にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/09/30(土) 16:20:02

あるバイト。2

今日は前にちょこっと話した動物園でアルバイトした時の事ね。

あそこはこっぱずかしいノリの人がたくさんいた。

一応言っておきますが、
動物園でバイトと言っても動物を触れ合う事などある訳もなく、ただの売店の売り子さんですよん。

まず面接で合格した後にミーティングと称した新人振り分けの会に
出なくてはいけなかった。
大勢のアルバイトさんが居並ぶ大部屋に連れて行かれ、みんなの前に一列に並ばされた。

まるで品評会だ。
私はその時すでに後悔していた。

そして始まるはないちもんめ

あの子~がほしい♪あの子~じゃわからん♪相談しよ~♪そ~しよ~♪

と歌ったかどうかは定かじゃないが、次々と人買いに連れて行かれる新人さん。

点在する売店がそれぞれ独立していまして、
やれパンダ売店、猿売店、ゾウ売店にトラ売店にワニ売店(そんなのあったかな?笑)
ま、とにかく各売店に振り分けられていくのです。

連れて行かれた売店では新人を囲んで歓迎の歓声があがる。
アルバイトの人全員がディズニーランドのシンデレラ城の案内役みたいなテンションだった。
ますます私は後悔した。

振り分けが終わった後は何故かビンゴ大会。
商品はパンダの絵がついたタオルとか鉛筆とかぬいぐるみ。
私はタオルをもらった。

そしてその後は各売店のチーフに連れられて着替える場所やらタイムカードの場所を教えてもらった。

私が買われて行った売店はゴマフアザラシの池と鳥がいる建物の間の売店だった。

あっ!そうだ!
今は全然違うからね~売店の種類も、配置も・・多分アルバイトさんのシステムも違ってると思う。

パンダ売店さんに比べて平和な売店だったが、見て回って来てちょうどひと休みしたくなるような場所だったので、そこそこ忙しかったのかな?

売店に並んでいる商品はぬいぐるみや動物グッズ(絵葉書やらパズルやら文房具、タオルにハンカチ・・そんなモン)
それからとうもろこしとかおでんとかフランクフルト。そして飲み物。
食べ物系はみんなお湯であっためて出せばいいだけのモノ。

その方が私としては楽だったのだが、それはベテランさんの仕事。

我ら新人はまず、山のように並んだ商品の値段を全て覚える事から始めなきゃいけなかった。

覚えるまでは毎日居残りでテストを受けなきゃいけなかった。

「絵合わせパズル大!」
「650円!」
「動物カード!」
「300円!」
「トントンのバスタオル!」
「8・・7・・え~と・・」
「はい!失格!また明日残りなさいね!」

ガーーーーン

まあ、残った分も時給になるからいいんだけどさっ!
そんなに全部覚えなきゃいけないものかと腹が立ってきた。

だけど、いい面もたくさんあったのよ。
休憩時間には動物園見まくりだぜ!ふわっはっはっは!
と言っても売店の周りだけ・・あんまり遠くに行くと帰って来れなくなるから(笑)

私のお気に入りはゴマフアザラシさん達でした。
あいつら耳のない犬みたいなのよ。
毎日声をかけていたら寄ってくるようになった。
もちろんエサはあげられないのだが
「ゴマきち!ゴマこ!ゴマたろう!ゴマぞう!ゴマえ!」
適当に呼ぶとヤツラも適当に来る。

鼻の穴プカプカ開けたりしめたりして可愛かったなぁ~

とても癒されました。

アルバイトも段々慣れていき、飲食系の方もやるようになってきたのだが、どうしても馴染めなかったのは月に一度だかの集まりだった。
そう!人買いミーティング(笑)
普段、別々の売店にいるから交流会はみんな楽しみにしているようだったのだが、私は何だかんだ理由をつけて欠席した。

どうしてもあのノリはきつかった。

巨大な合コンのようだった。

「俺!○○売店!君は?」
「はぁ・・△△で・・。」
「高校生?俺○○大!今度文化祭来ない?」
「はぁ・・そうですね。」
「どこ住んでんの?」
「はぁ・・どこでしょう・・。」
「休憩の時に行っちゃおうかな?」

「はぁ・・どうぞ。」

女もうるさいが男もうるさいもんだなぁ・・(笑)
しかし女もやはりうるさい。

相手にしないでいると
「はは~ん!さてはいい人がいるなぁ~?」
「理想が高すぎるんじゃないのぉ?」
「そんな態度だと可愛くないぞぉ~!」


相手をしたらしたで
「○○クンはああやってみんなに声かけてるのよ~気をつけてね。」
「彼みたいな人が好みなんだ?」
「いつからそんな関係に?」


大きなお世話である。

なので、交流会には出ない事にした。
交流会よりも守衛のおじさんとお茶飲んでる方が楽しかった。
おせんべくれたしね♪

交流会さえ出なきゃ何とか楽しいアルバイト♪

でもある時、帰り道が一緒になってしまった男の人がいた。
声をかけられてチョコっと話したら方向が同じだというので仕方なく一緒に電車に乗っていると、その人はとても熱く動物園でのバイトについて語りまくった。もの凄い勢いで!
短時間でその人の人生観まで聞かされてしまった!
そして1人で盛り上がるだけ盛り上がって先に降りて行った。
降りてからも元気いっぱい手を振り、大声でお疲れ様と言い、周りの注目を集めるだけ集め走り去った。

残された私の立場は???

その時、私はバイトをやめようと思った。

動物園の売店にそんなに熱い気持ちは持ってないし、ゴマさん達に会えなくなるのは寂しいがいつだって好きに行けばいい。

動物園でバイトっていうネタはもう充分味わったので思い残す事はなかった。

あまりにノリノリな人達に囲まれているとススゥーっと冷めてしまう自分を発見できた瞬間です。
自分で熱くなるのはいいんだけどね(自分勝手です)

今の動物園はあの当時よりもキレイで見やすいし、売店も食べ物の種類もものすごく増えた。
連休とかだとものすごく混むけど、普通の日曜日だったら余裕で見て歩けますよ。広いからね。

明日は都民の日だからタダじゃないかな?違ったらゴメン。
まぁ、釣り師にそんな事言ってもムダね(笑)

それでももしチャンスがありましたら
耳のない犬ゴマさんに会いに行ってあげてくださいな♪
可愛いですよん♪
スポンサーサイト
 
2006/09/29(金) 15:38:41

どきどき

いつも何かというとドキドキと緊張してしまう私を見てアルちゃんが面白い話をしてくれた。

生き物は20億回(だったっけ?)心臓を打つと死ぬんだって
だからあんまりドキドキしてると早死にするよって

小さい生き物が早く死ぬのはドキドキの速度がいつも早いから
大きい生き物が長生きするのはドキドキの速度が遅いから
回数はほとんど同じでも速度が違うから寿命も違う。

マラソンの高橋尚子なんて一分間に2~30しか打たないのよ!走った直後でもそんなモンだって!すごい心臓だね。ゾウ並だ(スミマセン)
どれだけ長生きするんだろう?(笑)

小さい犬はいつもドキドキビクビクしてるしね。

昔、猫を飼っていた時に熟睡してるヤツを枕に寝たりした。
あの猫のゴロゴロって音が好きなのでね~♪
だけど、よく寝てるのにバカに早くドキドキしてるのを聞いていたらこっちがドキドキしてしまった事があった。
あれが普通だったのね、猫だから・・ヤツは14年位生きてくれた。

それから釣りの前の日とかにドキドキしすぎて自分の心臓の音にびっくりして起きる事がある。
本当に聞こえてるんじゃないけど、うまい具合に布団から枕から振動が伝わって聞こえてくる感じ。
でもそれを聞いているとまた眠れてしまう。ふふ

ただね、健康診断とかの時に心電図ってのとるでしょ?
あれが困るんですよね~

冷たいのポツポツくっつけられて、それだけでもビクッ!ドキッ!
そして穏やかに~心静かに~って思えば思うほど、妙な想像(検査中に何考えてるんだ?笑)しちゃってドキドキしてしまう。そして
「落ち着いて下さいね?」
なんて言われると余計に可笑しくなってしまって心臓がバクバク言っちゃう。

息を止めてみたら息苦しく余計にドキドキ。
深呼吸したらむせかえりドキドキ。

仕方がないので診察室の天井のポツポツでも数えてみるかと上を向いて落ち着こうとしたら、隣りで看護師さんが尿をこぼした。

もうダメだ・・・。

見ないように見ないように・・もう何も見るもんか!

目をつぶりもう何も考えないぞ!
静かに静かに穏やかに・・と羊を数え始めた・・
と!そこでまた可笑しくなってしまった。

なんで羊なんか数えてるんだよぉー!!

もうドキドキバクバクメチャクチャだ。

そしてお医者さんはそんな心電図を軽く見て

「異常ありません。」

・・・・あっそう。ならいいけどね。

でも笑っちゃいけない時ほど笑えるんだよね・・

ある人の深刻な話を聞いていた時だった。
懸命に話すその人の横で私はただ相槌を打つしかなくじっと話を聞いていた。
そしてふと目にしてしまった鼻毛。
鼻毛くらいじゃビクともしない私だが、ある事に気づいてしまった。
その人が興奮して話すと鼻毛も元気に揺れる。
その人が静かになると鼻毛も落ち着く。

ぶ・・分身?

私は鼻毛の動きが気になって、とうとう話がよくわからなくなってしまった。

心を落ち着けようと静かに呼吸を整えて私は羊を数えた。
イヤ・・正確には鼻毛を数えた。

鼻毛が1匹、鼻毛が2匹、鼻毛が3匹・・・・

どうして私は自分で自分の首を絞めるような事を何でしてしまうんだろう。
おかしくておかしくて仕方がない。
殺すなら殺して~!って思った位。
だけど必死で我慢した。

そうしているうちに涙が出てきた。

幸い、その人は笑いの我慢の涙だとはわからずに
「そこまで深刻じゃないから。」
と話をやめてくれた。鼻毛ももう普通の鼻毛になっていた。

私はホッと胸をなでおろしました。

こんな風に笑ったり興奮したり緊張して人一倍ドキドキしつづけてると寿命が縮まっちゃうのかしら?
まぁいいや・・あと10億回くらいは残ってるでしょ?フフフ

あっ!そうそう!
指をケガしたりするとそこがドキドキしません?ミニ心臓。

 
2006/09/28(木) 16:22:04

ぼんぼや~り

今日は良い天気♪

こんな日にパソコンに向かってるのはどうかと思うがその辺は気にしない。気にしないのだが天気が良すぎて頭が空っぽです。

あ~こんな時は海の上にいたいものだ。

海のそばっていいなぁ~

昔から海は好きだけど、今となってはある意味中毒。
TVで海を見ても胸がしめ付けられる。
うう・・息苦しい。

ところで!
私は昔は自分が結構器用な人間だと思っていた。
でも年々バカで不器用になっていく。

子供返り現象?逆行??退行?

自分のアルバムを見るとね、小さい時の方が大人みたいな顔してんのよ。それが段々アホ面になってきてる。ブブ

自分の昔の写真を見ては

「およ!頭良さそうな顔しちゃって~!」
「なんだ!この色っぽい顔は!」
「う~ん。大人だなぁ~。」


と思うわけです。

私は幼稚園の頃に青江三奈って言われたくらいですからね(笑)色っぽかったんですよ。アハハハ

それが何故?年々アホになっていくんだろう??
酒のせいか?釣りのせいか?野生に近づいてきたのか?(笑)

まぁ、長年少しずつ着こんでいった鎧を段々剥ぎ取っているって感覚はあります。
ただ、剥ぎ取りすぎてアホに~オホホホホホ

私ね~思うのよ。
幸せって自分で感じるものだって・・

いきなり何を言うんだ?プークックック

でも何か今ね~幸せなんだよね~

おバカな私が可愛くて仕方ないっての?(自画自賛)

こんなにのんびりした生活を送らせてもらって、言いたい事言って、やりたい事やって、食べたい物食べて、飲みたいもの飲んで・・
仕事させてもらう場所もあるしさ~健康だしさ~大好きな人達に囲まれてさ~

そりゃあ、困った事やらイヤな事はあるけどね。
そんなの何とかなるもんさっ!そういう時の私は強いのさっ!

