん大事だし楽しい。

だけど、気の合った人達とワヤワヤするのは別の意味での楽しみ。

こんな楽しみがあったとはねぇ~ふむふむ


私ね、多かれ少なかれ釣り師は勝負師だと思うのよ。

魚と勝負!自分と勝負!他の人と勝負!!

もちろん釣れなければ悔しいし、人に負けたらやっぱり悔しい。

よね?

悔しくなければ上達もしないとも思うし・・

だけど、その事で機嫌が悪くなったり態度が悪くなったりする人が今のこの仲間内にはいないって事も素敵だと思うのよね。

みんな大人なだけ???ふふ

もちろん今、この仲間の人達はそれぞれの釣りでの名手がそろってるんで「歯が立ちませ~~ん!がはは!」と潔く負けを認めざるおえない相手もたんまりいるんでね。悔しいどころか感動すら覚えます。

そう!それ!

それがとってもいい刺激なのね。

だから楽しい。

自分で釣りをしてるのが楽しいのは当たり前。
だけど、見てても楽しいなんて気持ちにさせてくれたのはみんなのおかげです。

それでいて釣りの話になれば、ついていけない事も多々あるけどやっぱり面白い。

知らなかった事いっぱいでわくわくする。

また次の釣りがより楽しみになる。

楽しい事ずくめだね。


うひゃひゃひゃひゃ~~!!って叫びたくなるね。


あ~早く日曜日にならないかなぁ~


 
2007/05/16(水) 16:56:58

KISS♪

今度の日曜日は釣りであります。

キスとアナゴです。

チュ~♪にょろん♪です。

その中でもキスはそう・・思えば一年前に商店街の人達とキスを釣りに行ったのが最後。

去年の釣果を見てみたら
シロギス39匹とメゴチにカサゴにイイダコにギラで総勢50名だってさっ!

本当に私が釣ったんかね?はははは

あの時は本当にベタベタ凪でね、湖みたいでした。
あんなの初めて見たよ!海面が鏡みたいだったのよ。

逆に気持ち悪かったよなぁ・・

私の生涯でのキス釣りは6回。

初めてキス釣りの船に乗った時には雪でした。

本当はカワハギにしたかったのだけど、様子も微妙だからシロギスにしたら?と言われて乗ったんですが

なんとその時客は3名!
私とK美ちゃんとうちの客の3名!少人数仕立てだぁねぇ~

贅沢と言っちゃ贅沢なんだけど、なんたって雪ですからね。

寒いし辛いし冷たいし・・
虫に噛まれてもわからない位に手がガチガチ

それでも海の上で見る雪景色はそれはキレイで、ちょっと感動しました。

当たり前だけど、雪は海の上には積もらないんだよね。

雨と違って静かに、だけどワサワサと降ってくる雪がすぅ~って海に吸い込まれていくの。

陸をみたら真っ白で水墨画みたいになってるし、もちろん船の上も私達も雪ん子さん。

とても良い雪見酒でしたね。

釣果は・・・忘れました。ははははは!!

その後、乗った時は暖かくなってから・・
いい気持ちで飲んじゃって臭いメゴチも釣っちゃってヤル気メーターマイナス20位。

その日は釣りの後も飲む予定もあったので寝てしまった。ははは

後にも先にもみんなが釣ってても完璧に寝入ったのはあの日だけです。
本当よ!私はよく寝るけどそれは移動中だけです。
あとは・・竿を持ちながら・・・えっと・・

だから!人が釣っていてもしっかりゴロンと転がって寝たのはその日だけなんですってばー!

いやぁ~本当に悪いヤツでした。

その後もなんかでシロギスに乗ったけどやっぱり不真面目でしたね。

そしてゴウゴウを連れて行った時。
初めてゴウゴウを船に乗せた日。

2人でのんびり電車で行って船に乗って・・
その時にはあった午後のちょいキスってやつで3時間位の釣行でしたけど、その時私は2年程のブランクの後だったのでかなり緊張しました。

全くの素人に逆戻りで、船長さんにゴウゴウ共々1から教えてもらっての釣りでした。

船長さんがね、私の竿で魚を釣ってハイっ!て渡す。
続いてゴウゴウの竿で魚を釣ってハイっ!て渡す。

私ら巻くだけ。
そんでもって私が調子こいて魚をはずした後に竿を渡して

「はい!船長さん!お願いします!」

って言ったら

「何しに来たんだ!」

と怒られました。はははは!!

それでもゴウゴウが自分でエサをつけて仕掛けを扱ってちゃんと魚を釣り、巻いて魚をはずすっていう一連の動作を一人でできるようになったって事がすごく嬉しかったんだよね。

だから私は釣らなくても良かったんだけど、船長さんにケツを叩かれ

「負けたらもう乗せない!」

なんて言われちゃったんで最後だけちょっとがんばって
ゴウゴウが8匹の私が24匹のかろうじてのトリプルスコアで終了したんだったよなぁ・・

そういえば、あの時はオレンジ色の海サボテンがたっくさんだったよな・・あいつムカつくんだよね・・

そしてアルちゃんとゴウゴウと3人で去年の正月に行った時。
ゴウゴウは寝不足と釣り前にアルちゃんと暴れすぎてダウン(笑)それでも途中から起きてきてがんばっていくつか釣ったのよね。

サメも釣れた。
ひとり1匹ずつイイダコも釣った。

そう・・サメと海サボテンはいつの日もイヤだけれど、シロギス釣りは外道も楽しいのが唯一(?)の救いであります。


どちらにしても今までのシロギス体験は相模湾です。

今度は東京湾です。

またしてもまるっきり始めての気分でがんばろう!

シロギスが嫌いなんじゃないんですよ。
釣りだって食べるのだって・・

ただ、いつも言ってるみたいにうろこがイヤなんです。
帰ってきてからの処理が・・・ううう・・
だから釣っていて段々テンションが下がってくるの。

他の魚の時はあとさき考えないで釣っちゃうクセにね・・ふふ

だから!今回の

秘策!ひさく!ヒサク!!(なんか懐かしい・笑)


ウロコ取りを持って行こうと思います!!!

船上でやっちゃえば?とのアドバイスを前にいただいたのを思い出しましてね・・ふふふ

これで私のテンション下がらない事間違いなし!!




あ・・その前に処理に困る程釣らなきゃでした・・



そっちの秘策は・・・



皆無・・



キスは好き♪




誰もそんな事きいてない・・



あはははは!!



