にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/07/31(月) 17:10:19

巣立ちの時。

昨日は海の予定もなく、虫捕りの予定もなく(もう行かないよ)ビッグオフ会の為のお買い物に行ったり、庭に出たりとのんびりした。

どうやら梅雨明けしたらしいので、今まで放置していた庭に出て、キュウリやナスを採ったり、草むしり~と思ったら蚊の猛攻撃に合い断念。

すると!ピャーピャーと騒ぐ声が・・
梅の木に巣を作ったヒヨドリが大騒ぎしている。
見るとヒナが4羽!!毎年2羽ずつだったのに今年は大量に出産したらしい。

一昨年の事だった。
朝から親が右へ左へと狂ったように鳴きながら飛び交っていた。
これは何か事件だと思い、巣を見ると空っぽになっていた。
そして耳をすますとピーピーと小さな声がどこかから聞こえる。

落ちちゃったんだ!

私はタオルを持ち(直に持ったらマズイと思って)小さな声のする方に行った。
すると!道路をはさんだ向こう側の工事していた柵の中に1羽発見!
出られなくなっていたその1羽を手を伸ばしてタオルで包んだ。
そうなるともう親はパニック!私を突こうとするような勢いで頭の上で大騒ぎ。

あんた達からヒナを取ろうとした訳じゃないんだよ!

急いでうちの庭の中に放り込んだ!
さて、後1羽。ピーピー聞こえるんだけど姿が見えない。と思ったら、巣の真下にいた。その子はまたまた急いで巣の近くの枝に乗せ私は家の中に・・・。

するとまだ親はピャーピャーと騒ぎながら飛んでいる。
でも、今度は手を貸さずに様子を見ていたら、それまでおぼつかない飛び方をしていたヒナ達がちょっとずつ距離を伸ばして飛べるようになってきた。

そこで私は気づいた。
『巣立ちの日』だったんだー!それで変な所に飛んじゃったのねー!

勝手に手助けしてしまった私は少々反省した。
でも!工事の中に入った子は助けなきゃ出られなかったもん。

夕方になって親子はかなり遠くまで行ったようだった。
一日中休まずにエサを咥えたまま鳴いて子供らを誘導している親鳥達は
そりゃあもう素晴らしい!の一言!

ヒナを触っちゃってゴメンね。
それでもちゃんと連れて行ってくれたのね。

そして昨日!やっぱり巣立ちの日だったらしい!朝から大騒ぎ。
4羽のうち2羽はもう巣から出て枝にいっちょ前に止まっていたが、残りの2羽はまだ巣の中でモジョモジョしていた。

大丈夫かな?

そんな心配をよそに買い物から帰ってくると巣は空っぽになっていた。
が!親達は血相変えて(鳥の血相なんてわかんないけど)庭を飛んでいる。

これは、またはぐれた子がいるな・・。

私は静かに庭に出てみると、他の木に止まったヒナが1羽いた。
親達の心配をよそに何だかのんきにアクビかなんかして半分眠ってるようだった。
まだウブウブした子だったけど、ちゃんと親達と行けたみたい。

これからは自分でゴハンをとって生きていかなきゃいけないのだから大変だ~。

私なんて家から出たり入ったりまた出たり今度は入ったまま勝手にしたりと(笑)巣立ちが下手なのに
ああやって強引に時期が来れば巣立っていく鳥さんを見て大したもんだと思ったね。

まあ、だから人間の巣は大きいんだろうね。

私は人間で良かったと思いました。チャンチャン

魚も巣立つんだっけ?


20060731163209.jpg20060731163328.jpg


20060731163511.jpg20060731163702.jpg

スポンサーサイト
 
2006/07/30(日) 19:42:45

ぎょ~ざ

20060730194232
今日は妹の子供らが来たので餃子を作って食べた。
私がパソコン開くといじりたおすので、更新は深夜になるでしょう。
ああ!可愛いけど大騒ぎ…私はずっと追いかけてゴミを拾って歩いてます。
そんな私の今は背中に馬乗り…
そしてどうやら背中に餃子の具がポロポロと…
あ…携帯の画面にニラが落ちた。
 
2006/07/29(土) 17:17:14

乱暴ちゃん。

そうそう!昨夜ふいに思い出して大笑いしちゃった。

先日のマルイカ釣りの時になんと竿をほん投げちゃったんだよね~私。

道糸が竿先のガイドにグルリとなってしまったので竿を回していたのね。本当はもっと手前に竿を持ってくればいい話なんだけど、何故か腕だけをムリして伸ばしてやってしまったのよね~
そうしたらちょっとした振動の時にふわっ!と竿から手が離れた。

竿が宙に舞った。

おわっ!