だからおバカに暮らせる毎日が幸せでたまらない。

はっ!ぼんやりとパソコンに向かってるうちにまた夕方に・・
いくら幸せだからってちょっと怠けすぎだぁああ!

だからアホになっていくんだ!ひゃああああああああ
 
2006/09/27(水) 16:27:13

涙もろい

私はすぐに泣いてしまう。

オリンピックとか見てて泣く。
「うわ~がんばったねぇ~!」
映画やドラマを見ても泣く。
「ザワワってなんだよぉ~!」
時にはマンガを読んでも泣いた。
「コーチ!死なないで~!」

もらい泣きなんてしょっちゅうだし、腹が立っても泣くし、酒を飲んでても泣くし、煙が目にしみても泣く。

そして何気ない事でも何やら泣けてくる事がある。

先日の墓参りの時だった。
いつものようにお寺に行き、水を入れた桶とブラシそれからお花とお線香を持って墓の前。
暑くて可哀想な程に乾いた墓に水をかけると何だかゴクゴクと飲んでるみたい。
シャカシャカ墓を磨いて花を飾り、お線香を供えていると、5歳位の男の子を連れた親子が少し離れたお墓に来た。

私達は特に気にせずに墓の前で手を合わせようとしたその時!

「おばーちゃん!こんにちわ!」

人気の少ない墓場でその澄んだ声が響いた。

「こんにちわ!!おばーーちゃん!」

私と母は同時に合わせようとしていた手を止めて顔を見合わせた。

その子はその後もこんにちわを連呼した。

「何かヤバイ。」
私が言うと母も
「うん・・なんだかねぇ・・。」

ぐ~っと何かがこみ上げてきてしまったのよ。

「う・・ダメだ。泣いちゃう。」
と言って母を見ると母も目をこすってる。
それを見てまた泣けた。
泣けたけど笑えた。こうなったら涙が止まらない。

2人して泣けるやら笑えるやらで墓の前で手を合わせながら墓に入ってる人達全員にこんにちわと言った。
自分らで言った事にまた泣けてしまって、もうグジャグジャ(笑)

そうしたら墓に入ってるみんながバカ親子と笑ってる声が聞こえたような気がした。

私達は墓参りは必ず行くし、ちゃんとご供養してる方だと思っていた。
でもね、お参りはした事があってもご挨拶した事がなかったのよね。

どこのどなたか知らないけど、きっとその孫はばあちゃんが大好きだったのね。
お墓に向かって一生懸命にこんにちわを言ってる姿が本当に微笑ましかった。

大切な事を思い出させてくれてアリガトウね。
おかげでご先祖達と気持ちがつながったような感覚が味わえました。

そんなこんなでバカみたいだけど本当によく泣いちゃうんですよ。

オリンピックの特に柔道なんかは(普段見ないのに)いい塩梅で泣ける種目だ。
テレビの前で正座をして応援して、勝つと嬉しくなって泣いてしまう。
「よくやった!よくやったねぇ~!うううう。」
営業中でもお客さんを放ったらかしにしてテレビを見て泣いている。
まぁ、近づくと投げられちゃうからってみんなそっとしてくれるけどね(笑)

映画やドラマを見ても泣くのだけど、昔は泣いたら恥ずかしいと思って足をつねったり息を止めたりして我慢していたのだけど、最近は号泣する。周りが大笑いする位に泣いてしまう。

でも、そういう風に泣いた後は気持ちがいい。
悪いものが目から全部出てしまったような爽快感だ!
ストレスが溜まったら釣りに行くか泣く事にしている位です。

悲しい涙や悔しい涙はイヤだけど、感動の涙は気持ちのいいモノ♪

もし、泣きたい人がいたら私の元へお越し下さい。
存分に泣かせてあげますから(意味違う?)

人それぞれ泣き所は違うと思いますが、子供に戻ったようにたまには号泣してみるのもいいのでは?

あっ!そうそう!
泣いた後に顔が腫れないようにするには目をこすらない事。
流れる涙をそのままにしておく事が大事です。
こすると腫れちゃうよ。お目目

そういえば、自分で変な唄を口ずさむと涙出ません??
 
2006/09/26(火) 16:52:26

アルちゃん

私がアルちゃんと出会ったのは3年前の夏でした。
うちのお店のアルバイトに面接に来てくれたのが最初です。

アルちゃんの話をする前にうちの面接の話を少々。

店のアルバイトさんの面接は基本的に私が担当。
と言ってもいつも直感(笑)
店に入った瞬間に見て決めちゃうの。

面接の手順はいつも一緒。

店に来てもらって履歴書を読む(フリをする)
だって、後でゆっくり読めばいいんだもん。

それから聞く事はいつも大体同じ。

1・お酒は飲めますか?
2・人と話すのは好きですか?
3・よくココで働いてみようと思ったね。

こんな感じ。
そうやって話しているうちにイケそうかそうでないかわかる。

でも要注意ポイントが1つある。
ヤル気のあるヤツはダメなの。うちの場合。

「私かなり飲めます!話も好き!おじさま達とよく飲みに行くから慣れてます!」

なんてのはNG!!

日に日に元気がなくなり尻つぼみになってパァ!消えます。

「飲むのは好きです。会話も苦手じゃないですね。でもどうなんですかねぇ・・大丈夫でしょうか?」

位の方が長続きする。

そして面接の二次会!ココが本当のポイント。

私が気に入ればその日のうちに時間があれば飲んでいってもらう。
店の様子もわかるし、その子の様子もわかる。

今までに私の直感が間違ってた事はほとんどない!
これは自慢です

そんな難関(?)を突破して働いてくれるようになったアルちゃん。
すぐにみんなと馴染み、今ではなくてはならない存在になりました。
でも、しばらくは猫かぶってたかな?ププ

しかしある時、ちょっと酔ったアルちゃんが私と母にキレた(笑)

「みんなママやにゃみさんが好きなんですよ!私が一生懸命しゃべっててもみんなにゃみさんの事見てるし!ママがしゃべると私の話聞いてくれないし!」

私達は大笑いしてしまった。
こんなんでキレられるのは初めてだったからね。

アルちゃんはお客さんにもキレた。

「話を聞け~い!」

そこら辺からはじけて来たかしらね?アハハ

でもね、涙もろくて面倒見が良くて責任感が強くて可愛いヤツなんです。
信じられない位に飾らなくて素直で頭の回転が早いアルちゃん。

根がマジメだから面白いんですよ。
いつでもムキになる。ハハハ

そして、去年の9月に初めて一緒に釣りに行くようになり、私も良い連れができたと休みの度にあちらこちらと連れまわしてます。
いや・・本当は連れて行ってもらってるんだな・・
どこに行っても誰と会ってもマイペースなアルちゃんに実はかなり人見知りな私は助けられてるのです。

それからアルちゃんは大の犬好き!!
ハンドルネームは飼ってる犬の名前です。

アルコールのアルちゃん(笑)

アル中でもアルツハイマーでもありませんよ。アハ

一緒に出かけていて犬を見ると飛んで行きます!
そして犬の種類を当ててピンポーン!と喜んでます。
ムツゴローさんのように犬にからまっていきます。
それだけ犬が好き。
いつも何故か犬図鑑を持ち歩いて犬の勉強をしているんですよ。
最近は釣れる魚図鑑も持ってます。

最近の決まり文句は

「私ゃ金はあるんだよ!」

泥棒に入られたり、バッグを落としたり、めがねを忘れてきたり、自転車盗まれたり、宅急便で自宅のカギを送っちゃって家に入れなかったり、よく転んだりと面白ネタには事欠かないアルちゃんですが、
もう1人の10年選手のKちゃんと共にわがままなにゃみ親子を支えてくれる頼もしい人です。ありがとうね♪

それからアルちゃんはブログの大先輩なの。
ただ、忙しくてコメントが返せないのでコメントは受け付けてないの。
淡々とした切り口で書いたアルちゃんワールドを是非ご堪能下さいな♪
また違ったアルちゃんが見えてくるかも・・・(笑)


あしたのために キャバリアalu's room



 
2006/09/25(月) 16:33:40

葛藤不愚詳細。

9月23日(土) 鶴見 富士丸 AM7:00 フグ

ほえ~いよいよ行ってきてしまいました。

禁断のフグ釣り!

幹事&主催のあめちゃん!しゅうさん!お疲れ様♪

さて!当日はいつものように酩酊状態。
夜中の1時頃に何とか店を閉め、準備を始めた。
とは言え、1つの荷物をしまうのに1時間。竿を出してくるのに(目の前にあったんだけど)1時間。
ぼやら~ってしてるうちに時は出発時刻に・・

そうそう!金曜日は出勤じゃなかったアルちゃんと連絡が取れない。
行方不明になってしまった。

そういえば、とても不安がっていたし・・緊張に耐えられずに逃亡??
と思ったら昼の会社の社長達にとっつかまってスナック巡り。
アルちゃんの家の近くまで行ったら道路で寝てた。

まぁ、とにかく連絡が取れて良かったよ。

酒臭い女2人はまずはコンビニで飲飲飲飲食モノを購入。
タクシーで駅まで行き、電車に乗り込むといつもとは違った風景。

そうか・・土曜日だし、時間が少し遅いからね~

そして見慣れない駅で乗り換え見慣れない電車に乗り込むと、笑える駅浅野に到着。

何?あの駅(笑)ドキドキしちゃったよ。

ヘロヘロゴロゴロ歩いていくと富士丸さんの前にはもう人だかり。
え~と・・メンバーは誰さんと誰さんと誰さんだっけ??????
ヤバイ、頭が動かない。

「おはにょ~ごぜ~ま~す~。」

みなさん、秋の仕度でお出迎えしてくれた。
私らは短パンにビーサン。
間違っちゃった??もう夏は終わってるの??

さて!着いたからには仕度!だけど、まずはハル父さんとはるちゃんに釣り方を聞かなきゃ!!
はるちゃんは私の描いたエビオモリを見て
「フグはオモリ食べないよ。」
あ・・それはそうですね・・。

その後はるちゃんの夏休みフグレポートを読ませてもらい、アルちゃんとフグについてお勉強。
ハルちゃんはカットウの上に食わせ針をつけてやると言っていたので、私もマネっ子してやる事にした。

そして女将さんに仕掛けくださ~い!って言ったら
「お酒?」
と言われアルちゃんと苦笑い。何でバレたの?

さ~て!その後はドキドキのくじ引き!!!
私は1人でも何とかなるけど、アルちゃんを1人にするのは心配で仕方がなかった。(色んな意味で・・笑)

すると私は①アルちゃんは⑮
「私達って引きが弱いね・・。さよおならにゃみさん。」
「いや!でも折り返してきて背中合わせって事も・・ないか・・バイバイアルちゃん。」
と語っていたらまさに背中合わせ。それも大トモ!
「引きの強い子達だね。プププ。」

船に乗ったらまずは乾杯!
ハル父さんが釣り場まで4~50分かかるよって言ってたので安心して迎え酒。
私とアルちゃんでオハヨウの乾杯をしているとフグキチさんも野口英世ビールを出して乾杯。
ついでにイイダコのキムチ和えをおつまみに出してくれた。

うま~い!!!

本当に美味しかったよ!

手がオレンジ色になり、息がニンニク臭くなってしまったけどそんな事はどうでもいい。美味かった♪

そうしていると、はるちゃんが遊びに来てくれたのでエサのつけ方を教わりました。
嬉しくなって釣り場まで遠いというのにさっさとエサをつけてしまいました。

はるちゃんありがとうね♪
アルちゃんにも教えてくれたのよね。ありがとう♪

釣り場に着くまでは酒盛り。
東京湾慣れしてない私にみなさん観光案内してくれてありがとう♪

アルちゃんのお隣は初めてお会いするホンビノス貝さん。
イメージとは少し違ったけど、豪快な笑い声で恰幅と気前のいい料理人って感じ♪
そこから少し離れた所に暫定名人さん。
ダンディさんで格好いい!!照れくさくて近づけないほどでした。

そして私の隣にはBuちゃんさん。穏やかで優しくていい匂い(笑)のする方でした。

初めのポイントで第1投でエビカットウさんをなくした私と共に根がかりをして早々に仕掛けを変えるハメになったのに、後半の快進撃はすごかったですね!
あの勢いであと1時間やってたら優勝してましたよ!絶対!