笑ってごまかそう。



 
2007/05/15(火) 16:59:57

庶民の社交場

私はお風呂屋さんが好き♪

おっきい浴槽でのんびりゆったりと湯につかるのが好き♪

だけど、のぼせやさんであります。

だから本当は一般の人が
「湯冷めしちゃうよぉ~~!!」
って言う位にぬるいお風呂に長々と入りたい。

でないと一気に熱くなってカァ~ってしてぼや~ってして倒れます。

でもお風呂屋さんの楽しい所はそれだけではありません。

色んな人がいるのが楽しいんです。

できれば最近のスーパー銭湯よりも昔ながらの銭湯の方が人間的には面白い。

たわしおばさんって人がいましてね・・

人を洗っても平気な(と本人が言ってる)たわしを持ち込みまして、やたら人の背中を磨いて歩くおばさんがいました。

目が合うと背中を狙われるので、そのおばさんがいる時はキョロキョロしないようにしっかりと前を見据えて洗髪&洗体(んな事言わないか・笑)しなきゃいけません。

でないと

床に座ったままズリズリ尻ですべって近づいて来てしまいます。

「流したげる!」

それはとても怖い。

何故なら一度流してもらったらお礼奉公しなければいけないからです。

おばちゃんは普段は雑談してる銭湯友達の背中はあまり狙いません。
それは銭湯友達はおばあちゃんが多いからです。

多分おばあちゃん達のパワーでは気持ちが良くないのでしょう。

生きのいい背中を狙いさっと流し、お礼奉公を狙ってるのです。

私は何度もそんな目に合っている生きのいい人達を見てきました。
なので、私は絶対にそばによらないように、並びに座らないように気をつけてきました。

が!一度だけ・・

その日はたわしおばさんはいませんでした。

安心して・・というよりもまるっきり頭になかったので普通に自分の事をやってました。

そして体洗いのスポンジに石鹸をつけて真剣に泡立てていると背後に人影が・・

はっ!とした時にはすでに遅かった。

たわしを手に持つおばさんが

「気持ちいいわよ!流したげる!」

と有無を言わさぬたわし攻撃。

勝手に背中をごしごしとこすられる私。
あっけにとられて、うんともすんともいえない私。

たわしおばさんは後から入ってきて私を発見したのでしょう。
そして一目散に私の背後に迫ったようです。

なんという頭脳プレイ(?)

私はしばらく呆然と背中を預けていましたが、次第に悪い考えが・・

(このままお礼奉公を無視したらどうだろう?だって勝手にやり始めたのだし・・ふふふ)

とね(笑)

そして冒険野郎にゃみは流され逃げする事にしてみた。

「え・・もう結構です。どうもありがとうございました。」

そうして何事もなかったかのように自分で体を洗い、おばちゃんを無視してみました。

すると!敵もさるもの引っかくもの!!

「隣いいかしら?」

た~~~くさん席があるのに隣に陣取った。

それでもめげずにいると今度は

「んしょ!よいしょっ!あら?ん~。」

となにやらもがいている。

私は懸命に平静を装っていた・・が、とうとう

「たわしって気持ちいいでしょ?でもねぇ~おばちゃん体が硬いから腕がね、背中にね、回らないのね・・。」

うっ・・

正直ココでめげそうになった。
だけどもう少し辛抱だ。

たわしおばちゃんを甘やかしてはいけない!

なんてよくわからない使命に燃えた私は
興味ありません!って顔をし続けた。

しか~し!

その後ありえない事が起きた。

隣に座り懸命に自力で背中をこすろうとしていたおばさん。
ちょっとわざとらしく妙な体勢でもがきながら背中に手を回していた。

その直後です!

「ふんっ!」

の掛け声と共にたわしが飛んできた。
そして私の頭に直撃。

あれは本当にびっくりした。

殴られたのかと思ってしまった。

それまで平静を装っていたけれど、もう動揺を隠せない。
そんな様子を見破られてしまったのか、おばさんはとうとう

「あら!あははは!ゴメンねぇ!一人でやると危ないわね!ちょっと流してくれるかしら?」

とたわしを強引に私に渡し背中を向けた。

もう逃げられません。

たわしで勝手に背中をこすられ、次に殴られ、挙句の果てにはだだっ広い背中を掃除。

その上、容赦ない要求が続きます。

「ほらっ!若いんだからもっと力入るんじゃないの?」
「もうちょっと上がいいわね!」
「1回お湯で流すわね!」

ふぅ・・

せっかく洗ってキレイになった私はまた汗だく。

よく知らないおばさんの尻までたわしでこすっている姿があちこちの鏡にうつっている。なんとも不思議な画であります。

恐るべし、たわしおばさん。

その後は二度と背後を取られないよう気をつけたのは言うまでもありません。

一人浴槽にのんびりつかり

(あ~あの人あんな無防備にしてたら狙われるぞぉ~!)

なんて新たな犠牲者をほくそ笑むだけです。


まぁ、面白いっちゃ面白い経験ですけどね。

銭湯は社交場とはよく言ったものです。

マナーの悪い人もやたらいますけどね。

そうそう!いきなりものすごい勢いでケンカ売られた事もあります。
だけどねぇ・・全裸でケンカもないもんだ!あははは!!

混んでた事は混んでたんですが、まだ他にも席があるのに私が取ってた席に座ろうとした親子がいたんですよ。

もちろん私は自分が洗うまではどうぞ!と思っていたのですが、人が黙っているのをいい事に私の風呂道具を他に移動しようとしたのね。

なので私は

「あの・・それ私のですけど・・。」

って言ったら突然逆ギレ!

「そんな事言ったってじゃあどこに座ればいいのよ!こんなに混んでるんだから場所取りしないでよ!!」

はぁ???って感じです。
周りの人も驚いてました。

「あの、そこもあそこも空いてますけど!」

と答えたらようやく気がついたようですごすごと移動して行ったけど、急に怒り出すなんて本当にびっくりした。
そしてその後もさんざん睨まれた。あははは

全裸でキレられてもみっともないばっかりで笑える。

うんうん・・色んな事があるね。銭湯は面白いよ。


あ・・そうだ。

先日銭湯に行った時には菖蒲湯でした。
ネットに入ったショウブの束。

私はあの匂いが好きなのだけど、もう出尽くしちゃったのか煮えちゃったのかあんまり匂わなかった。

かなり不思議そうな顔してあっちの束こっちの束の匂いを嗅いでいたのかな?

そばにいたおばちゃんが

「ショウブよ!ショ!ウ!ブ!」

噛んで含める様に私に説明した。
突然の説明に私はなんと答えていいかわからず

「はぁ・・?」

と言ってしまったら、またしても

「ショ!ウ!ブ!ショウブ湯ってのよ!」

そしてハッと気がついた。

そうか・・またか・・・

外人さん日本の文化に触れる!の巻

だと思われてるんだ。はははは


おばちゃん達は外人さんに意外と優しい。
そして優しくしてやったと非常に満足する。

私は優しくされた後に満足げに微笑むおばちゃん達の顔を見るのが嫌いでない。

だから「知ってます。」とは言えず
にっこりと「アリガト!」と言ってしまうんだな・・




私にたわしを渡した。

わたしにたわしをわたした。

ひらがなで書くと読みにくいね・・こりゃ
 
2007/05/14(月) 16:22:11

大人なんだから

『いい加減大人なんだから!』

そう・・

何度この言葉を自分に言い聞かせてきたのでしょうか・・

何度も何度も自分は大人と言い聞かせたところで、肝心の進歩がないもんだから同じ事をくり返すのね。


はぁ~!!