どうしてああいう時は時間がゆっくり流れるのでしょう・・

無我夢中で何でもいいからつかまなきゃって思った所が竿先だった。
その時多分一瞬だけど、腕が1m伸びた気がする。
竿先をガシッとつかみ、つかんだ瞬間こんな所持っちゃダメだと思い、シュタシュタシュタ!と竿の中央をつかみなおした。

この間 約0.2秒。

海にボチャンは免れたから良かったようなものの、たまたまアルちゃんのスッテを解きに来ていた船長さんとアルちゃんは目が点。
私は何事もなかったかのように・・とはいかず、ウギャア!

本当にあせったんだよね~竿が宙に浮かんだんだもん。

乱暴者の烙印は今回も消せなかった。
しゃーないね。本当に乱暴者だから・・・

せっかく持っていった取っ手つきのザルも一発で取っ手折っちゃったしね。

さ~てと、今日は早仕事だったので、もう飲んじゃったよ(笑)
ナスでも漬けて落ち着こうかな~

20060729171304.jpg


丸ナスの塩漬けに冷たい生ビールは美味いね!

みんな今日も明日も釣りガンバ!
 
2006/07/28(金) 17:09:08

もうだいじょうブイ!

みなさまの応援の(?)おかげで風邪はナリをひそめてまいりました。

もともと私の風邪は不思議なヤツで、どんな人のどんな風邪がうつろうが、いつも必ず同じ症状なんです。

せき!くしゃみ!鼻水!

以上。

熱は出ないんですよ。うらやましい?

い~え~!全然うらやましくなんかないですよ!!

どうしても風邪をひくと熱が一番アピール度が高いじゃないですか!
「熱は?」って必ず聞くでしょ?

私の場合はどんなに咳込んで胸が痛くなろうが、鼻をかんだティッシュで部屋がいっぱいになろうが、熱がでないのでなかなか風邪と認めてもらえないんですよ!

だから風邪を引いても「熱はない!大丈夫!」と勝手に判断されちゃうのよね~。

でもね、熱はなくても辛いのよ。体温差に弱いのかも・・
平熱が36度7分前後なのに37度になるとヘロヘロ。これ如何に?
もし38度とか40度とか出たら煮えちゃうかも・・怖い。

今回は風邪引いた!って気づいてすぐに薬を飲んで酒を飲んだからもう大丈夫!セキも落ち着いたからもう治るよ。
みんなの応援が効いたんだな!ありがとう!

ああ!もし宝くじが当たったらどうしようかな・・(いきなりです)

まず、海の近くに店のできる家を作ろう。
そんでもってほそぼそと仕事をしながら釣りに行こう。

そして私は子犬を飼うのよ~子犬の横に~は~あな~た~♪
あな~た~あなたが~~~い~て~~・・・見つけなきゃ

明日とあさってはみんな海の上だろうな~
私はがんばってこの前使ったスッテを結わきなおしてみたいと思います。それに釣具屋に行って可愛いスッテ買って来よ~っと♪

ああ!今ニュースで江東区で接岸中の貨物船が火事ってやってる!
貨物船でよかったねぇ~!びっくりしたぁ~!
明日は墨田川の花火でしょ?花火の前の煙かな・・・

そして~私は~スッテ~を編むのよ~♪
わたし~のよこに~は~あな~た~あな~た~
あなたが~見~つからない チリ~ン

熱はないけど脳が煮えてるらしい。

 
2006/07/27(木) 16:50:58

ゴホッ

今日も暑い。昨日ほどじゃないけど・・・

私は風邪を引いてしまい、暑いと寒いの行ったり来たり・・

プレゼントなんてくれた事のない人からせっかくいただいた風邪なので大事にしていたのが悪かった。
その上、ケチんぼして誰にも分けてあげないよ~って自分の中にしまいこんでしまったのがよくなかった。
もう誰ももらってくれないだろうなぁ~トホホだよ。

そこで教訓。
『風邪をもらったらすぐさまお返しをする事!』

決して大切にしまってはいけません。

TS340260.jpg


唯一撮ったイカの写真。
人の気も知らないでスィスィ泳いじゃってさぁー!