さ~て実際の釣りの話にしましょうか・・

前の日に苦労して描いたエビカットウは一発で海のモノになってしまい、涙がほろり。
その後はよくわからないながらもアタリに合わせるとメゴチ。次もメゴチ。

私は初めに本命以外のモノを大事にすると本命の機嫌を損ねてしまうというジンクスがあるのでバイバイした。

その後だった。一段と強いアタリがあって合わせてみるとガクンガクと二段階の違和感。
何じゃこれ~??これがフグなの???
と慎重に上げて来るとお隣さん達や船長さんが海を見て笑っていた。

これはどう見ても祝福の笑顔じゃない!!(笑)
ぜったい変な子だよ・・クスン

と上げて来るとホウボウ。
1匹を船中に入れてもまだ何か重い・・あっ!下にもホウボウ。

・・・・何か私、今日はダメな気がしてきた。

後ろのアルちゃんは・・と言うと、アルちゃんの声はしないのだけどホンビノス貝さんがなにやらアルちゃんを励ましている。

おお!?フグ様??

と注目しているとバカでっかいカワハギ。それも腹にかかってる(笑)
ありゃ重かっただろうね。

何だか調子が狂ってきてみんなを見ていたらフグキチさんがフグ様を次から次へとあげている。お隣のBuちゃんさんもポツポツとあげている。

どうすりゃいいんだ!?
オモリが着底してるのかもわからないってのに!!

ただ、午前中の初めのうちは何となくだけどアタリらしきモノがわかるような気がしていた。
でも、全然カットウの釣り方じゃなかったの。

ようやくフグ様の顔を見たけれど、初めの3名様までは全部食わせにかかってきた。
ご飯はカットウさんの方が豪勢なのにね。

その後、何とかカットウさんでかけたくて血迷っているとフグキチさんがレクチャーしてくれた。
その通りにやろうにも簡単にはいかないもんだね!参っちゃったよ。

ただ、違和感があったら合わせる。違和感がなくても空合わせしてみる。

でもエビさんがいなくなってもいいから、その違和感ってモンをどうしても感じたかったので、極力空合わせをしないでやってみた。

その時だった。ほんのわずかだけど手に振動。
そして、ちょうどいいタイミングで合わせる事ができた。

そしてちょっぴり大きめのフグ様。

ふ~むなるほど・・。と思っていると
Buちゃんさんとフグキチさんが喜んでくれた。

何でそんなに喜んでくれるんだろうと思っていたら
カットウで釣れた第一号だったからなのよね。
当の本人が感動薄くてゴメンなさい。(笑)

あの時は何かわかったようなわからないような、とにかくボンヤリとしてました。

さて!午前中は以上!!

お昼休みになり今がチャンスと暫定名人さんのお隣に行き、ご挨拶。
ダンディ様は仁兵衛丸さんとお電話中でありました。
仁兵衛丸さんに午前中の報告をすると
「会員証が無駄になっちゃった・・。」
と寂しそうにおっしゃってました。ふふ

でも!私とアルちゃんは会員資格は充分ありますので2枚は確保しておいてくださいね♪

フグ釣りは
考えなくてもダメ!考えてもダメ!
一体なんなんだよぉ~!
ってのが一番残った印象でした。

午後になりますますわからなくなってきて、心なしかエサも食べていただけなくなってつい竿を持ったままウトウトと・・

目をつぶって釣りをするのがクセなんですが、一昨日はそのままマジで寝てました。
夢の中で私はたくさんフグが釣れてヤッホ~イと言ってましたが、起きてバケツを見たら数は変わってない。当たり前です。

「竿落とさないでね!」
のフグキチさんの声で目が覚めましたが、やっぱりまた寝ました。

それでもエサがなくならない。私の所にはお食事にも来ていただけないのですか!?

そんな時、根がかりをしてしまった。
仕方なく道糸を引っぱって外すとなにやらユラ~ピピピ

はりゃ?

急いで巻いて来るとフグ様でした(笑)

手で釣っちゃったよ。
カッタクリじゃないんだから!もう!!

それで、先日のフグ様は終了。

何がなにやらわからないまま終わってしまった。
それでも最後の方はオモリが着底してるの位はわかるようになりました。
大トモっていう良い場所をいただけても生かせないのだから終わりだね。
みんなに後ろ向いてやれば?と言われたけど、あまりに寂しいので段々Buちゃんさんにひっついてしまいました。

そして帰りのキャビンではどうもお騒がせしました。
1人飛び跳ねるアルちゃんを今後ともよろしくお願いします。
あの子は褒めて育てる子ですから(笑)

陸に上がって解散の時間。

私のチームはみな優秀だったので準優勝!
私がいなきゃ優勝だったのにね。スミマセン。

穏やかでにこやかなチームメイトのゆうさんが最後にチクリ。
あなた面白い人だったんですね(笑)

最後にフグキチさんよりお魚をいただきまして、魚だけじゃ何だから人も持ち帰りまして、リレー船に突入。
後ほどホンビノス貝さんとアサリさんも合流してくださり楽しい時間を過ごさせていただきました。

本当に何もない店でスミマセンでした。
頭イカレちゃってたからフグすらお出ししないでバカねぇ私。
気の利かないアホですが今後ともよろしくお願いいたします。

そして今回、ヘロヘロしていてちゃんとご挨拶できなかったみなさまへ
これから東京湾に少しずつでも進出してまいりますので、海上もしくは船上でお会いした時にぼや~っとしていたら殴ってやってください。
できる事なら酒をぶつけてくだされば目が覚めます。

何はともあれ、お疲れ様でした。
またみなさまとお会いできる事を楽しみにしております。








 
2006/09/25(月) 05:45:51

こんな時間に…

眠れない…
寝過ぎてしまったよ

でもちゃんと墓参り行って、その後プールで泳いだり、水の中のボクササイズみたいのやってきた。

後ろ蹴りの時にプールのヘリを思いきり蹴ってしまって痛かったなぁ

私の平泳ぎはなかなか素晴らしいのだけど前に進まない。
息継ぎが下手なので考えながら泳いでるから遅いんだろうな…

あ~ようやくまた眠くなってきた。

おやすみなさ~い♪

フグフグ釣りのお話は後でゆっくり書きますね。
 
2006/09/23(土) 18:03:29

ふぐってヤツ

20060923180328
なんですか!?
この生き物は~!

どうしたらいいのか全くわからず…

あなたの気持ちがわからない…な気分よん!
こりゃ飲むしかない(笑)
 
2006/09/22(金) 16:13:24

センスの無さ・・

明日のフグ。

何も特別に準備する事がないので、カットウにいたずら書きをした。

ずっと何の絵にしようか考えていたけど、フグさんの好きな物がエビなのでエビの絵を描いてみました。

20060922154715.jpg

↑エビのつもり。

色が悪いのかな?と思って次はピンクに・・

20060922154816.jpg

↑エビのつもり。

あまりにもぶさいくなので消した。

そして落ち込んでます。

何ともしがたいセンスの無さ。

今まで黙っていたがとても美大卒とは言えない。(言っちゃった。)

釣りのセンスもそうだよ。

ずーーーーん。

まぁ、落ち込んでも仕方ないのでもう一度チャレンジします。

20060922160415.jpg


少しはエビらしくなったでしょうか?

でも意味無いような気がしてきた。

さ~て明日の目標は・・・50!!(エビの数)




 
2006/09/21(木) 16:45:02

なぜ吠える!?

私は決して動物が嫌いではありません。

むしろ好きな方です。

猫も犬もハムスターもインコも文鳥も金魚もメダカもカエルも・・

でも、妙になつかれてワサワサ寄って来る事もあるんですが、何やら牽制される事もあるんですよね。

去年、うちの店の旅行で富士サファリパークに行った時の事。
熊やライオンなんかにエサをあげてみんな年甲斐もなく大はしゃぎしてしまいました。

そのライオンにエサをあげた時だった。

エサは終わっても私の目の前にはライオンがいた。
ずっと私の顔を見てるので、これはシャッターチャンスとカメラを構えた時だった。

グアァァー!

吠えた!!

みんなに何をしたんだ?と言われたが、見てただけなんだよ!

余談ですが、デカイはさみのようなモノで肉を挟んで餌付けするのですが、1人のお客さんがグイッと口の中に押し込んでしまったので、ライオンはオエッとなってしまった。そしてちょっぴり涙目になったように見えました(笑)

それでも怒らなかったライオンが何もしない私に吠えた!!ムッ

そしてつい最近の事。
妹の子2人と母と私で近所をブラブラとお散歩。
すると、昔からいる大人しい犬にシュンシュンが近づいて行ったんですよ。
その犬はもう老犬で吠えた所なんて見た事が無いんです。
飼い主もそばにいるし、安全だろうと思って私も近づき、シュンシュンに
「犬には上から手を出しちゃダメだよ。下からね。」
と言いながら手を出したら犬が私をちら見した。

一瞬の事だったけど、それまで眠そうにしていたその犬の目がキラッとした。
私はとっさににらみ返してしまいました。すると

ウォン!!

吠えた。

なんで吠えるかな・・・

何年も声なんて聞いた事がない犬だよ!

そう考えて思い出してみると、知り合いの犬もそうだった。
私を見るとうなるのよ。

うなる位だったら近づいて来なきゃいいのに、そばにぴったりくっついてうなるのよ。
あまりに毎度毎度うなったり吠えたりするので、ある時、飼い主に見つからない所でマジで睨んでうなり返してみた。

それ以降、私には服従するようになりました。

今日はどうしてそんな話になったかと言うと、さっき犬に噛まれたからです。

私が歩いているとどこからともなく犬が吠えてるのが聞こえたのよ。
なんだろうねぇ・・と思っていたけど気にしなかった。
だけど、段々声が近づいてくるので声のする方を探してみると生垣の中からだった。

生垣の向こうで私を追いかけながら吠えていた茶色い毛玉。

周りに誰もいない事を確認した私はうなってやった。
そして毛玉が静かになったのを確認して私は再び歩き始めた・・すると

生垣が終わってしまったのよ。
当然、毛玉はすぐ横に・・

あっれ~?

そして、毛玉と目が合った次の瞬間。

カブッ!

足に噛み付いた。

ただね、歩いてる私の足先にいきなりかぶりついたので、謀らずも蹴っ飛ばしてしまったのよ。飛んでった毛玉。

「ひゃああ!ゴメンゴメン!」

と謝ったが、毛玉は怯えてしまったようだ。
それでもくっついて来てうなり続けてる。
一定の距離を保ちながら怒っているようだ。

ちょっぴり面白くなってしまったので、だるまさんが転んだの様に知らんぷりしてちょっと歩いてからバァッ!って振り返ってみたら、ようやく逃げていった。

あの毛玉は一体何をしたかったんでしょう?

全国の犬さん達!
私はあなた方に害を及ぼす気は一切ありません。
だから、吠えないでください。
吠えられると、つい立ち向かって行きたくなってしまいます。

久しぶりに犬を飼おうかと母と言ってるのに・・・

こんなんで大丈夫なのか?
 
2006/09/20(水) 16:41:59

フグまで3日

カッタクリの興奮冷めやらず・・・

しかぁ~し!カレンダー見たらフグフグ祭りまであと3日じゃないのぉー!

この前まではフグフグと頭の中がプックラしてたのに、ガシガシやっちゃって忘れてたよ。

まぁ、練習しようにもできないし、勉強しようにもやっぱり百聞は一見にしかず・・もう頭真っ白でいいや。

先日、じょ~しゅ~やさんにビシを買いに行ったのにちょうどいいサイズが売り切れてて、困った挙句にカットウ仕掛けを買った。
アルちゃんにいたっては竿や何やかやカッタクリに関係ないモノばかり買った。

一体何を買いたかったのかわからなくなるのが釣具屋だ。

でもまぁ、小物用の竿置きが欲しかったから丁度良かったよ。

カットウ仕掛けはたくさんあって悩んでしまったけど、前日見せてもらった野毛屋フグカットウってのを購入。
白いのと青いのが安かったので、とりあえず白を買ってみた。

これからお絵かきをしようと思うんだけど(にゃみカットウ製作・笑)フグさんって何色が好きなんだ??