夜がね・・夜が怖いのです。

夜に動いてる私がこんな事では大変困るのですけど、今、無性に夜が怖いんです。


ほらっ!そこっ!笑わない!!!ふんっ!

マジなんだから!本当に怖いんだから!!

夜が怖いと言っても暗いのが怖いとかなんとかじゃなくて、夜一人でいるのが何だか怖い。

キューって胸がしめつけられてドキドキしちゃう。

なんだろか?これはいったいなんだろか?

不安?不安ってのかね???

そんでもってシクシクになっちゃうの・・

そんな自分がバカで一層ドツボにハマるのだ・・


でももっと怖いのは夜中に一人でぼんやりしてる私を見た人だと思いますがね・・ぷっ


本当に自分で思うよ。

『いい加減大人なんだから!』

ってね。


自分で自分をコントロールできなくなるのだけはどうにかしたいのだけど、これができれば悩みはしないのだっ!ちゅうの!!


そうそう・・

『いい加減大人なんだから自分の腹具合を把握しよう!』

ってのもあるな・・。

すぐお腹が空いてすぐにお腹がいっぱいになるの。
そんでもってまたお腹が空いて・・

それはまぁいいとして・・

困るのはお腹が空きすぎて具合が悪くなる事です
そして食べ過ぎても具合が悪くなることです

こんな事も前まではなかったんですけどねぇ・・



あ・・

もしかして子供がえりしてるのか???

え~~!!


こんなどこからどう見てもいい大人の女の私がぁ!?

ぷっ・・



まぁ、どんな事柄にも原因があるんだよね。

ある時気づいたんだよね。

解決できない悩みは生老病死以外にないんだって

今、私がクヨクヨシクシクしてる事は原因が明確ではないけれど、解決しない事ではないんだよね。

そうそう・・

だから大丈夫・・



最近の私はブログ癖のおかげか頭の中だけで考えているとなかなかまとまらない出来事もこうしてパソコンに向かって考え、打っては消し、消しては打っているうちにまとまってくるようになった。

多少ではありますが・・はは

今日みたいなグデグデの内容も後で読むと恥ずかしい事この上ないのですが、後々の自分に書き残しておこうと正直に書いてしまっている。

そう・・後で顔が真っ赤になる程恥ずかしいんですよ。

ただね・・


子供みたいに駄々をこねて号泣しちゃう私は情けなくて恥ずかしいけど、そうやって自分の中身をさらけだせちゃう場所があった事がね・・嬉しいんだ。

それだけはちゃんと書いておこうと思ってさ・・へへへ


それでまた後で恥ずかしくて布団にモグモグしちゃうんだけどね・・

ぷふふふ

 
2007/05/12(土) 13:59:54

母の日

明日は母の日ですよ。

みなさん何か考えてますか?

私は・・・考えてませんでした。


はて!どうしましょ!どうしましょ!!!

子供の頃のように肩もみ券でも作ってごまかすか・・クックック

私は一緒に暮らし一緒に働いているので年がら年中一緒にいる。
だからという訳ではないけども

近くにいすぎて見えないものってあるよね・・

ふっ・・


がはははは!!!何言ってるんだ!?

まぁ、とにかくなんか考えますよ。

いくら普段そばにいるからって、やっぱりこういうイベント事はちゃんとやってあげないといけないと思う。

メリハリっての?

いくつになっても女はイベント好き♪プレゼント大好き♪

ふふふふ

だから世の殿方もちゃんと考えてあげてくださいよぉ~


ほんのちょっとでいいんですよ。
お花一輪でも、なんかひと言でもいいじゃん!
そばにいなければ電話でもいいじゃん!

ただ、その日の事を忘れてなかったよってアピールとそんなきっかけでもないと普段言えない事を言っちゃえ~って感じでいいんだと思うよ。


ふぅ・・
でもね・・

同時に胸が苦しくなる日でもあるんですよね・・

ま・・それは私の胸が大きくて服がきつくて苦しいとかって話ではなく、それならもう少し余裕のある服を着たらどうかって話でもなく、胸に合わせると下がガブガブで妊婦に見えるからいやだなぁ・・なんて話でもありません。

もちろん心臓が悪いわけでもなく・・


昔はある意味のんきである意味残酷だったなって思う事があるんです。

幼稚園で母の日に贈りましょうってカーネーションを一輪ずつもらったんですが、母親のいない子には白のカーネーションを渡してたんですね。

その事を思い出すと痛くて痛くて・・

今はそういった区別は少なくなってきましたよね。
カーネーションの色だって本当に色々になったから・・

だけど、白いカーネーションを見るとどうしてもそんな出来事を思い出してしまう。

花にもその子達にも何の罪もないのに・・本当に変な風習だったね。

だからという訳ではないけど、私はカーネーションは嫌いだ。
花の中から白い触角みたいのがピョ~ンって出てくるのが何より気持ちが悪い。

鉢植えも数々あるけど、庭に埋めたところで長持ちするわけでもなく、本当に何とも言えない微妙な花だ。

今の時期は本当に色んな花があるいい時期なので、なにも今だけ高いカーネーションを選ばなくてもいいじゃん!と私は思う。


だから・・・


仕方ないので・・・


ちょっくら今から花屋に行ってきます。



だってやっぱり何かしないと後が怖いから・・ははははは



さあ!
明日釣りに行く人は今日中に・・今日釣りに行ってる人は明日・・

ちゃんと考えないとこれからの釣行に影響があるかもよ・・ウッシッシ

 
2007/05/11(金) 16:33:21

懐かしの・・

え~気を取り直して昨日書いた事を思い出そうかと・・


・・・・・・・


・・・・・・?


だからさぁ!!
私は一度書いちゃうと忘れるのよ!!

ココに書いてる事ってパソコンに向かいながらしゃべってるのと同じだから、しゃべり終わってすっきりしたらもう気が済んじゃうわけ!!

もう一度同じ事をしゃべりなさいと言われても無理無理~~!!


だけど、ワタクシ健忘症ではないのでちょっと触りだけ・・

ええ・・確か・・・昨日は・・・

眠いとか疲れだとかの事をダラダラと書いたような・・

・・・・

そう!!
体の疲れよりも心の疲れ!!

気持ちが疲れてなければ体は平気って事を書いたんでした!

そんでもって、さすがにいい大人なのだから限界まで動いて行き倒れるのはやめようと決意したのでした。

そして自分がどのくらい疲れてるかちゃんと把握しましょう!ってね

気分がいいと自分の電池ギリギリまで使っちゃうのよね。



あ・・・う・・・・・・

昨日はダラダラと書いた事、今日になってまとめたら数行だ・・

は・・なんか・・・私って私って・・大人って大人って・・

大人のふりかけかい!!あははは~~!