手に乗せると色が変わる。濃くなったり薄くなったりしてツツツーって逃げ回る。
あのイカの皮って面白いよね~イカが死んでも皮の模様のプツプツはまだしばらくはウルウルしてるのね~♪

そしてこれ↓

060723_0525~01.jpg


かけこみ乗車はキケンです・・・
でもあなたの方がキケンな香りがする。
何故そんな姿になってまで私達にキケンを教えているの?
怖いじゃん!
何の遺跡の絵?って思っちゃったじゃん!

さ~てクーラー2台目も直った事だし、今日からどんなに暑くなっても構わないぜー!

クシュン
 
2006/07/26(水) 17:53:17

にゃみ丸

時は急ぎ足で~心を横切るよ~♪

歌ってる場合じゃなくて、ずいぶん時間の余裕を持ちすぎていつまでも遠い遠いビッグオフ会と思っていたら後10日ほどでやってくるじゃないのぉ!

夏休みの宿題を最後の3日で仕上げ続けてきた私。直前の追い上げ!見ててよ(笑)


さて先日、こんなに遠いにゃみ丸に乗船してくださった方々がいた。
ありがたや~ありがたや~♪
ボロで沈没寸前のこんな船にわざわざ遠くから乗っていたいただいたおかげで家族が生き延びました!m(_ _)m
あっ!そうそう!クーラーも直せましたから(爆)

海と釣りの職人さん達の仕立て。

海と釣りでつながった人達は初めて会おうがなんだろうがまるで一緒に荒海を越えてきた仲間のように通じ合い盛り上がっていた。
その上、話についていけてない私にもわかるようにみなさんが時々通訳をしてくれた。
面白エピソードを交えての海の上ならではのお話に、びっくりしたり笑わせてもらったり・・
そして釣りの話になれば、これはもう目が血走って(ウソ・笑)熱の入った理論が飛び交う!
私はよく聞かなきゃと思いつつ、4人の海の男性達の誰が一番黒いかな?なんて頭飛んでいたのでよく覚えていません・・あしからず。
(て事に・・・笑)

でもね~本当についていけてなかったんだけど、私はみんなが一生懸命に海で生きて、海が好きで、釣りが好きで、って言う熱意だけでお腹いっぱいになっちゃって、見ているだけで楽しかった。

素人の私には海って表面でしか考えられなかったのだけど(釣りしてるくせに・・)
海は水があるだけで陸地と同じで山があり、谷があり、砂漠があり、岩山があり、平地もあれば盆地もある。
そんな当たり前の事を改めて感じさせられました。
これからは海を見る目がまた少し違ってくるでしょう♪

根本的な事がまるっきりわかっていない、基礎が全くなっとらんのでそんな不確かな土台に色んな知識を乗せても、後から後からこぼれ落ちちゃう。結果は上達しない。(>_<)
せっかくこんなに素晴らしい釣りの名士達とブログを通して知り合えたのだから、やはりどんどん勉強させてもらって土台をもっとしっかりさせたいな~。

まぁ、先日のにゃみ丸でのお話はこんな感じで(笑)
でないと、無料乗船券を発行してもらえないも~ん♪アハハハ
 
2006/07/25(火) 17:20:53

まんまるイカ

7月23日(日) マルイカ 片瀬江ノ島 萬司郎丸 AM6:30

久しぶりのイカさん!緊張の夏・・日本の夏。
萬司郎丸さんがマルイカを始めた時は6:00出船だったので、これは電車で行けないなぁ・・って思っていたのですが、何と急に6:30出船になったではありませんかぁ!
私のマルイカ食べたい気持ちが天に通じたのかぁー!ラッキー(^-^)v
(でもまた6:00出船に戻るみたい)