カエルでも書いておくかな・・・

ああ・・それから、初めてカットウを見せてもらった時に思った事なんですが・・

カットウの針が常に上を向いてるようにするんですよね?
じゃあ、カットウの三つ又の真ん中にオモリつけたらどうなんでしょう?
ずっと上を向いてるようになるような気がするんですが、何か都合が悪いんでしょうかねぇ・・・

今回はデビューだから余計な事はしないで、まずは基本を覚える事からがんばりますけど~それでも何とか食ぶちだけは稼ぎたいのよ~ん。

みなさん同様お天気が気になりますけど、船さえ出たらいいんです。
海に向かっていれば元気回復できるんだもん。

しかし・・1つだけ問題が・・・・・

繊細なフグ釣りの前にカッタクリに行って来て良かったのだろうか?
せめてカサゴ止まりにしておけば良かったんじゃないか?

もし間違ってガシガシしちゃったり、シャクシャクしちゃった時は隣に座った方は遠慮なく叱ってやってください。
怒られるとヤル気の出る子ですから(笑)

アルちゃんは褒めて育てる子です。

マジで頭切り替えないとマズイのぉ~





 
2006/09/19(火) 16:36:18

メジだ~カツオだ~!2

昨日の続きです。

残り時間はもう1時間もない。
でも!カツオさんが一荷で来てくれて元気回復!

余談ですが・・先日は飲み物が余りました。
竿の時は手が空くので飲めるのだけど、カッタクリだと飲めませんね~(笑)
では、移動中にと思いきや、しぶきにやられて飲んでも飲んでも減らないんです。最後は潮水(笑)
その上、ちょっとだけ脇に置いておけばゴロゴロ~ってバケツに落ちてグルグル回ってるし・・

そういえば、アルちゃんのバケツに酒落としちゃったんだけど、アルちゃんたらそのまま魚突っ込んでたな~だから魚がすぐに大人しくなったのかしらん♪

さて話を戻しましょう。

何だかいい感じになってまいりまして頭の中では

ピ~ヒャラピ~ヒャラ♪カッタクリクリ♪

とちびまる子の替え歌がエンドレスで流れていた。

すると船長さん。私達の頭上から
「ちゃんと釣ってんの?」

んがっ!!ぬぁ~におおー!!

「今、カツオ一荷で釣ったの見てなかったんですか!!あ~あ~今日一番のハイライトだったのに!!」
するとバケツをチラッと見て
「へー良かったね。」

それだけかい!!

そこで私のいつもの怒りんぐパワーが急上昇!!
少々怒っていた方が釣れるのです。(笑)

今度は頭の中は

負けない!負けない!来い来い魚!どんどん来やがれぇ~!!

アドレナリンが

どっぱ~~~~~~~ん!

おりゃおりゃおりゃおりゃ~~~!!

一荷で来たら右手で上針の魚。左手で下針の魚。
針が絡んでしまっては次の投入が遅くなる。
そんな時間のロスはその時の私には許されないのー!!

ガシガシガシガシガシ・・・ガガガガガー!

見る見るバケツがいっぱいになった。
もうバケツだのクーラーだのをいじってるヒマはない!
可哀想だけど足元にバタバタと・・

それでも一度ついた火は消せなくてよ~ほぉ~ほほほ~!

と大事なチャンスタイムをがんばった。
右手と左手がちゃんと別々に仕事してたので
我ながら少々お上手になったと嬉しくなっちゃった♪

なのに、またしても水を差すような言葉。
「釣れて良かったじゃん!せっかくへき地から来たんだから!ハハハ!」
「う・・そうですね!」
と振り返って答えながらバタバタと仕掛けを投入しようと思ったら
「からまってるぞ!」
「え?」

ずーーーん。本当だ。

どうして変な時だけ見てるかなぁ~。

そうそう、その後もね。
アルちゃんが魚をかけたのにおまつりしてしまったのよ。
私も魚がいたのだけどまずはアルちゃんの魚をすくえ~!!
とモタモタしていたらまたしても船長さんに見つかった。
「にゃみちゃんが邪魔してんだよぉー!」
「う・・。」
そうまで言われてアルちゃんの魚をバラシちゃったら大変だ。
ホリャホリャ~と何とかアルちゃんずフィッシュを救出!

よし!今度は私のだ!

と見たら私の糸は

つ・つ・つ・・・・船の下・・・・。

うんともすんとも・・ついでにニンともカンとも言わない。

「んぎゃ!うぐぅっ!ほりゃ!」

船の下を覗きながら悶えていると、見るに見かねた船長さんがストンと降りてきてくれた。こういう時は助かりますわ~
そして
「あ・・スクリュー。」
とポツリとつぶやくとグイッと引っぱり糸を切った。

さよおなら~!可愛いバケバケ~!ゴメンな~海ぃ~!

とそんな悠長な事は言ってられない。

またしても船長さんに仕掛けを作っていただいた。
でもみんなが釣ってる時に釣れないのは悲しい。

できあがるまでにお魚をクーラーに移動して待った。
ついでに踊ってみた。

「がんばれ~がんばれ~み~ん~な~♪それっ!チャッチャッチャ♪」

誰も反応してくれなかったのですぐにやめた。

そして手作り仕掛け第2段完成!投入!

さっきまでのバタバタ感は落ち着いてしまったけれど、それでもまだ食いは続いてる。しかし時間もコマセもあとわずか・・

そんな時にせっかくの仕掛けの下針が魚と共にぶっつりと切れた。
そして思わず吐いた暴言。
「あー!糸切れちゃったよ!だ~れが作ったんだっけぇ?これ!」
とても失礼な事を言いました。アハハおあいこだ~い!

そしてとうとう楽しい時間も終わりとなりました。

結果は前に言ったとおりにメジが15本・カツオが10本・ヒラがひらひらでした。

先日の反省点は、
前半のポツラポツラの時に少しずつでも数を稼げなかった事。
フィーバーした時の手返し。
仕掛けの取替え時間。
そして魚を取り込む時のモタモタ。

後はもう少し早く怒りングパワーが出ないとダメね。
次は朝から怒らせていただこう。

そんな所かな・・。

それをもう少しお勉強すれば、もうちょっとイケる!気がする。

そうだ!私の足元に小さなイワシが泳いできたのよ。
あんまり可愛いので海水で洗って食べた。美味かった。
だからカツオの気持ちがわかったようなわからないような・・(笑)

カツオやメジは刺身やタタキや色んな食べ方で美味しいけど、飽きたら粉はたいてフライパンでワサビマヨネーズで焼くのも美味しいですよ。
それでも、魚が余ったらさつま揚げもいいよ。
面倒くさいけど、肉の変わりに魚使って餃子もイケるよ。ニンニクたっぷり入れてね


20060919163258.jpg

↑これで半分。

20060919163406.jpg

↑可愛い顔しちゃってさぁ~もう~ウリウリウリウリウリ♪
 
2006/09/18(月) 19:24:04

メジだ~カツオだ~!1

9月17日(日)片瀬江ノ島 萬司郎丸 AM6:00 メジ・カツオ

この所の陽気でイナダは撃沈丸。金曜日に知り合いが行ったが3本。(でも竿頭)
私が電車で行くなら7:00のしか乗れないので「どうすんべー!」と思っていたら、金曜日にメジ・カツオが復活の兆しが見え、土曜日には爆釣!!

・・・へき地からエンヤこらとクーラー転がして電車に乗って、帰りにカラクーラーをまたしても転がして帰るのはイヤよ。
ねぇ王子?(笑)

何とか6時の船に乗るには・・・・

品川までタクシーで行って東海道線の始発に乗れば間に合う。
ギリギリだけど何とかなる。

よし・・その手で行くか・・・と思っていたらラッキーな事が

たまに一緒に釣りに行くうちのお客さんがたまたま店の前を通りがかった。私はそいつをつかまえてバイトをしないかと持ちかけた。
どうせ品川までタクシーで7500円位かかるならそいつに払った方がマシだと思ったので言ってみたら、江ノ島まで送ってくれると言うではありませんかぁー!やっほ~い!!

私とアルちゃんを乗せた車は一路江ノ島へ・・・
・・・・しかし・・酔った。案の定車酔いをしてしまった。
何年経っても運転の下手なヤツ。私は投げ出されないようにシートベルトをガッシリと掴み、見ると怖いので寝たフリをしていた。

うう・・ぎもぢわる・・・・

コリャ参った。
到着するなり吐いた。

アルちゃんも顔面蒼白。手足がしびれると言っている。
早く吐いてきた方がいいよと言ったが、どうも難しいらしい。

恐るべし車酔い。
船酔いはした事ないのにね。

まぁ、車で行ったので時間は余っていたし、何とか体調を整える事ができた。

珍しく早めに行ったので、お母ちゃんやみんなに
「泊まったの?」
と言われたのだけど、そんな訳ないでしょぉー!
ちゃんと1時まで仕事してから出てきましたよぉ~!

でも、前の日が休みだったらそんな手もあるわねぇ~フムフム。

さて!いつもアワアワして船に向かうが、昨日は余裕シャクシャクで船着場に・・一服しながら荷物を整理して、の~んびりと待った。

船に乗り込んで準備をして、乾杯をして出船時間を待った。

久しぶりのカッタクリさんとバケを海水につけていつでも始められるようにして、のんびりと海や空を見ていた。

さすがに肌寒い陽気になりました。
海も秋の海の色。そらも秋の空。

さて!前日は微笑んだ魚の女神は私達に微笑んでくださるのでしょうか?

5分位走った時に、にわかに船上がにぎわった。船長さんが上乗りのMさんとGさんに何か言っている。
どうやらタモが何とかでミヨシから何とかでどのこうの・・(結局意味がわからず・笑)

鳥山に突っ込んだので始めるのかと思い、緊張が走る。

すると、イワシをとる為だった。でっかい網でイワシをすくい、生簀のそばまでは海の中を移動させて手早く生簀にざざざー!

そして移動。何度かそんなイワシすくいをしながらも、肝心の群れは発見できない様子。
進んでは方向を変え、また進んでは方向を変えながら船は走る。
沖に向かってる時は平気なんだけど、方向を変えるとびしょ濡れになった。
上乗りさん達も船長さんの所に行ってしまった。彼らが上にいるうちはまだ釣りは始まらないので、アルちゃんとビショビショになりながらも飲んでしゃべっていた。

さすがに寒かったけれど、やっぱり海に行って濡れるのは楽しい。
ウーロンハイがレモンティになり、氷結グレープフルーツがソルティードッグになり、からあげくんが塩分きつめになる。

なるべく後ろを向いているのだけど、場所を確認しようと前を向いた瞬間にザバーッ!とやられる。目がしみて痛い。
もちろんタバコはしっけしけ。ライターが1つ、また1つとダメになっていく。

様子を見ながら1時間半走った。

少々退屈顔になってきたアルちゃんに
「カツオの時はこうやってずっと走って1回も竿出せない事があるんだよ。」
とちょっぴり脅すと悲しそうな顔になってしまった。

そうこうしていると、船団発見。
そろそろ試しにやってみるんかな?と思い道具をチェック。
キョロキョロと他の船を見てみるが、上がってる様子はない。

う~ん・・。

だけど、GさんやMさんが席に戻り始めた。

やっぱり始めるんだな。

船長さんが慎重に船を回し、ゴゴッー!と音がすると、一気に緊張感が高まる。

そして
「はい!やって!」

うおー!(そんな声は出さないけど、気持ちはそんな感じ)

「15から20!カッタクリの人は25位からやってって!」

ほいよ!ほいよ!
船上にカッタクリを巻いた木がカタン、ゴトンと転がる音が響く。

さて、タナに着いた。

や~れ!そ~れ!ガシガシガシガシ!