ま、いいよ。


そうそう!この前書いた世界の料理ショーね!

あれはグラハムカーって人でした!

面白かったな・・本当に・・・


あと子供の頃に好きだった番組は

「マチャアキ海を行く。」

でした。

何だか延々と海の中を行く番組だったような・・・ぷっ
そんでもってマチャアキは海に行かないで
ただしゃべってるだけだったような・・・

でも毎週毎週見てたんだよね。


あとはそうねぇ・・

特に思い出せないなぁ~

あっ!カリキュラマシーンなんてのもあったね。

それから最近になって再放送してた(今も?)日本昔話はやっぱりピカ一だね。

あれってさその当時には再放送してないのに絶対に何話かは印象深く覚えてる話があると思わない?

ほんわかした話や夏になるとちょい怖い話、幻想的な話からうるうる話。

本当にいい番組だ。

忘れられない数々の話の中でかなり強い印象が残ってるのは

屁こき女の話だ!あはは

昔々生まれつきものすごい屁をこく娘がいた。
とても器量も気立てもよい娘なのだけど、こんなに屁をこくんでは嫁の貰い手がないと親達は嘆いていた。

しかしある時、商人の息子が結婚を申し込みに来ました。

親達は絶対に屁をこいてはいけませんよときつく言い渡し娘は無事に結婚しました。

働き者の嫁をもらって大喜びの一家ではありましたが、日に日に嫁の顔色が悪くなっていった。

そしてある時とうとう嫁は屁をこいてしまいました。

ぶもっ!

屋根をふきとばす位の強烈な屁。

これでは家がもたないと嫁は離縁されてしまいます。
そして船に乗せられ実家に帰される事に・・

しかし、風が吹かずに船が動きません。
船には他にも色々な品が乗っていました。
何とかして船を動かさなければ大損失です。

そこで嫁は考えました。

「屁で動かないか?」

嫁は思い切って一発。

すると船はあっという間に目的地に着きました。
それを見た婿は喜んでもう一度娘を嫁にもらうことにしました。

それからと言うもの、嫁は屁をこいて船を動かし、一家は大繁盛しましたとさっ!

めでたしめでたし!


こんな話だったような・・・あはは!

屁に関する話はいくつかあったような気がするのでもしかして話がごっちゃになってるかもしれないな。

この話で何が印象深かったかというとね。

「引き屁」ってのをはじめて知ったの。
要は吸い込む屁なんだけど、娘は屁を出したり引いたりして船を動かすんですねぇ~~はははは!!

それから後は怖い話ね。

イワナの主の話。

お祭りだったのでたくさんの魚を獲ろうとして毒ダンゴをまこうとした男がいました。

するとお坊さんがやってきて、そんな事をしたら魚が根絶やしになってしまうからとやめるように言いました。

男はお坊さんにご馳走をして言うとおりにするとウソをつきます。

そしてその後、毒ダンゴをまいてしまいました。

すると見た事もないでっかいイワナが浮いてきました。
そのイワナをさばいてみると腹からご馳走した料理がでてきます。
昨夜のお坊さんはそのイワナの化身だったんですね。

しかし男は平気な顔をしてそのイワナを食べてしまいました。
すると男もその家族も毒が回り死んでしまいました。

自分でまいた毒で自分ちも根絶やしになったってお話。


イワナがぎょろって怖かったなぁ・・

またあのBGMが怖いのよね・・


ああ・・でも本当に面白かったよね。

日本昔話じゃないけど私はアンデルセン物語も好きだったな。

ズッコとキャンティ・・ぷっ懐かしい~~~!!

 
2007/05/10(木) 19:31:57

小さいものクラブ

20070510193157
私は電ボが好き♪

でも小さいね…このイカ
 
2007/05/10(木) 17:58:42

しょしょっく・・

ブログが更新できてない。

書いたのは行方不明。

どこに旅立って行ってしまったの?


はぅ・・・


今日はなんか書いてる時から様子がおかしかったのよね・・

ひ・・ひどいわ・・・



私、1回書いちゃうと忘れちゃうのに・・・

何を書いたのかもう思い出せない。



おっかしいなぁ~????

ちゃんと保存したのになぁ・・・




なんかテンション下がるわ~


ただいまの私のテンション「2」です。
 
2007/05/09(水) 16:35:43

モノは試しね

この前の日曜日!とうとう祈願達成いたしました。

それは

「いかの丸かじり。」

正確に言うと

イカの中に強引にご飯をつめた「まんまるいかまるめし。」
を作り切らずに食べた・・・と言う事です。

答えは・・・

「マルならまだいいけどムギはちいさくても噛み切れない。」

でした。ぷっ

それから

「小さい方がいいんだろうけど、小さいとご飯をつめるのが大変。」

なのでした。ぷぷっ

ついでに

「裾から噛んでいたらご飯が耳を裂いて出てきた。」

のでありました。


モノは試し!って言うからね。
とりあえずはやってみなきゃわからないもんね。

そう・・思えば私の人生って

モノは試し!な人生かもしれない!!

なんてね。ははは


まぁ、食べ物に関してはつい色々やってみたくなるのよね・・
もちろん失敗も多々ある。

だけど、名作が生まれる事だってあるのです。

稀だけど・・あはは


子供の頃からそれは変わらないですね。
小学生1~2年生の頃だったかな?

海外の料理番組があったの。

知らないかなぁ?
恰幅のいいプレスリーみたいな料理人がしゃべりながらどんどん美味しそうな料理を作っていくのね。
そんでもってできあがったら会場から一人お客さんを選んで食事するの。

料理ショーだね。

その番組が大好きでねぇ~私。

その中で「なんとかのフリッター、オレンジソースがけ。」
ってのがありまして、それを作ろうと思い立ちキッチンに立ち上がりました。

まずはソース作り。

ミカンしかなかったのでミカンをすりおろした。
本当はチーズとかを削るような器具でやっていたのだけど、そんなのもないから大根おろし器(笑)

すぐに握りつぶしてグジャグジャになりました。

そのおろしたんだか絞ったんだかわからなくなったミカンを生クリームの代わりの牛乳にジャボジャボ・・
そして手鍋で暖めて・・・

すでに全く違うモノです。

牛乳にミカンを入れるとどうなるかご存じですか?

分離しますね。

カッテージチーズなんかはその原理を応用したモノですよね。
ま、そんなのはどうでもいいですけど・・

分離したモノはとても気持ちが悪いです。
中にはそれが好きなんて変わり者もいますが、私はダメです。

とにかくキモイみかん牛乳ができました。

そして「なんとかのフリッター。」を作ろうと思ったのですが、ココで事件です。

ちょっとオレンジソースの味見をしようとスプーンですくってゴクリ・・・


・・・・・・?



・・・・!!


ぅおお~~~えぇ~~~~!!


マズイの!