という事で毎度おなじみアルちゃんと2人での電車釣行。
早朝の電車はユニークなキャラの宝庫。
アルちゃんは
「今日は面白い人いないでもらいたいなぁ・・行くまでに笑い疲れちゃうんですよね・・。」
と言っていたが、多分アルちゃん・・あなたも面白いのよ(笑)

そして案の定いるわいるわ!面白人達。
笑っちゃいけないけど、前回も会ったもみ上げの人。いがぐり頭のじっとしてる人。多分あの時間の常連サンなのね(笑)
そしてそこそこいい女なのにいきなり眠りほうけてラマみたいになった人。家のソファーと勘違いしてすっかりいい気分で横になっちゃった人・・いい夢見てるみたいで薄笑いしてた。筧利夫もいたし、ドランクドラゴンもたくさんいた。田中もいた。
アルちゃんはもみ上げの人を見て
「私アレ持って帰りたい!」
と人をアレ呼ばわりしていた。惚れてしまったらしい・・・(笑)

少しは寝ようと思っていたのに結局大笑いし続けて疲れ果てた私達。

この前は本当にギリギリの到着になるので荷物は重いけど飲み物食べ物を家の方で買って行った。大事な生命の源だからねん♪

そして駅に到着。置いてけぼりになるのは困るので少々の雨の中小走りに受付へ!そして受付を済ましいざ船へ!!!

実は昔、置いてけぼりになった事があった。
それは私も悪いのだけど、お母ちゃんが乗船券に書く船の番号を間違えたので、私はすっかり他の船に乗るもんだと思い、乗るはずの船をのんきに見送っていた。
そしてしばらくして他の船長さんが血相変えて飛んできて
「どこにいたの?」
「ずっとココでお見送りしてた。」
「え?にゃみさんの乗るのはさっき出た船だよ!」
「うそぉー!ぎゃー!」

とまあこんな具合で、仕方なく他の船に詰めさせていただきました。

今の時期までは釣りモノで船がわかるから大丈夫なのだけど、青物が始まったりすると、同じ釣りモノの船がいくつか出るので注意しないと危険。ぼけぼけしてると置いていかれる。

まあ先日はちゃんと船はあり、一応慌てて乗り込んで仕度をしていたらいつもお世話になるGさんが
「にゃみちゃん氷持ったの?」
あひゃひゃひゃ~忘れてた!っていうかクーラーの中身飲み物だらけで氷の入る余地がない(笑)
仕方がないのでバケツに飲み物を出し、氷をクーラーにしまいこんだ。

そしてふと見るとお隣はmakotoさんじゃありませんかぁ!
今まで、何度も顔は合わせているし、同じ船に乗り込んだ事もありましたけど、お隣に座るのは初めて!
何か緊張するじゃん!でも勉強になるじゃん!ウッシッシ

右舷はミヨシからmakotoさん私、アルちゃん、おじさんの4人。
片側だけ見たら完全に○凹船。(丸い女の集まり)失敬^m^

出船するやmakotoさんが近くに来てくれて色々と挨拶方々お話を・・
どの位走るのか~とか今期2度目だ~とか昨日はシロギスだった~とか
・・とちょっとアルちゃんが気になって見てみるとお隣のおじさんにイカ釣りのレクチャーを受けている。おじさんなかなか力の入った指導をしていた。聞こえなかったけど身振り手振りでね(笑)

しかし!先に言っちゃうけど、この日の釣果は2~40。
40杯はmakotoさん!ブラボー!私とアルちゃんは仲良く11杯!そしてアルちゃんの隣りのおじさんは・・・

2杯・・・どっかーーーーん!

何故?

イカ釣りに精通してる人じゃなかったの??

私は最後に知ったのだけど、途中でおじさんの数を知ったアルちゃんは申し訳なくなりおじさんの方を向けなくなっていたそうだ(笑)

さて話を戻そうかね・・
鳥居のある所についたのよ。なのでしっかりお参りを・・と思ったら船グルグル回ってて鳥居じゃない方を向いて拝んじゃった。こりゃイカン。

気づくと船団ができていて、正に目の前の船でイカが上がった!
おお!素晴らしい!パチパチパチ

コリャがんばらなきゃ!と思ったけど、電車の中で疲れてしまったので体力ゲージは2、テンション3
それでもいつでも始められるように竿を持ち、オモリを握って投げ入れる準備は万全!