どんどんコマセを撒かなきゃね~!
魚の事はしばし忘れて、コマセ撒きに集中。
2~3回やると移動。

次の場所では少しずつ魚があがってくるようになった。

でも、私達は必死にコマセ撒き。

私達の後ろの2名は竿だった。
午前中は竿釣りの人に軍配があがる。
ちょっと腹が立ってきたのよ。私達が必死に撒いたコマセで釣ってる!
本当は私が人のコマセで釣ろうと思ったのに(笑)

私は初めはちびっこいマルソウダ。これはすかさず捨てた。
次はなかなかサイズのヒラソウダ。これはキープ。

その後、本ガツオのお顔拝見。

調子が出てきたかなぁ??なんて思ってるとまたしてもソウダ。ちびっこいから捨てた。
すると隣りの人もちびっこいヒラソウダ。
これはどっちですか?と聞かれ、
「マルじゃないですか?よくわかりませんが・・。」
と適当に答える私。
もし、ヒラだとしてもちびっこいからいらないと勝手に思った。
すると、船長さんが上から
「ヒラだよ!ヒラ!脂のってるから美味いよ!」
との声。
すっかりあてにならない烙印を押された私(別にかまわないが・・笑)

その隣りの方は、あてにならない私を通りこして船長さんに魚を持って行き見分け方を聞いていた。

私がカツオチームに遊ばれていると、アルちゃんが一荷でメジを釣った。アルちゃんは地道にメジの本数を伸ばしていたのに、私はカツオさんチームの餌食になっていた。

そんな時、アルちゃんのメジが私とお隣の人を巻き込んで上がってきた。まずアルちゃんの魚を上げて解いた。次は私とお隣さんの番だ。
お隣さんも魚がかかってると言うので、慎重にあげたのだけど、そこで発見してしまった。
お隣さんのバケはすでに上がっている事に・・・。

魚がかかってるのは私のだった。

魚を上げてくれて、仕掛けをぶっつり切って、嬉しそうに魚をしまおうとしていたお隣さんに悪いとは思ったが
「そちらのバケはココですよ。」
と告げ、魚をいただきました。これが初メジ。

と言う事で、仕掛けとクッションゴムがいなくなった私は船長さんの元に・・
すると、船長さんが可愛いヒラヒラバケで仕掛けを作ってくれた。
何だか可愛い結び方で・・あれってなんて言うんでしょうね?
三つ編みみたいのです。今度聞いとかなきゃ~

そして
「ありがとうございます!これで釣れなきゃ、私は終わりだね!」
とお礼を言うと
「もう終わってるよ。」
とのお言葉。

ヘイヘイ・・そうですね。ムカッ

お手製の仕掛けなので、気合いを入れなおし、がんばる私。
腕がもげても、指が裂けても、ガシガシがんばった。

どこに移動してもポツラポツラ。

ああいう釣りの時って船長さんの言葉で気合いが入る。
「あがってきてんぞぉー!」
「スッススッスとどんどんやって!」
「コマセ撒かねぇと食わねぇぞ!」
「下からシャクって来ねぇとダメだぉー!」
「なにやってんだおぉぉぉー!」
「おおおおおお!」

そんな中で少々食いっけのあるちび群れの時。
「きたきたきたきたきたきたきたきたあああああ!」
あっち向いてキタキター!こっち向いてキタキター!
すると、なかなか魚が上がらないアルちゃんが
「そのキタキタがうるさいんですけど!」

ブフッー

思わずふき出してしまった。
船長さんは笑ってアルちゃんの頭上でキタキタを連呼!
アルちゃん船長さんをにらみつける(笑)
だからアルちゃんて好きよ。

でも、本当に午前中はいい事なし。

メジと本ガツオとヒラが3名ずつで9名様。

このまま終わるの?

いやぁ~!!!!!

アルちゃんは相変わらずメジメジメジメジ。
「カツオ釣りたいよー!」

すると、にわかに無線がにぎわってきた。
どうやらいい場所が発見されたらしい。

猛スピードできびすを返す船。
それまでにも増してビッショビショになる私達。

そんなでもキャビンに入る気がしないんだよな~

さて!かなり江ノ島が大きく見える所まで来ると、船団ができていた。
遠くの船を見てみると、魚が上がってる。
私は這って席に戻り、コマセの準備を始めた。
私の慌てぶりを見て大トモに避難していた人達も次々と席に戻った。

やっぱり、こういう時はみんなして一斉にコマセ撒いて群れを止めないとね。

さあ・・緊張も高まってきました。

イカ釣りの時みたいにバケを片手に待つ私。

ドキドキドキドキ・・・

「やってー!」

はーい!!

ガシガシガシガシガシ!!

ん?かかりませんねぇ~

すると

「○△●※■だぉー!あげてあげて!!早く!!」

と船長さん。

うわ・・ヒートアップしてきた。緊張するなぁ・・
ギュギュギュっと音を立てながらちょいと移動して

「はい!やって!!」

ういっす!!

と突然!

「だぉー!なろぉー!んだぉー!!」

と船長さんの怒号が響きわたった。

どうやら、イワシを撒けって事らしかった。
言うより自分がやった方が早いと思ったのか、操舵室から飛び出して生簀からイワシを取りぶん撒いた。

何だかチャンス到来でないの?
怒号に背中を押された気分になった私は残り体力の

ガシガシガシガシ・・グワッ!来た!

カツオのいっか~!!やったね♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と今日はココまで(笑)

何とか復活してよかった。パソコンちゃん♪

おっと!早く魚やっつけなきゃ~うわ~ん(泣)
 
2006/09/18(月) 18:24:39

かたまった

パソコンがかたまった。
うんともすんとも言わないの。
泣き泣きシャットダウンしようにもその画面すらかたまった。

どうしたものか…
 
2006/09/17(日) 18:57:52

痛いのよ

始めはどうなることやらと思ってたけど、ラストで入れ食い♪
メジ15本カツオ10本ヒラソウダ数本。

手が痛くて詳細は後日ね。
コメントのお返事も明日改めて…スミマセンです。

ではグンナーイ
 
2006/09/16(土) 16:16:25

うふふ

明日はメジカツオにしました!!!

今日、連絡したところイナダはヤバイからメジカツオにしたら?
とのお言葉をいただいたので、メジカツオに変更しました!!

こうなったらタクシーで行ったっていい!

今、今日の釣果を見たら

メジ11~41本 カツオ1~10本 だって!

なんじゃそれ!!

にゃみ予想では今週初めから雨が降って気温がぐぐっ!っと下がったけれど昨日と今日で少し安定して魚も体が慣れて来てご飯を食べ始め、

日曜日にはどっかーん!

って希望的観測だったんですが、まさに筋書き通り。(本当か?笑)

こりゃ~明日が楽しみ♪ルルルン♪

そうそう・・今、アルちゃんとじょーしゅーやーに行ってきたのですが、買おうと思ったモノが無くて、明日は全く使う必要のないモノを買ってしまいました。

何やってんだか・・。

さーて!気合いが入ってきましたよー!

久しぶりの海。嬉しいな♪
 
2006/09/15(金) 16:13:10

イケそうじゃん!

ああ・・ドキドキするよぉ・・

ほぉ~ってなって・・あっ!キュンッ♪・・ドキドキドキドキ

これが恋なのね・・

と錯覚に陥るくらいドキドキする。
釣りの前はそうなの。

本当は心臓が悪いのかもしれない(笑)


そうね・・昔はこんな感覚がよくあったわねぇ・・シミジミ
ええ、もちろん釣りでじゃないわよ。恋よ恋!
あの頃の私は幼くて可愛かったのよぉ・・・
なあに?今は?ですって?・・そうねぇ・・
ドキドキさせてくれる殿方はどなたかしら?

(-。-)y-゜゜゜プワァ~

なんて夏木マリばりに語るのは止しましょう。

そんな事より朗報じゃあ!

私のよく見る当たる天気予報ではどうやら日曜日は問題なし!!
時化どころかナギかもしれん!

ブワッハッハッハッハ

17日の江ノ島周辺は
00 弱 4m 北
03 弱 4m 北
06 弱 3m 北北東
09 弱 3m 北北東
12 弱 3m 北北東

ねっ!!ラリホ~♪でしょ!!!

雨も降らない~♪

きっとお魚も帰ってくる!!

バンバンザ~イ!!!

これは携帯の天気予報なんだけど、本当によく当たる!
場所も細かく分かれているし、海釣り用だとか行楽地だとか用途に合わせて細かく見れる。
簡単でわかりやすいので私のお気に入りです。
ただ、2日分しか見れないので日曜日の事は金曜日にしかわからない。
それに、時間によって変わるので何度もチェックしなければならない。

だけど、かなりの確率で大当たり♪

『お天気ナビゲーター』
http://www.n-kishou.co.jp/k/index.ksp

有料会員は月に105円。

あ!別に天気予報のまわしモノじゃないですよん♪

これ見て一喜一憂してるでござるウッキー

という訳で
結局いつものように釣りの前でおかしくなっておりまする。

ああ~お魚様♪
もうすぐあなたに会いに参りますぅ~
どうかお仲間を集めてお待ちくださいますようにっ♪

にゃみからの

お・ね・が・い

ヤバイ・・本格的にイカレてきた。


さぁて明日はおっかいもの~♪
 
2006/09/14(木) 16:26:39

かったくる!

今度の日曜日にはいよいよ釣りに行けるぜい!!

久方ぶりのイナダ様。

ガシガシ・・ガシガシガシガシ・・・

はいっ!富士山を描くように~♪

ほぉ~れ~♪そぉ~れぇ~♪

撒け!撒くんだ!ジョー!

コマセを撒き散らし!魚を呼び寄せ!血湧き肉踊る!

ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャーーーー!




・・・なのに・・・・・・・・。
・・・・・・・お天気が不安。

お魚もご機嫌ななめ・・・。

ハル父さんワラサ7本だって・・・すげえ。

ご機嫌だぜ~♪へへ~♪

でもイナダ様は・・・・・


いや!ダメだ!!!!
元気出して行こう!!!

今日がダメでも明日がある!
明日がダメでも明後日がある!

海がダメなら山がある・・・・・・???山じゃダメよ・・

台風なんてふっとんじゃえーい!

船さえ出ればいいんだーい!

海にさえ行ければ幸せなんだよぉー!


そういえば、私は右利きなのですが、左も使えるんです。
小学生の時に右腕を骨折した時に訓練したのが残っているのかもしれない。

それが出てしまうのがカッタクリの時なんですよ!

みんなが右手でやっていてもどうしても左手じゃないとできないんです。

左舷のミヨシだったら誰の顔も見えないのでいいのですが
右舷のミヨシに行くとその後ろの人全員と顔を合わせる事になってしまう。左舷のトモの方もそうなる。

万が一、私の右側が知らない人だと、向かい合って釣る事になってしまう。

・・とても気まずい

気まずいので右手でやってみたが、ぎくしゃくしてしまって上手くいかない。
ラジオ体操のおサルのウッキーみたいなポーズになってしまう。
何故か頭が連動してしまうんですね・・

そういえば、アナゴの時も、イカの時も、つい頭が動いてしまっていた。
そして竿持ってない方の手もピクピク動く。

だから、普段は席の事はほとんど考えない私でも、カッタクリの時には少々考えてしまうんです。
みんなに見られながらやるのは照れるからね。

今度の日曜日は間違えずに席を取り、アルちゃんと向かい合ってかったくります!!

がんばれー!おー!





 
2006/09/13(水) 16:32:23

恋する瞬間。

ひと目会ったその日から~♪恋の花咲く事もある~♪

好きになるのに時間は必要ないと言いますが、本当に一瞬で惚れてしまう事ってありますよね?
ひと目惚れもそうだけど、それまで普通につきあってきたのに、あるきっかけでふとハートマークが点滅してしまう・・なんて

釣りもそう♪

初めから食べたくて釣りに行って、釣りも楽しくて、釣れたら釣れたで魚の顔が愛しくて、家に持って帰ったら非常に美味しくて・・
もう『ベタ惚れ』

私の場合はイカはまさにそれ!