とってもマズイの!!!


変にしょっぱくなって分離したすっぱい牛乳。

私は思ったね!

「この短時間で腐れ牛乳を作り出す天才だっ!」

そこで「第1回にゃみの料理ショー」はドクターストップ。


さっ!それからしばらくして「第2回にゃみの料理ショー」が開催されました。

メニューは「アメリカンドック」

デパートの屋上や動物園・遊園地の軽食屋でしかお目にかかれない「チーズドック」と並ぶ人気の一品。

(デパートの屋上って微妙?今ないかしら?笑)

それが家で食べ放題できたらどんなに幸せだろうと思い一念発起。

その時点ではホットケーキやホットケーキの粉でドーナツなんかは作れるようになっていたので簡単だって思っちゃったのよね。

まずはフランクフルトに丸い割り箸をブスブスッ!

ココまでは順調(当たり前・笑)

次は衣作り。

ホットケーキの粉を牛乳と卵で溶き・・・

とココでまたしても事件発生!!

昔からお得意の目分量でやってしまったので衣がしゃぶしゃぶになってしまった。仕方がないので粉を足す・・・するとちょっとかたくなってしまったので牛乳を追加・・またしてもユルユル・・粉・・牛乳・・粉・・・

誰か止めてぇ~~~~~!!

目の前にはボウルに入りきらなくなって途中から大鍋に移されて、それでも溢れんばかりの衣。

そしてとうとうユルユルなのに粉がなくなってしまった。

それでもめげない私。

気にせず油を火にかけ、溶き粉にフランクフルトをどぼん。

まるで天ぷらであります。

本来はドーナツを作るみたいに手でこねても大丈夫な位にしておかなきゃいけなかったのよね・・なのに・・なのに・・・

イテテの勘違い。

もちろんツルんツルのフランクさんに溶き粉は上手くつかない。

次第に焦る私。

油の鍋のすぐ横に溶き粉を置いてフランクさんに粉をつけたら即投入することにした。

そう・・焦りすぎたの。

油が全然温まってないのに溶き粉ダラダラのフランクを投入してしまった。

想像できますか?

油ぎったフランクにデロデロの油まみれの衣がしなだれかかってる状態。やる気のカケラも感じられない料理。

ああ・・恐ろしい。

今思い出しても何かこみ上げてくる(笑)

そんな恐ろしい、とてもアメリカンでもドックでもない何者かが次々と出来上がる。

明らかに失敗です。

でも食べ物を粗末にしてはいけないと思い、食べる事にしました。

結果は・・・



人ってまずいモノとか嫌いなモノって自然に体が拒否するんですよね。
のどに入っていかないの。

でも吐き出す訳にもいかずにずっと口の中。

奇怪なアメリカンドックが口の中で渋滞。

しばらく味わってしまいまして、最後はとうとう逆流。

そうなるともう見るものイヤ!匂いもイヤ!何もかもイヤぁ~~!!
哀れなアメリカンドック・・

いえ・・もはや

ノメリタンモックな感じ

ヌモリハンナックでもあった

デロリアンムックかもしれない。


結局、親に見つかり無残な衣はさっさと脱がされてただの油ギッシュなフランクに戻りました。
もちろんそれも私は食べる事ができずに誰かのおやつになりました。

そして残された大量のホットケーキの元。

これはやっぱり普通にホットケーキになりましたが、やはり匂いが鼻についちゃって私は食べる事ができなかった。


飴離寒怒苦。

あえて私はこう書こう。


忘れたくても忘れられない失敗作達。


でもまぁ~失敗は成功の元って言いますからね。

揚げ物は自分でも褒めてあげたい程お上手になりました。
(仕事なんだから当たり前と言わないでぇ~笑)

今なら上手にできる・・かもね。チロリアンフック(もう別物・笑)

作ろうとは思わないけどさっ!ははは


もちろん大きくなってからも最近もよく失敗します。

失敗作を食べさせられる人はラッキーだと思います。

何故ならば成功は一種類だけど失敗は無限だからです。ぷっ


人は

人生も料理も時として冒険しなければいけないのだと私は思います。

だけど、遭難しないように気をつけましょう。

そして危ないと思ったら引き返すのも大事な事です。

でないと果てしない失敗の旅は生死に係わります。ぷっ・・



さ~て!今日はどんな冒険にでるかなぁ~~はははは
 
2007/05/08(火) 17:11:00

丸・マル・まる

5月5日(土)片瀬江ノ島 萬司郎丸 マルイカ AM6:30

一般的には大型連休も残りわずかの土曜日。
私的にはようやくもらえた唯一のお休み。

そしたら行くしかないでしょ~!!

釣りっ♪ 

本当はゴウゴウ・シュンシュン・ミユミユが集結するので、その小さき人たちをどこぞへ連れていくって予定になっていました。

そして提案した私。

え~のしまっ!チャラッチャ♪え~のしまっ!チャラッチャ♪

「どこに行っても混むからさぁ~江ノ島あたりがちょうどいいんじゃないかい?」

とよくわからない事を言い張り目的地を江ノ島に強引に決定。

「みんな起きるの遅いからさぁ~私は先に行って釣りでもしてるよ。」

とますますわからない事を勝手に告げ釣りに決定。

そして何を反論されても

「だって連休だもの。BYみつお。」

としか答えず。プックックック

そして出かけた片瀬江ノ島。

今回はアルちゃんは

「わたくし実家に帰らせていただきます。」

と三下り半を突きつけ帰省してしまいまして(嘘)

フグキチどんと2人で相模湾のマル様に会いに行きました。


しか~し!その道のりは困難でありました。

何故ならば前日は貝掘りの為に早起き!そのまま仕事に突入!そしていつもどおり深夜。

酔ってるから仕度もはかどらない。

そしてカッパのズボンを忘れた事に気づいた。あははは

短パンじゃあちょっと早いかな?と思ったのだけど、無い物ははけません。
でも実はカッパズボンは忘れたけど貝掘りの時に履いていったシャカシャカズボンがあったのよね・・長靴と一緒にしちゃってて気づかなかったんだわよ。たははは~

そして短パンに便所サンダルという一人だけ夏先取りなスタイル。ぷっ

もたもた仕度をして急いで寝たらすぐに出発の時間。
本当にネムネムのぼけぼけで出発した。

何度もフグキチどんに

「いつもこんな感じで行くの?」

と聞かれ

「あい!そうなり!」

と答える私。

そりゃあ自転車で2~3分で船宿に着いちゃうフグキティの環境とはあまりにも違いますからねぇ・・
それにしたって私らの場合はどこに行くにもこんなんだもの・・もう慣れました。

そして電車にのりのり・・

ふと見るとフグキティの顔が速水いまいち。ぷはははは!!