ドキドキ・・ドキドキ・・・

「はい!やってー!」

うおー!緊張の第1投はまずまずの飛びを見せた。
シュパパパパ!やりました!私はキレイに投げられました!

・・・・あ・・れ・・・?

投げましたよ。底につきました。ちゃんと糸ふけにも気をつけて・・
でも・・これから何するんだ?

ガーーーーーーン!

何にも聞いてなかった!
キョロキョロと見回すともうすでにmakotoさんがイカさんをあげている。これは困った。
「船長さーーーーーーん!」
すると、ちょうどリールの調子がおかしくて見てもらっていたアルちゃんと共に急いでレクチャーを受ける事に
「底に着くでしょ!そしたら50から1m巻いて・・」
シャカシャカシャカシャカシャカ・・
目にも止まらぬ速さで竿を振った。
「そして待つ!よく竿先見ててアタリがあったらゆっくり聞き上げてみる。はい!やってー!」
竿を振るのね・・・ミャンミャンミャン。
どうもリズム感がないようだ。でも楽しい!何か楽しい!
「これ楽しいねぇー!」
つい言ってしまった、ら!すかさず
「楽しくない!よそ見しないでやる!」
怒られた。アハハ

しばらくは釣るとかっていうよりもミャンミャンミャンの練習。
だけど、違和感が・・

あっ!ドラグ緩めっぱなしだった。

これじゃあアナゴ釣りのアルちゃん2号だよ(笑)
今度こそドラグの調節もして、がんばっているとちょっとずつだけどヒュン!とかクラッ!とかって妙な振動がわかるようになってきた。
しかし肝心のイカがお乗りあそばして下さらない。

そうこうしているうちにアルちゃんが1杯釣った。
「やったねー!」
と悔しいが祝福すると
「これで明暗分かれたな!アハハハ!」
と船長さん。(-"-)ムカっ!

何か言い返してやる!
「そのうち私を抱きたいってヤツも出てくるでしょ!」

シーーーーン。ドン引き。

アルちゃんはキョトンと目を丸くしてるし、船長さんはバシっ!と窓を閉めた。
「いや!だから!イカだよ!イカの話!イカは抱きついて来るんだよぉ!」
と慌てて言い訳したが、気まずい空気が流れてしまった・・ショボン

ショボショボしてると一瞬ブワっとなってゆっくりと竿をあげたらイカが乗った。(私を抱きたいヤツはやはりいた・笑)
よかったよぉ~♪本当に良かった。

先日は私のぼけぼけ釣りではありますが、前半は上に追っかけて乗ってくれた、そして後半は底に落とす時に乗った。気がする。

そうしてまた1杯、もう1杯とチョボチョボ釣っていた時だった。
イカがかかって慎重にあげてくると
「ばれろ!ハハハ!」
ふが!何て不吉な事を言う人でしょう!
あんたねぇ!ココは何だい?人に釣らせる為の船じゃないのかい!?
とは言ったか言わないか言わないけれど(笑)
まあ、船長さんは船長さんで私達にリラックス&緊張感を演出してくださっているのだとムカムカしながらも実は楽しんでます。(笑)

でもムキになってあげてくると
「はい!そのままこっち!」
「何よ!」
と振り向くとカメラを構えた船長さん。ついにっこりと笑顔になってしまった。
でもイカを大きく見せようと思ったら私はみ出てしまいました。
その上、撮り終わると待ってましたとばかりに墨吐きの洗礼を受けた。顔じゃなくてよかったよ~。その後、アルちゃんも写真を撮ってもらいやっぱりイカの水しぶきの洗礼を受けた。水でよかったね。

そうそう!この前はね何故だかオモリが何度もいなくなった。
それもサルカンがひん曲がってしまう事件が多発。
相当がさつな誘いだったのでしょうか?オモリは50号でした。

先日お借りした竿はカサゴの時にもお借りしたカワハギ竿でした。
makotoさんの使ってた竿はやっこくて誘うとヒュンヒュンとムチを振るような音がした。
船長さん曰く
「柔らかめの竿でオモリ30とかもっと軽くしてやるともっとアタリがとれて面白いよ。貸し竿は所詮貸し竿だからね。カサゴの竿とかだったら丁度いいし、使えるじゃん。」
にゃーるほど!
確かに釣りに行く度に竿を用意していたら大変!そうやって自分でやる釣りの中で使い回しができるって情報はとても嬉しい。
そういう事って本当に疎くてわからないんですよ~困ったちゃん。