特に食べたくて仕方がない訳じゃないんだけど、そんな季節だし、ちょっと行ってみるか・・なんてテンション半分位で釣ったけど、釣ってる間に夢中になって、魚の顔見た途端ににんまり・・
「やっぱり私とあなたの仲は健在ね♪」
なんて思う『くされ縁』的な魚もいる。

アジとか青物はそんな感じ♪

最後の最後まで恋に発展しない『いい人なんだけどね~』的なカサゴや『苦労の割にはね~』的なシロギスもいれば

逆に恋に恋する『だってまだ会った事ないし・・』的なマダイや『行ってないし・・』なヒラメやカンパチ、ヒラマサもいる。

それから
ひょんな事から釣る事になり、アドバイス通りにやったら釣れて・・
それはそれで嬉しかったのだけど、ピンと来ないなぁ・・と思っていたのに、食べた途端に目からハートマークがこぼれ落ちた。
『今までは特別な存在じゃなかったのに・・』なアナゴやメダイやオニカサゴ。

魚によって釣り方も違うし、味も違うので、それぞれに対する思いはやはり違いますよね。

恋した途端にお会いできなくなって、また来年ね!なんて『七夕』的な事は多々あります。
心の中にたくさんの恋心を抱えながらも、ちょっと浮気をしながらまた会える日を待たなければならない。

あ~お魚さま~♪

誘っても誘っても乗ってこないくせに、あきらめかけたら釣れるヤツ!
もう来ないでー!って言ってるのにしつこく釣れるヤツ!
あとちょっとで上手く行くと思ったら目の前でサヨナラなヤツ!
貢いで貢いで貢ぎたおしたのに平気な顔してるヤツ!
その上、使い道ないでしょ!って思うのに仕掛けごと持っていくヤツ!
特に何もしてないのに大人しく私の元に来るヤツ!
両脇の人には優しいのに私にだけ厳しいヤツ!
大人しい顔してそばに寄り添ってきたと思ったらガブッと噛むヤツ!

色んなヤツがいるぜ・・ふっ

でも人間相手じゃ体が持たないけれど、相手が魚ですからね。
いや・・結構しんどい時もありますね(笑)

さて、フグ様、イイダコ様は私とどのような恋愛をしてくださるのでしょうか?


 
2006/09/12(火) 16:23:25

悩みの種

来月にお店の旅行がある。

早く決めなきゃいけないのだけど、考える事が多くて悩んでる。

お客さん達と私達。
老若男女、種々様々。
共通点は飲める人達というだけ・・。

毎年、旅行の時には悩むのだけど、今回はテーマすら定まらない。

私のテーマの基本はこうです!
『今さら行けない所に行こう!』

あのね、お客さんの中には結構年配でも独身だったり、今まで仕事一本で遊び方がわからない人がいるのよ。

だから、色んな所に連れて行ってあげたいんだ♪
(とは言え、一番楽しんでるのは私だったりして・・笑)

大人だけで行った『富士サファりパーク』も楽しかったし、冬の花火を見に行ったり、佐渡島に行ったり、水着着てみんなで入る風呂やプールも楽しかった。『スパリゾートハワイアンズ』も『竜宮城ホテル三日月』も『箱根小涌園ユネッサン』も行ったぜ!

なかなか、家庭持ちや子供連れとかじゃないと行かない所に大人だけで行って楽しむのがうちの旅行なのです。

ただ、年齢の幅があるので、あまりに遊びが大変な場所だと部屋にこもっちゃう人も出てくるので気を使う。
私達だったら本当は夕食もバイキングでもかまわないのだけど、やはりそうもいかないので宴会場を用意してもらわなきゃいけない。
あまりに遠いと疲れちゃうので近場で楽しめる場所にしなくてはいけない。

行った人がある程度満足してもらえる内容を考えなきゃいけないのさっ!
(まぁ、文句も言わせないが・・笑)

それで、今回は何をテーマにしようか考えちゃって・・・

食べるか遊ぶか・・それが問題だ。

うおー!早く決めなきゃー!!

市原ぞうの国にちょっと行きたくなってきた。
調べてみるか・・

実は旅行の企画を立てるのは悩みながらも結構楽しい♪
自分らで行く旅行の計画も同時にたてちゃったりしてぇ~♪
まぁ・そっちの方がすぐ決まっちゃうけどな・・へへへ

話は飛ぶけど、私はあんまり果物が好きじゃない。
(こりゃまた飛んだなー!)
だからめったに食べないのだけど大好きな果物がある。

20060912160653.jpg

↑これ!大好き!

20060912160801.jpg


一番好きなの。ドラゴンフルーツ!!

パッションフルーツも好き!

ツブツブが好きなのね♪

あ~でもキゥイフルーツは微妙。

ブドウはあまり好きじゃないけど、食べる時は皮ごと種ごと食べる。
その方が美容にはいいんだとさ~初めは抵抗あるかもしれないけど、意外とハマりますよ。あのツブツブ感♪

だから悩みの種もツブツブかじれば良いのです。

ムリヤリつなげてみました・・。
 
2006/09/11(月) 16:38:13

祭りって・・

とうとう長年のトラウマを解消する第一歩を踏み出しました。

昨日は法事だったのですが、夕方になってお祭り軍団から連絡が来てました。

待ってるから早く来い!との事。

私はどうしようかすんごい悩んでいたのですが、これからのつきあいもあるので、渋々トロトロ仕度をして祭り軍団に合流。

ちょうどうちの店の前で休憩中でした。

みんな早く半纏着て中に入れというのですが、私にはまだまだリハビリが必要で・・・
まずはみんなと足並みを揃える為に一本・・また一本。

ゴクゴク・・プハァ~♪

何かちょっとだけ元気が出てきた・・・??

まだまだダメでした。

恐る恐るお神輿の後をダラダラとついて行くだけの私。
淋しくなっちゃったのでアルちゃんを呼び出した。フフ

その間に昨日の写真の名物先生に可愛く手ぬぐいを頭に結わってもらい、頭だけお祭りに・・・(笑)

でもね~みんなひどいんだよ!
アイヌの木彫りの人形だとか、ハワイのお土産だとか、みんな言いたい事言っちゃってさぁー!!ふん!

そうこういているうちにアルちゃん登場!
しばらくは一緒にお神輿の後をダラダラとついて行きながら飲んでいた。

だって休憩するたびにみんなが私達の所に飲み物もってきてくれるんだもん♪

イヤァ~しかし昨日は暑かった。
歩いてるだけで汗がダラダラ~みんなの熱気でそれも倍増!!
飲んでも飲んでもみんな流れ出ちゃうのよぉ!

そして2時間も歩いただろうか・・
そろそろ、終了の時間も近づいてきました。

みんなにまだ担がないのか!!と散々言われまして・・
確かにさすがに最後までただついていくのでは脳がないと、とりあえずお神輿に触ってみる事に・・ぷぷ

20060911160637.jpg

↑触ってみた。(リハビリ中です)

やっぱりお土産みたい??
汗かいて飲みすぎて顔パンパンだよ!アハハハハ

それから何だか元気が出てきて、ちょくら動いてるお神輿を触ってみようと神輿に近づいたの・・

すると!

押し込み上手なおじさんがいて、あれよあれよと神輿の中に・・

えええ!?

担いでるよ私。

ん?

アハハハ!アルちゃんも後ろに押し込められてるし・・(笑)

でもね、アルちゃんは背が小さいでしょ?
だから棒に肩が届かなかったらしいのよ
それで、後ろの押し込み上手なおじさんに耳つけろって言われて
「耳つけろったって何が何だかもう!」
と私の後ろで騒いでた。
私は耳をつけるのか・・と思ってグイッと頭を傾けて耳をつけてみたんだけど上手くいかないのよねぇ~
前も女ばかり、後ろはアルちゃんなのでお神輿の棒が私の肩にのしかかる。

重いし痛いんだよぉー!(泣)

後から考えたら、耳をつけろっていうのは小さくて棒に届かない人の事だった。
そりゃそうだ!肩に棒が乗ってるのに耳なんてつけられっこないのよ!
アハハ!苦労しちゃったよ!

まぁ、そんなこんなで最終的にはお神輿を担ぐ所までやってしまいました!

そうなると、今度は欲が出てくるもので・・(笑)

来年は半纏も作る!中に着るのも用意する!可愛い頭作る!

ぶふふ・・こりゃ完全にハマってるよ。アハハハ!

実はね、商店街の青年部に入っているので、来年もし参加するとしたら紫のタスキかけてやるのね~それが今まで女性がいなかったらしいので、女性第一号になれるよって聞いたからなんですねー!

ピーピピピー!って笛ふくのよ。いいでしょ~♪


 
2006/09/10(日) 17:03:35

とうとう

20060910170242
ひきづりこまれた…
 
2006/09/09(土) 16:12:39

おみこし

今日と明日はお祭り。

私はさっき子供神輿と山車の子供達にジュースを配りに行きました。

今日は暑い上に湿気がすごい!!
こういう日の方が熱射病になりやすいらしいです。

実は私はお神輿が苦手です。

何でこんなに苦手なのか・・・?

実は昔の常連さんの1人にお神輿を作る職人さんがいました。
そして、よくその人の作業場に親達と遊びに行ったんですよ。

で!ご存知の人もいるでしょうが、新しいお神輿を初めて出す時は女の子を乗せるんです。
白羽の矢が立ったのは幼き私でした。
その時はよくわからなくて
「ふぅん・・わかった。」
とこんな感じでした。

その後『ぶくろ祭り』を見に行った時に母が
「あーいうのに乗るんだよ!」
と言われて怖くなっちゃったんですよ。

母も悪いのよ!
もの凄い人の群れと迫力満点の掛け声!強面が担ぎ、暴れる神輿を何基も見せてあれに乗るんだ!なんて言うんだから!!

それからの私は絶対に神輿なんか乗らない!って・・
テコでも動かなかった。
どんなにすごい事だと言われても、怒られても、なだめすかされても
頑として首を縦に振らなかった。

仕方なく他の子が乗ったらしいけど、それ以来お神輿が怖いんですよ。

世の中お神輿好きが多いので、やたらな事は言えませんが、どうしてもお神輿に馴染めない2つのポイントがあるんです。

まずは掛け声!
アレがどうもねぇ・・・

わっしょいわっしょいならまだいいんです。
セイヤッ!とかホイヤッ!とかホリャ!とかウリャ!とかってのが、
本当に気持ち悪いの。腹の底がゴニョゴニョしてくる。

でも由緒正しきお神輿では掛け声も決まっているらしいですね。

余談ですが、

昔、とてもお神輿好きな人がいて、私も嫌いと言えずにいたらお神輿のビデオを貸してもらっちゃったんです。

深川の3億円(だったかな?)もするすごい神輿のビデオ。

確か日本一大きいお神輿だったと思いますが、たくさんの人がお神輿を担いで街を練り歩いているだけのビデオですよぉ~!

そんなのよく買うよなぁ~
私もバカ正直に見てしまいましたが・・(笑)

その深川のお神輿はわっしょいわっしょいだったと思います。

そしてもう1つのポイントは
何故にさっさと進まないかって事。

進んじゃ戻り、戻れば進み、足踏みのようにちょっとずつ前に進む。
下手するとあんまり進まないように前から押さえてる人いるでしょ?
なんで?

重いんだから普通に担いでホイホイホイッ!と運んでいっちゃえばいいのにっていつも思う。

そうしたらどこかの地域にはそういうお神輿が本当にあるんだって!
さっさと運んでいくお神輿。フフフ

すり足でジリジリ進んでいく上に揺らしたり倒したり・・
神様もびっくりだよ。多分。

あっでもスサノオだかが乗ってるんだっけ?荒ぶる神?
だからいいのか・・暴れても。
 
あまり詳しくないのでお神輿について語るのはこの辺にしましょう。

ただね、担がなきゃいけない時が近づいているんです。
今まで、何だかんだと理由をつけて避けてきたのに、もう担がない理由が無くなってきてしまったの。
明日は法事だから何とか逃げられたけど・・その後にも待ってるんですよ祭りが・・ウウウ

とても嫌いだからヤダ!とは言えないでしょ?

だから担ぐ格好だけしてお神輿に触らずに飲んでるんだ。

まぁ、ハッピとかは超似合っちゃうので(笑)
祭り男達を魅了してやっか!わっはっはっは!!!