そうそう!今回は運が悪く(?)5月より6時半出船になったので電車で行くとギリッギリ!だったんです。

それでも船長さんに「絶対に行くから置いてけぼりにしないでくださいぃ~!」とメールをしておいたから安心はしていたものの、安心しすぎてお母ちゃんに連絡するのを忘れていた。

片瀬江ノ島の駅に着いて急いでコンビニでご飯を買ってサカサカと受付に行って

「おかあさ~~ん!来たよ~~!!」

と言うと不思議顔。

「あら!にゃみさん!まぁ!なに!どれ!」

そこで思いだしたのよ。
お母ちゃんに電話するの忘れた事に・・ははは

「マルイカっ!船長さんには連絡したんだけどお母ちゃんに電話忘れてた!」

するとあと10分程で出船時間なのでお母ちゃんも急いだ。

「はいはい!!じゃあコレ書いて!はい!急いで!ほい!行ってらっしゃいよ!」

そして押し出されるように受付を済ませバタバタと船に乗込んだ。

あちらこちらで知ってる顔がちらほら~
頭ぺこぺこしながら乗船。

ついでにあんまり急いで船に乗込んだので氷を忘れてしまった。あはは
着替えもしていない。

あたふたしてるともう出船。

なんともあわただしいったら・・・ほぅ・・

でもでも!気持ちがいい!!

少々不安だった風もそんなに気になるほどではなかった。
もちろん凪とは言えないけれど久しぶりの湘南の海にぶわぶわされるのは最高でした。

カメギ根に直行。

やっぱり波のせいか普段よりもちょいと時間がかかったかな?

その間にしっかりと朝の乾杯(笑)

そしてだんだんお船の音も変わってきた。
すると船団も見えてきて様子を見るも、あがってる感じじゃないのでちょっと不安でドキドキ・・

それでも第1投から失敗するわけには行かないのでしっかりとオモリを握って待った。

ドキドキ・・

ドキドキドキドキ・・・



「はいやって!!!」


おわ~~~~!!!

久々の気合の第一声。

ぴゅんぴゅんキレイに飛んでいくスッテちゃん。

もう本当にドキドキよ。

そして慎重に糸ふけをとってひと巻き。
さ~てミャンミャンミャンのお時間。

そうそう!私この前気づいたんだけど、シャカシャカしてる時は息止めてるの。力み過ぎかしらねぇ・・ふふふ
だから海の中でスッテが結わかれてしまうのかしらねぇ・・

口の中でさくらんぼの柄を結ぶよりも海の中でスッテを結わく方が難しいのにねぇ・・ふむふむ・・

さて!釣りです。
最初はあまりバタバタしないようにゆっくりめにシャカシャカ。
そしてピタッ!

するとぉ~~!!

ぬぅ~~ん!

やたっ!

なかなかの素敵サイズがお乗りあそばした。

船中第一号!!



だけどね・・

あのね・・

私がそんな変わった事をしでかすとロクな事がないんよぉ~

一抹の不安を感じながらも次に備えた。

その後フグキティもホタルイカ・・あっ間違った小さなムギイカをGET!(笑)

「この位が丸かじりで美味いんだ!」

と言い張ってました。ぷぷぷぷ

そして最初のポイントでフグキティがムギ2、私がマル1ムギ1GET。

その時までは思ってたの・・

これはひょっとするとひょっとするかぁ??へへへ

なんてね。

でもノリノリの反応だったのはそれだけで次からは試練試練のイカ釣りになってしまいました。

途中はお触りもなく(感じなかっただけかな?えへへ)
そんな時の悪いクセで誘い方がだんだん雑になってしまいました。

昼前辺りからイカ様もランチタイムに突入されたみたいなのですが、選り好みが激しくて

触ってはぽいっ!触ってぽいっ!

味見だけして捨てないでぇ~状態。

朝イチに乗せられなかった左となりのお客さんは後半になって数を伸ばしていた。

緑がいいみたいね・・。

私がノせたのは茶色っぽいのとエビちゃん。
このエビちゃんは前回も色違いだけど活躍してくれた子。
いいわよぉ~エビちゃん。

私思うのよね・・・

味見だけしに来るイカ様の場合は結構早くに仕掛けに寄ってきてるんじゃないか・・
だからシャカシャカピタッの本当に直後に触ってくるような気がするの。

鳩にエサをやるとツンツン食べに来るくせにこっちが手を出すと一歩飛び退る感じ。

ちゃんと抱きついて来るイカ様の時には様子を伺って一気にほりゃっ!って飛びつくみたいな感じがするの。
シャカシャカピタッからフンフンフン・・って数えた後にぬぅ~んって来るような・・

ほらっ!猫がお尻フリフリして獲物を狙うじゃない?それで一気に飛びつくでしょ?

そんなイメージがあるのよね。

だから結局どういうことかと言うと・・・


チョーむずかしい!


って事。あははは!

まぁだからといってね
鳩イカの場合にじぃ~~っと待ったらいつかは乗るか!?といったらそうじゃないんですよね。

そいつにヤる気を出させて抱かせるのがテク・・・ふっ・・

何の修行をしてるのかわからなくなってきたゾ(笑)


それから後はねぇ~バケツの中で泳いでるマルちゃんとムギ君を見ていて思ったんだけど、ムギはだらしなく足をばらばら~~って泳いでる。
マルちゃんはきっちり足をそろえてお行儀よく泳いでいる。
バレリーナの1番の足みたいになってる。

いつだったかどなたか(ご隠居さまだったかな?)がムギの引きは下品だと言った(ような言わないような・笑)のを思い出しました。

足をそろえているか否かでずいぶんと釣り味が違うんだなっとちょっと新たな発見でした。

お行儀がいいって事は・・


やっぱりどういう事かわからないのであります。あははは


ただ、バケツの壁をつんっって蹴って頭トーンとぶつけていたイカさん達を見てたら可愛くて可愛くて・・

はさみを持って襲わずにはいられませんでした。えへへ

でもまぁ、そんな事しなくても後々に足だけは何度か食べれちゃったんだけどね。うははは~


あ~う~難しいなぁ~~~

でも楽しいなぁ~~~



今回、気合のイカ船長さんが段々さみしそうな声になっていったのが何とも言えなくて・・


「反応あるんだけどな・・・。」

「反応あるんだけどな・・・。」

「反応あるんだけどな・・・。」


この「・・・。」には

「なんで乗らないの?」

「なんで乗せられないの?」

「なんでダイワハウスなの?」

が入ると思います。あははは


本当にお手手がついていかなくてゴメンなさいでした。

どこかしらお触りやら違和感やら感じることができる一日だったので、本当に上手な人ならもっともっと釣れたんだと思います。

でも釣れないけれども無反応ではなかったので色々と考えさせられて充実の一日になりました。

生体反応をまったく感じられないと切ないもんね。

それからここ3回のマル様釣りでずいぶんと仕掛け扱いに慣れました。
これでまた時間があくと逆行しちゃうんですけどね。ははは

その日の船の釣果は1~8

私は4名様でフグキティが8名。ぷっ・・竿頭。


さ~て!萬司郎丸さんではマルさんは一時お休みでムギスルメになるようです。
あのプラズノと電動でワシャワシャってのもまた楽しいやね・・

そしてトラブルはもっと多し・・であります。


最後に・・・

今回のトラブルは竿を持ち上げたら竿かけが竿にくっついて来た事です。うまく引っかかってくれていたので落っこちなかったけどおどろいたぁ~あはは

後は投入を急いだために竿を持たずにオモリをぶん投げちゃった事です。ズリズリッって竿が海に向かって進んだ時には思わず息が止まりました。

まぁ。大したことではありませんよ。ぷはははは!!