でも、本当にドキドキなの・・こわいよぉ・・
 
2006/09/08(金) 16:45:49

ばあちゃん。

あさっての日曜日はばあちゃんの三年忌。

すっかりこの前まで忘れて釣りに行こうとはりきってしまったババ不幸な孫です。

ばあちゃんは長い事ボケてましたが、それまではにゃみ丸の女将として長年働いてくれていた功労者です。もちろんにゃみ丸創始者。

ばあちゃんの最初に結婚した人は戦死してしまいました。
と言う事は、にゃみ母の父であり、私のじい様にあたる人です。

そして女手ひとつで母を育て・・・と言えば格好いいのですが、
ばあちゃんの両親が健在だったので、その点は人一倍苦労したって程ではなかったらしいです。(本当は大変だったと思うけど・・)

ひいじいさん、ばあさんは小石川区(今の文京区小石川)でいとわた布団店を営んでいました。
わたの打ち直しをしたり、布団の皮(?)を新調したり、普通に布団や糸やわたを売ったりする店です。
今はほとんど見られないタイプの布団屋さんです。

今は布団はある意味使い捨てですが、昔は捨てるって事があまりなかったので必要な店だったんでしょうね。

確かに綿だって打ち直せばまたフカフカになるし、周りの生地を取り替えれば新品同様になるんですよねぇ~元の生地はボロボロの部分を切って残りを座布団にしたり、小物入れを作ったり、雑巾にしたりと最後までモノを絶対に無駄にしないんですものね。

まぁ、布団屋の話はそこまでにして、ばあちゃんの話に戻ります。

そんな家業だったのもあって、ばあちゃんは裁縫は本当に得意だった。
前にお話した着物にしても、全部ばあちゃんが縫った物です。

疎開していた時も、田舎の人達の着物を縫ってあげたり教えてあげたりして、食べ物と交換したりしていたらしい。

母がよく言ってます。
「ちびまる子みたいな赤い吊りスカートをハカマをほどいて作ってもらったんだけど、田舎じゃめったに見ないモノだったからよく引っぱられたりいじめられたりしたわぁ~。」
多分、女の子はうらやましかったんだろうし、男の子は気を引きたかったのだろうけど、当時はイヤだったんでしょうね。

せっかくばあちゃんが作ったのだけど、もんぺの方が良かったらしい。
まぁ、母は母で田舎に馴染もうと必死だったらしいから仕方ないね。

その後、ひいばあちゃんが死に、ひいじいちゃんが死に、ばあちゃんと母は東京に戻った。

女2人で暮らすのに何かいい仕事は?と思っていたら遠い親戚の人に飲み屋をすすめられたらしい。
「キンピラだの切干大根だの作ったり、スルメかなんか焼いてやってお酒を出してあげればいいのよ。」
との簡単なひと言で、右も左もわからないのに2人は店をオープンした(笑)

当時の値段は1合で1級酒が120円2級酒が80円・・だったと思う。

しかし、何もわからないとは言え、ばあちゃんの本来の人好きと芸事好きが目を覚ましたようだった。
ばあちゃんは若い頃から小唄だの三味線が好きだったのだが、そんな事は堅気の娘はやっちゃいかんと抑えられていたんですよ。

それが思う存分発揮できるとなれば、正に水を得た魚!!

その上、ちょっと世間慣れしてない美人(?)親子が飲み屋を開店したとなれば、あっと言う間に常連は増え、あれよあれよと大繁盛!

今では想像できない程に儲かっていたそうだ。

そして今日に至るんですが(ちょっとはしょりすぎ?)

かれこれ10年ちょい前に母が骨折をして入院したのがショックだったのか、そこら辺からばあちゃんがちょっとボケてきた。
それでも、話上手なばあちゃんなので、何だかんだとごまかしが上手くて誰も気づかなかった。

母でさえ私が
「ばあちゃんボケたみたいよ。」
と言ったら
「人の親をボケ呼ばわりするな!あれはボケてるんじゃなくてとぼけてるんだよ!」
と怒られた位だった。

それ位に話が上手いのよ。ばあちゃんは・・

例えば、お客さんの名前がわからなくなっちゃったとするじゃない。
そうすると勝手にトシ坊とかヤマちゃんとかって呼ぶのよ。
それで、お客さんが違うよと言っても
「おまえさんは私が大好きだったトシ坊にそっくりだからトシ坊でいいんだよ。」
とこうだ。
これじゃあお客さんも反論できない。
次にトシ坊すら忘れてコウちゃんとかって呼んだとしても、こういう冗談好きなばあちゃんだから仕方がないと許してくれる。

それからかなりボケて来た時の事だった。
1人のお客さんの所におしんこばかり持っていくんですよ。アハハ
またそれが気の弱いお客さんでね。
「女将、おしんこまだあるんだけど・・。」
「ああ!これは私が食べるんだよ。」
そしてまたおしんこが
「あの・・女将?」
「おしんこは体にいいからほら召し上がれ。」
そしてまた・・
「もうおしんこは・・。」
「ああ!もういらないのかい?こんなに美味しいのに。」
そして・・
「何か他の食べたいな・・。」
「じゃあおしんこでももらおうかね。」

とまあ、こんな感じ。

テーブルに並ぶおしんこ達。
その人はとうとうおしんこをお土産に持って帰りました(笑)

その時は私もたまに手伝っていたので現場にいたのですが、誰が参ったするまで根競べだった。アハハ
私達もお客さんも面白がっていたのでおしんこだらけにしちゃいましたが、他の人にはそんな事しませんよ。
ただ、そうやってボケていても、ああ言えばこう言うばあちゃんなのでほとんどの人が気づかなかったのよ。

だから憎まれ口もハンパじゃなかった!
ボケてるからって我慢しようにも我慢できない程。
めったに会わない親戚とかに電話しちゃうんですよ!
「何にも食べさせてもらえなくてねぇ、まだ仕事させられてるんだよぉ。おまえさんにも会いたいけど小遣いがもらえなくてねぇ、行けないよ。」
そんな事聞かされたら、その人は母の所に電話よこすでしょ?
「うちならいつ来ても何日泊まっても構わないからばあちゃん休ませてあげてよ。」
それで、その事をばあちゃんに言うと
「冗談じゃないよ!そんな人としゃべってもいないし行く訳ないわよ!変な所に追いやろうってのかい!」
結局、母が親戚に嫌味を言われて終わり。

本当にそんな事が続いた時期は悪夢のようでしたよ。
テープにとって本人にも相手にも聞かしてやりたい位でした。

それでも、とうとうちょっとした入院をきっかけに本ボケしてしまい、口数もずぅ~っと減ってしまいました。

ボケるってね、記憶だけがボケるんじゃないんです。
感覚の全てがボケるんですよ。

よく何度食べても食べてないって言うって聞くでしょ?
あれは満腹感がボケてるの。
そして痛みも暑さ寒さもしょっぱいも辛いもみ~んなボケるの。

それでも大好きな唄は最後まで忘れなかった。
母が最初を唄ってあげると続きが出てくる。
民謡番組とかを見せると喜んで見てる。

人の名前も娘も孫もな~んもかんも忘れても唄だけは忘れなかった。

もっと早くそれに気づけば良かったのだけどなぁ~って思う。

ただ、大正生まれのばあちゃんは本当に素直じゃなくてね。
さっきも書いたけど、娘時代に芸事を止められていたでしょ?
だから私達がいくら
「ばあちゃんは唄大好きね~。」
と言っても
「まぁイヤじゃないねぇ。」
と言っていた。
そして、ボケても店!店!ってあまりに店を気にするので
「ばあちゃんは店が大好きね~。」と言うと
「こんなのんべえ相手の商売なんか好きじゃないよ!」
と決して好きとは言わなかった。

私はばあちゃんに「好きだ!楽しい!」って言わせたくてあれこれ考えたけど一度も言わなかったなぁ・・

好き嫌いで物事を決めてはいけない時代の人だから仕方ないのかもね。

ああ、長々と思い出すままに書いてしまいましたけど、そんなばあちゃんが死んでまる2年。

怪談が得意でよく私達に怖い話を怖い顔付きで話してくれたばあちゃん。
面倒臭い事を頼むと知らぬ間に店に行っちゃうばあちゃん。
おしんこにドボドボしょう油をかけるばあちゃん。
正月の鏡餅を砕いて作る揚げ餅が上手だったばあちゃん。
外面だけはやたら良かったばあちゃん。
私達が外出する時は決まって「悪漢に気をつけろ!」と言ったばあちゃん。

私がもう少し早く大人になってれば、もっと色々やってあげられたのかもしれない。

恩返しできなくてゴメンね。

その分ばあちゃんが一番大事にしてた母ちゃん大事にするからね。
あの世で戦死したじいちゃんに三味線と唄でも聞かせてやっててよ。

あ~あ~湿っぽくなっちまった。てやんでい!

 
2006/09/07(木) 16:24:53

あるバイト。

みなさん、今までにどんなバイトをした事がありますか?
中には変わったバイトや珍しい体験をした人もいるでしょうね~

私がこれまでしてきたバイトの中で特に記憶に残っているバイトをお話しましょう。

まずは、人生初めてのアルバイト。
それは高校1年生の時でした。

初めてなのだからファーストフードとかコンビニとかにすれば良かったのかも知れないけれど、私なりに考えたバイトの条件は

1・時間が短い。
2・時給がいい。
3・人前に出ない。

の3つ!
そこで選んだのは『ビル清掃』でした。

それも千代田区大手町のでかいビル!

学校が終わり、定刻までにビルに入る。
ものすごい地下まで降りていくと、更衣室兼休憩所があるんです。
そこで着替えて待っていると主任が人の割り振りをしに来る。

大体3人ずつ組んで仕事をするんですが、ほとんどがおばちゃん軍団だった。主任だけおじさん。
そしてその会社には主任も逆らえない女ボスが2人いました。

女ボスA・・がらっぱちって言葉がぴったりの人。
      言葉も態度も乱暴だけど仕事が早い。
      その上、面倒見のいい人情派。
女ボスB・・おっとりした奥様といった風情の人。
      しかし人使いは荒い。
      笑顔で悪口を言う恐ろしいオバハン。

新人の私はと言えば、常に人の少ない方へ回されていたので、どちらのチームの一員でもなかったのだが、両者共に生きのいい部下が欲しかったらしく獲得大作戦が繰り広げられたのだ。

一応仕事の内容ですが、まず各契約会社に入ります。
会社によっては仕事内容が少々異なるのですが・・

基本はホウキでゴミをはき出す。
それからブラシのついた掃除機のお化けみたいので磨いていきます。
その間に窓や何かを拭く。
後はゴミ箱にあるゴミを集めて捨ててくる。
そしてまた次の会社に行くのです。

普段はこんな感じですが、何日かに1回ワックスをかける事もあります。

掃除機のお化けは免許を持ってる人しか基本的には使えないらしく・・まぁ、面白がって使った所で自分が回っちゃう(笑)
それは冗談ですが、すごく重くて難しいんですよ。
まっすぐ行くのも大変なくらいです。

なので私はホウキではき出すのと雑巾がけとゴミ捨て位しかできなかった。

初めのうちは私はボスBのチームで仕事をする事が多かった。
人使いの荒いBは初心者でモノがどこにあるかもわからない私を容赦なく使い、毎日クタクタだった。

何がズルイってボスBと手下は2人で掃除機のお化けとホウキをやり、残りの雑巾がけとゴミ集め&捨てに行くのを私にやらせた。
そして私の仕事が終わるまで休憩してるのだ!!!

にこやかな顔でやる事やってくれるBめ!!

そしてもっとイヤだったのは、仕事前と後。
休憩室でみんなお菓子を持ち寄りお茶してるのだが、そんな場所だけいい顔して山のようにお菓子を私に食べさせるのだ。

まるで
「ご褒美よ!」
って言ってるみたいに・・。

そしてある時、シフトが変わり私はボスAのチームで仕事をする事になった。
それまでは大変なのは当たり前と思っていたから、チームBにいたように走り回った。

すると!ボスA
「あら!そんな働かなくていいのよぉ!Bさんの所は要領悪いからやらされてたんだろうけど、うちは大丈夫!あなたはゴミだけやってちょうだい!」
「はぁ・・。」
「あなたが捨ててくる間に終わってるから!ガハハ!」


なんとまぁ!顔も態度も怖いけどいい人なんでしょう!

私はその日からゴミを集めて捨ててくるだけになった。

確かに仕事が早い!たまには私も手伝おうと思ってゴミ捨て場までダッシュで行き戻ってみた事があったが、すでに終わっていた。

それからというもの、私はすっかりボスAチームの一員として可愛がられる毎日を送りました。

ところが、平穏な日々はそう長くは続かなかった。

休憩室でボスBから
「Aさんは乱暴だから大変でしょ?がんばってね。」
と何故か励まされ、お菓子をもらっている所を(本当はお菓子嫌いだから無理やり持たされたのだけど)ボスAに見つかってしまったのだ。

本当はそんな事はどうでもいい事のように思えるが、敵対している2人にとっては大問題だったに違いない。

私獲得戦争の火ぶたが切って落とされた!!