 
2007/05/07(月) 16:54:44

たくさんの上田。

5月4日の新みどりの日。

「五月みどり」の日か?ぷ・・・ぷははは!!

そんな種があるって知ってました?(今はないのかな?)

確か、ほうれん草の種が「さつきみどり」で小松菜の種が「こまつみどり」ってのがあったんだけどね・・

はぁ~種の話なんかはどぉでもいいですね。

さてっ!今年も行ってまいりました。でっかい貝掘り♪

今回は私の潮見がおかしくて直前に日程を変更してしまい、せっかく楽しみにしていた方々を置き去りにしてしまったおバカ干狩り。

でもでも!6月の中ごろまでは余裕で採れるのでまた行きますよ。


ふくさんとうーさんのご夫婦、にゃみ両親とアルの介とゴウゴウとフグキティ、そしてにゃみ丸のお客さんの総勢11名。

一台に乗り切れないので私とフグキティはふくさん車に乗せていただき、早朝に出発♪

のんきな私は9時頃出ますかぁ~?なんて行ってたんですが、いろいろと調べてくださったふくさんうーさんのごもっともな意見のおかげで早く出発してスイスイに到着できました。

ほんに4日は良い天気。

引けるまではのんびりと酒盛り。

まだ人もまばらで首のほっそいサギなんかが小魚を食べてる姿を見たり、ボラボラがピチョンと跳ねる姿を見たりして、本当にのどかな海の景色。

すると、貝掘りプロ集団が続々と登場。仰々しい支度をしてまだ引けてない海に次々と入り込んでいった。

その名も「上田さん」

上田さん達はまず道具が違う。

上田を着込み、長い柄のカイマキなる道具を持ち、水が引けてなくても大丈夫なように子供用プールやボートなんかを独自に改良して持っている。
中には水陸両用車みたいなのを作って持っている人もいた。

そのポイントを教えてくれた人らによるとちょっと遠くまで行った方がより採れるらしいのだけど、上田さんじゃないとちょっと厳しい。

そうやって上田さん達が次々と水に入っていく様を見つめながら酒盛り。本当にいい気持ちでした。


ただ、今回は何故か潮の引きが悪かったんですよねぇ・・・
なかなかいつものように引かなくていつまでもジャブジャブでした。

3時間ほどぼけぼけして、ふと有料の会場の方を見ると・・・

おおっ!いるわいるわっ!
ものすごいヒトデ・・いや人出!

夏の海水浴場だってこんなにいないでしょう。
開場になった瞬間の壮絶な民族大移動。

「これじゃあTV局も来るわな・・。」

と思いました。

そしてぷぅ~~んといい匂い。

肉の焼けるいい匂い。

BBQ軍団です。

アルちゃんはヨダレをたらして「肉肉!」騒いでました。
本当にアルちゃんじゃなくてもヨダレが出るよねぇ・・

さて・・あまりにも気分よく飲んじゃったけれど、このまま堤防に溶け込むのもどうかと思い、あまり気に入った引き具合ではないのだけどぽちぽち始めようかと支度して堤防から降りてみました。

私は黒いボロ長靴を履いていたので日光に当たって超アチチ。
水に入ってようやくひと心地つきましたよ。

適当に手前の方からホジホジしようと始める前に、うちの貝掘りルールを再度説明しました。

その名も
「なんでダイワハウスなんだ?」法。

掘っていて一ヶ所で2個以上見つけたら友人をお招きできるのです。
そしてみんなでくまなく掘りまくる。

それぞれ掘るクセが違いますから何人かで掘ると最初の人が見つけられなかった貝を他の人が見つける事ができたりする。
そして潮が引ききっていないので掘っても見逃してしまう事がある。
それを後から行く事によって浮いて出てきた貝を見つける事ができるのです。

そんな友人をお招きするのが嬉しいのですが、今回はあまり招いたり招かれたりできませんでした。


さて、貝掘り開始。
母ちゃんを始めアルちゃんとうーさんは潮の引けている際から開始して、本当にアサリを採っていました。

まず、それもおかしかったのよね・・

いつもは大物無料会場には本アサリはいないのだけど、今回はよく採れた。環境ってやっぱり変わるのね・・

そして私とふくさん、フグキティはジャボジャボと水の中に入り大物掘り開始。

ホジホジしてるとキリリッ!

これがホンビノスさんのアタリ(?)であります。

まず見つけたのはフグキティだった。

それまで、ちょっとバカにしていたらしいのですが、一個見つければこれはとても楽しい。興奮して友人をお招きしてくださいました。

そしてふくさんと私は招待をうけてその場へ・・

ゴロリゴロリとふくさんも見つけた様子。

とりあえずはホッとしました。

ホンビノスさんを見つける喜びは普通のアサリの10個分以上の喜びであります。

ただ、貝掘りは体勢がキツイの。

やっぱり上田を着てペタンと座り込んで掘るか、簡単なイスかなんかを持っていってやらないと腰がギシギシ言い始める。

そして今回はまったり時間が長くて少々液体を摂取しすぎたおかげで、調子が良くなるとトイレに行きたくなるという悪循環。

これまたトイレまでの道のりが遠いのなんのって・・
行って帰ってくるのに余裕で10分以上かかってしまう。

視界をさえぎるモノがないのですぐそばに見えても、ああいう所は広いんですよね。かなりの距離なんだろうねぇ・・・

それから今回やっぱり感心したのは

「釣り師は収穫がお好き♪」

って事です。

ほとんど酔っ払ってて適当にホジホジして落とし穴のみを作り続ける私とは違って、ふくさんもうーさんも本当にマジメにホジホジしていました。アンド素晴らしい連携プレー!

うーさんが際で普通のアサリやら小物を担当し、ふくさんは大物狙い。

最後に釣果(?)を聞いてみると結構いろいろと採れたみたいで良かったです。

やっぱりコツコツやるのが一番ですね。

私はお招きされるばかりで今回はロクな成果がありませんでした。
ラストだけちょちょちょっとゴロリん採れただけ・・あはは

でもまた行きますよ。

今度は座りごこちを重視して参ろうかと思います。


さてさて!!
お味の方ですが・・・

まずは酒蒸し風に作ってみました。

これはこれで美味しいの。調理も簡単だしね♪

でも、その後の焼いたのを食べてウッハァ~~でした。

貝は焼けた方から開いちゃうでしょ?下から焼くと汁がいなくなってしまう。でもうちの焼き台は上からの火なので貝が口開けて汁がこぼれちゃったぁ~って事はないんです。

そしてパチンパチンと貝殻が跳ねる音を聞きながらじっくり焼いて、しょう油と酒のタレを注入。

するとどうでしょう!!

酒蒸しにしてしまうと汁に味が染み出ちゃうけれど、焼いたのは味が濃~~い♪

本当に美味しかった。

今年も無事に食べる事ができてよかったワイ♪

ちょいとバカにしていたフグキティも掘って楽しみ食べて喜んでくれたのでよござんした。

たくさんたくさん採れちゃった時には玉ねぎとトマトとバジルなんかのソースで洋風なお味を楽しむのも私は好きです。


今回はばっちり大潮と連休がぶつかってしまい、とにかく人がわんさかっ!帰り道はやはり混み混みになっちゃって湾岸道路に出るまで大変でした。

貝も掘られちゃったかなぁ?なんて・・

普段はあんなじゃないのでまたご一緒しましょう♪

船の上のぷかぷかも楽しいですけど、たまには陸でぷかぷかもいいですよね。
ふくさんうーさんと共に色んな話をしながらの干潮待ちはとても楽しかったです。

もちろん車の中でも・・ぷふふっ


時化で船が出られなくなった時に大潮だったら難民にならずに貝に直行もいいかもしれないね。


竿持った掘り師。



でも竿で掘ってはいけませんよ。



竿で掘っていいのは別の貝ですよ。



貝と具・・・ちょっと似てるね。




バカ言ってないで早く連休ボケから脱出しないと・・


 
2007/05/05(土) 13:58:01

始めのいきおい

20070505135800.jpg


どこへやら~

おさわりパブで抱いてくれる客をゲットできないへっぽこホステスに終始徹しました。

マル・ムギ2ずつの4名様。

修行がたりませんね。カッカッカ!
 
2007/05/05(土) 08:02:05

お顔拝見♪

20070505080205
いいね♪

楽しいね♪
 
2007/05/04(金) 08:36:15

もう少し

20070504083615.jpg



もう少しの辛抱。

でも、もういい気分
 
2007/05/04(金) 02:28:43

そんな場合じゃ…

20070504022842
大好きおバカ番組『ダイバスター』

前は土曜日にやってたの。

だから釣りに行く前につい見ちゃって寝れないの…

実は寝られない理由はコイツの仕業でした(笑)

だからって今また見てたらマズイんじゃないかな?へへ
 
2007/05/03(木) 16:18:24

船は愛よ!

明日はう~さん・ふくさんとにゃみ丸の面々と貝掘りであります。
そして明後日は久しぶりの江ノ島。ドキドキドキドキ

なので今日のうちに色んな支度をしておこうと考えながら寝ていたら目が冴えてしまって超早起き。

ぽやぽや~っとしていたら11時位になってから眠くなった。

変な睡眠は頭をダメにしますね。

今日はとっても良いお天気♪
釣り人達は海の上で一喜一憂している事でしょう。


あぁ・・それにしてもどうしてなのでしょうか・・
最近は色んな所に釣りに行くようになったので忘れていたのですけど
萬司郎丸さんに行く前は必ず心臓がキュッってなる。
そしてドキドキドキドキしてしまう。

そう・・思えば私は最近だらけていた。

自分で昨日書いたのを読み返していて恥ずかしくなった。

もう少し私ってしっかり者じゃなかったか?
そしてもう少し自分の事は自分でできていなかったか?

釣りに関して世間知らずだった私は萬司郎丸さんの方々に時に優しく、時に厳しく鍛えられていたおかげで、超スローながらも一歩一歩前進していたのよね。

胴の間に座り、背後で船長さんのため息を聞きながら、アセアセして釣っていた日々。

人が珍しくマジメに釣っていると集中力を散らすような言葉を投げかけられでもめげなかった日々。

怒られるぅ~とビクビクして頭真っ白で釣っていた日々。

(一体どんな釣りしてたんだ?私・笑)

そう・・



あはは


最近の私には愛が足りなかった。

少し話は脱線しますが、うちのお客さんで1級船舶の免許を持っていて少々性格のゆがんだ人がいる。
その人がアホな夢物語を語る度に腹の底からムカムカしてくる。

「船買ったら釣りまくりだな!そしたらお前達は毎週船出せって言うんだろうな!がははは!」

絶対に言わない!!

絶対に乗らない!!!

絶対に買えない!!!!!!


そして私は思うのです。

「船長さんの事を信頼できなければ船には乗らない!」


釣り人が魚を釣りたいのは当たり前。
でも船長さんだって釣らせたい気持ちでいっぱい。

だから「釣れたよぉ~!」って報告した時の「やったね~!」の
にこぉ~~っとした笑顔を見るとダブルで嬉しくなる。

逆にすまなそうにしている船長さんを見ると申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

私が不甲斐ないばかりに・・・およよ・・

となる。

船の上の連帯感が私は好きなんだろうな。

だから先述のお客さんが船を買ったとしても絶対に乗りたくない。

それどころか

おめぇ~よぉ~~!!考えがあめぇんだよぉ~~~!
世の船長さん達がいかに苦労してポイント探したり反応追っかけてるかまるっきりわかっちゃいねぇ!


お前に食わす愛はねぇ!!


ふがふがふががっ!!

と心の中でつい叫んでしまうのです。

まぁ、じゃあお前は船長さん達の苦労をわかるのか?と言われたら爪の先ほどしかわかってないと思いますが・・てへへ


そしてやっぱり私も愛が足りなかった。

最近は色んなお船で楽しんでいたけれど、船長さん達に愛を感じていたかというと・・・答えはNOだった気がする。

船長さんの為にもうひとふんばりっ!てのが欠けていたように思う。

これが、だらけていたと自分で思う要因ではないかしら?

もちろん、ここまで書いてきた事は私自身の思う事であって、私が愛を感じたところで船長さんは知らぬ存ぜぬかもしれない(笑)

いや・・完璧に自己陶酔の世界です。あはは

それどころか大ポカを何度もしでかす私に愛どころか憎悪を感じているかもしれない。とほほほ

まぁ、こんな考え方もたまには楽しいかも・・程度に思ってくだされば幸いですよ。ぷはは


明後日、原点に戻ってきます。

そして次からはどこに出かけてもあふれる愛で釣ろう!

どこに出しても恥ずかしくない子目指して!!



道は遠し・・・(こればっか・笑)



そして今気づきました
どうしてドキドキしちゃうのか・・


これは愛じゃないです。


よそに修行に出かけてきてもいっこうに進歩がない私。
でもちょっとはいい所を見せたいなぁ・・と気負ってるからです。

こうして私はまたありえない失敗をするのです。


ドキドキ・・
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。