その次の日になって、いつものようにボスAにくっついて担当フロアに行くと
「今日は10F行きましょう。」
「はぁ・・10Fは初めてです私。」
と答えると何やら不気味に微笑んだ。

なんなんだ!?

それまでは私は時間が短いので2フロア分しか働いてなかった。
ボス達はもっと長い時間いるので、チーム分けして毎日大体5~6フロアずつやっていたのだ。

だから別の時間にやっていた10Fには足を踏み入れた事がなかった。

もともとそのビルは色んな会社が入っている貸しビルで広い会社もあれば狭い会社もある。汚い会社もあればキレイな会社もある。
そして上に行けば行くほど金持ち会社らしかった。

特に10Fはみんな大好きなフロアらしく、ボスAに気に入られないと連れて行ってもらえないというよくわからない決まりができていた。

一体10Fって何だよ!?

ボスAは手下に目配せすると先に私を連れて10Fに降り立った。
パッと見るだけでは全く普通のフロアなのだが、初めの会社に入った時だった。

どわっ!

初めに入るように目配せをされ、一歩踏み入れて叫んでしまった。

すんごいカーペットだったんですよ!
毛足が10cm位あるようなカーペット!

底なし沼に入っちゃったかと思ったよ!!

そしてボスはそばにあったソファーに座るようにまた目配せをした。
私は命じられるままに座ってみた。

おわっ!

お尻が吸い込まれ、もう二度と立ち上がれない位の柔らかソファー。

私が目をまんまるくしているとボスAはポケットからお菓子を出して私にくれて、自分はタバコを吸いながら語り始めた。

「私ゃこの会社で休憩するのが好きなんだよ。」
(そんな事してていいのか?)
「世の中にゃこんなすごい所で仕事しようって人もいるんだよ。」
(ふむふむ・・)
「だけどさぁ!Bさんは・・」
(ん?Bさん?なんでそこにBさん?)
「あの人はさぁ!気取ってるでしょ?旦那がすごいの、息子が優秀だの、いい家に住んでるだの言ってるけど、じゃあ何でこんな仕事してるんだ!って私ゃ言いたいわけよ!」
(確かに・・)
「仕事はロクにできないけど、ちょっと女っぽいでしょ?だから主任も甘いのよ!」
(へ?女っぽい?・・かなぁ??)
「だからね・・。」


とソファーにうずもれながら延々ボスBの話を聞かされた。

10Fをみんなが好きな理由は、そんな豪華な会社が並んでいる事とそんな会社達は誰も汚さないので掃除が簡単だという事だった。

しばらくボスAの話を聞いていると手下が到着した。
手下は私がボスAの話を聞いているうちに1人で掃除を済ませてきたらしい。それくらい楽なフロアなんです。

その日は私はそれで終了でした。
ボスAも私をとっておきの場所に連れて行ったという事で、いよいよ私もAチームの一員を念を押せたので満足げだった。

しか~し次の日!
何とボスBが私のタイムカードを押してくれるという事件が起きた。

「いつもこの位の時間には来てるでしょ?だったら早めに押した方がいいじゃない。」
「はぁ・・ありがとうございます。」
「帰りも押してあげるわよ!」


これにはさすがの私も参ってしまった。

まだまだボスBは奥の手を持っていたのだ。
そしてその後も2人は私を通して戦い続けた。

2人がくれるお菓子が増えていき、仕事の量が減っていき、なのに時間は増えていき、息子を紹介され、ユニフォームは交代で洗濯してくれ・・

私は激化する2人の間でさまようクラゲのようになっていった。
とうとう何をしに来てるかわからなくなってしまった。
多分、2人も何のために私が欲しいのかわからなくなっていたんじゃないかしら?

しかし、ある時ぴたりと2人の私に対する過干渉はあっけなく幕を閉じた。

私と同い年の男の子が入ってきたのだ(笑)

びっくりする位に2人の態度が急変。
それを少々寂しく感じながらも、これから彼に起こる数々の出来事を想像して笑いをこらえながら私はそのバイトをやめた。
もちろん余計なアドバイスは彼にはしませんでした。ププ

私の人生初のアルバイトはそんな強烈な人の群れの中でした。
強烈なおばちゃんパワーにもまれ、たくましくなったような気がしました。
絶対に忘れられない出来事です。

そして次に選んだアルバイトは動物園。
そこでも面倒くさい人間模様があったのですが、それはまた今度♪


 
2006/09/06(水) 15:52:24

何に使えば・・?

実は私の手元に一本の謎の竿があります。

ある人が作ってくれたのですが、何に使っていいのかまるっきりわかりません。

そこで!みなさまに推理していただこうと思います。

まずは
20060906152815.jpg

↑これなんです。

つなぐと全長130位。
重さは115g。
ガイドは14粒。

20060906153007.jpg

↑で!15gのオモリをぶら下げてみた。
先から15cm位の所から曲がる。

20060906153128.jpg

↑で!試しに30gのオモリをぶら下げてみた。
何だか竿がかわいそうな感じ。

ちょっと見づらい写真ですみません。
オモリぶら下げて竿を持って片手で写真撮るのって大変。
置いてみたらユラユラ揺れちゃって上手くいかなかったし・・。

さぁ!何に使ったらいいか教えて!下さい。

これが、フグやらイイダコやらに使えたらラッキー♪なんだけど・・

釣りに行けないうっぷんを釣具屋さんではらしてしまいそうなキケンな毎日。今日は雨でよかったよ。でなきゃチャリチャリと上州屋行っちゃってた。

フグの仕掛けとかみたいし~イイダコのもみたいし~ワカシの鉄仮面も新調したいし~バケとかウィリーもみたいし~竿買いたくなっちゃってるし~超小物用のリールも欲しいなぁ~♪

だから今日が雨で良かったのです。

でも明日がある(笑)

ああ!私の物欲を止めて~


 
2006/09/05(火) 15:50:26

ふぐのおべんきょう。

23日のフグフグ大会に向けておべんきょう。

フグに精通した方々のブログをひも解き読み漁り、頭の中にある程度叩き込んで~と思ったのだけど、実はまるっきり想像もつかない。

フグってなんだよ!!

しかしながら、美味かった。
先日も書いたけれど、フグ様に謝ったほどだ。

「今まで足蹴にしてゴメンなさい。」

そして今度は

「自分で釣ったのを食べたいのですが・・。」

とお願いしてみた。

まぁ、百聞は一見にしかず・・
みんなの説明や解説を読んでいても、果てしなく訳のわからない想像をしてしまって・・

昨夜はフグ釣りの夢を見たのだけど

カットウは上を向いていなきゃ・・ってキーワードが頭に残りすぎていたのね。
何と私のカットウだけケンザンみたいなの(笑)
それでブスブスってフグをぶっ刺して釣ったのだけど、上がってきたら穴が開きすぎてペチャペチャのフグ。
そしてそのうちにフグも怒り出し、ハリセンボンみたいになって攻撃してきた!

イテテテテ~って目が覚めたら枕元に置いていたチクチクのカゴに手を突っ込んでいた。

そして、このままじゃマズイと思った。

あまりにわからなすぎる。

それで、今日は近所のフグ屋さんの水槽を観察してみた。
しかし・・フグ様ご機嫌斜めなのか、腹が減ってるのか動かない。
ずっと横向いちゃって顔も見せてくれない。
ちょっと腹が立って水槽突いたら従業員ににらまれたのでにらみ返した。
それでも、フグ様はほぉ~って浮いてるだけ。
そのうち私の頭もほぉ~ってなってきたので写真撮って帰って来た。

う~~む。

私同様、これから初めてフグ釣りをする人の為に
フグ様とおつき合いする前の心得を書こうと思ったのだけど、謎が謎を呼び、考えれば考える程

フグってなんだよ!!

になってしまう。

行く前から毒されてるんだから、フグの毒はやはり恐ろしい。

でも楽しみなの♪

初めての釣りモノの時はドキドキするけど、本当に楽しみなもの。
今年は初めて釣る魚がた~くさんでした。

オニカサゴ・カサゴ・メダイ・アナゴ・・・
そして今度はフグでしょ~来月イイダコでしょ~

とりあえず、初めてでもぼーずは逃れてきたから今回も何とか1匹お願いしたい。

ドキドキ・・

今からこんなで大丈夫か?

まだ、18日もあるじゃないのぉー!

その前に一発カッタクリでガシガシしてきます。

で!肝心のフグのおべんきょうだけど・・
私のバイブルには

「カットウ釣りは上のハリに寄せえさを刺し、このエサに寄って来たフグをカットウバリにひっかけて釣る。アタリは、コツコツとかクイッと小さくくる。そこで、わずかなアタリを感じても鋭く合わせてみる。ときどき空合わせもしてみよう。
カットウ釣りは、ハリ掛かりしても強い引きはない。ゆっくりリールを巻いて取り込む。」


としか書いてない!!!

そこまではわかるんだよ!全く!

なになに・・?
「フグは食いたし命は惜しし・・。」

・・・・・まあね。

ん?
アオヤギでも釣れるんだ~

ハコフグ・・かわい~よね~
ホシフグ・・・き・・きもい・・・・
ムシフグ・・ヒョウ柄だよ!おい!!
センニンフグ・・・ほそっ!てかっ!
キタマクラ・・お前だよ!私の敵はぁ!

私のバイブルもフグについてはあまり役に立ちそうもないです。

さて!もう少し、みんなのブログ読んで
せめて質問できる位はお勉強しましょ~っと♪
 
2006/09/05(火) 13:42:36

フグ

20060905134243
近所にあるフグ屋さんの前でフグ見てたら熱中症になりそうになった(笑)
 
2006/09/04(月) 16:03:28

穏やかな日曜日

昨日は久しぶりに何の予定もない日曜日でした。

本当は何も予定がないのだから釣りに行けばよかった・・トホホ

でも、何もないからってやる事はたくさんあるんですよ。

まず、うちのメダカに友達を買ってきてやりました。

20060904153915.jpg

↑これがスイレン買った時にたまたまいたメダカ。
一人だけ寒い冬を越して元気に暮らしている子なの。
ちょいと見づらいか・・。

20060904154058.jpg

↑そしてこれらが昨日10匹240円で買ったメダカたち。

今はみんな仲良く潜ってしまったので写真は撮れず・・。

ホームセンターって楽しい。
本当はもっとじっくり見て歩きたかったんだけど、時間がなくてメダカだけ購入。
カッパもベンサンも長靴も板も電気も犬も売ってる。

私はベタが好きで去年とてもたくさん買ったのだけど、冬みんな死んでしまった。ゴメンなさい。

その後、母とアルちゃんがスポーツクラブに行ったので、私は二人をちょっとだけ観察して・・見学して帰った。

水の中は気持ちがいいよね~
私は子供の頃、よく溺れたのだけど何故か水を怖いと思ったことがない。
それだけは良かった。

ただ、泳げない。

う~ん・・。正確に言うと泳げるのだけど、息が上手くできない。
潜るのは好きで息が続く限り水の中で泳ぎ、たまに息継ぎに上がってくる。

クジラ泳法!?

私も会員になってキレイに泳げるように習うんだ~い!

それから私は夜飲むモノとおつまみを買っておうちに戻った。
本を読んだりパソコンつないだりしてボニャボニャ過ごし、気がつくともう夕飯の時間。

夕飯をちゃんと家で食べるのは月に1回か2回なので、はりきって食べた。少々はりきり過ぎた。
普段、朝ごはんはきっちり!夜はつまみ程度!な生活なので、夜しっかりとご飯を食べるのが苦手になっていたのね~
だらだら食いがクセになってしまっているみたい。

食べ終わったら動けなくなってしまった。

ついウトウトと寝てしまい。
またしても夜中に動き回る事になった。
体内時計がすっかり狂ってる。

でもまぁ、寝貯めと食い貯めはできたかな(笑)

あっ!そうそう!!
一昨日の夜に有精卵をもらったから、胸の中に入れて暖める事にした。
それで、卵と一緒に寝たら・・・

まぁ、そんな事もあるでしょう。



 
2006/09/03(日) 19:36:21

風呂♪

20060903193620
カエルさんスポンジで洗いましょう♪

本読んでのんびり入る。
日曜日しかできないゆったりタイムだが…
ご飯食べ過ぎて動けない(泣)
これじゃあおぼれるよ~
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。