ぼけぼけと・・しかし懸命に釣っていて段々わかってきた。
誰かがおさわりしていく感じ。でも痴漢をつかまえられないの。
もう少し腕が長かったら(あと1mずつ位ね)何とかなりそうな気がしたのだけど・・と仁兵衛丸さんに言ったら
「女性はその点は損するよね。脇に竿をはさむでしょ?」
はい!はさみます!!アザだらけですよ!
「そうすると、聞きあげる範囲が短くなるから。」
おお!目から墨が出た!
確かにそうだ!ぜ~んぜん気づかなかった!アリガタヤ~アリガタヤ~

そしてイカに好かれる人はトンボにも好かれるのです。
makotoさんは腕にトンボを乗せながら釣っていた。
バカな私はmakotoさんに
「のりました?」
と言われ
「トンボは乗ってないです。」
と答え、またしてもドン引き。マジでトンボの事だと思ったんだよ。

久しぶりのマルイカは難しかった。そして難しくて楽しかった。
オフ会の釣りモノをマルイカに強引にしてしまったけど、みんな楽しんでね♪釣れないかもしれないけどそれはそれさっ!ブフフ^m^

スッテについたイカの足のかけらを動物のノミ取りみたいに食べていたらつい墨まで食べてしまって口が黒くなった事は誰も知らない。
 
2006/07/24(月) 18:38:46

・・・

消えた。また明日・・・
 
2006/07/22(土) 15:21:14

祭りの準備

20060722151825
昨日は悪天候のために虫から開放された私♪
代わりにスイカマンとデート(嘘)
 
2006/07/21(金) 16:59:27

軽くヤバイ

マルイカの講義を
『東京湾○○○○釣り情報』
のKさんにしていただき

実際の状況を
『釣り日記いろいろ(^^; PartⅡ』
のmakotoさんの所で読ませてもらい

気分は準備万端な私♪

と思ったらなぁ~~んにも用意してない事に気づいた。
どうやら晴れるみたいだし装備はそんなにいらないな・・

でも!せっかくだから仕掛け作ってみたかったなぁ~

おっぱいスッテの6本つなぎ(笑)

お前は牛か!!と誰かに突っ込んでもらいたい。
いえいえ!牛の乳房は4つだよ!
もっと言ったら縦に並んでないよ!!

・・・ちょっと疲れてるかも・・・私。

マルイカ釣ったら食べる。絶対に食べる。ハサミでちょんぎって食べる。沖漬けセットの中にぶち込んで少ししたら食べるんだ!!

あっ!そうそう!Kさんに教わったのでザル持って行こう!
う~ん・・楽しみだよん♪(*~ρ~)ジュルジュル

その前に今晩は仕事が終わったらカブトムシ(涙)
さっさと済まして寝たい。

でも深夜のにゃみ´(にゃみダッシュ)がみなさまの元へお邪魔するかもしれないよん♪

ウヒャヒャヒャ(屮゜Д゜)屮ヒャヒャヒャ

あっ!そうだ○秘の作業をしなきゃ♪

あめちゃん協力のもと、ビッグオフ会のとても素敵な優勝商品を考えました。
もちろん○秘なので当日まで教えてあげないよ(笑)
それに優勝者だけじゃつまんないので面白賞も考えてるからね♪

あーずい分前から騒いでいたけど、気づけばあと2週間チョイ!
楽しみだなぁ~♪いいお天気だといいね♪

23日に釣りに行った後に釣りモノを確定しまして
〆切りはビッグオフ会の1週間前の30日の予定です。
みんなお願いしま~すm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

っていうか頭とっちらかってるぞ・・大丈夫か?私。
 
2006/07/20(木) 17:50:42

すき間

今日、自動販売機と交通標識の間に頭が挟まっている人を見た。

お金でも落として拾おうとしてそんな事になってしまったのだろうけど笑える。

友人らしき人が笑いながら挟まった頭をひねったり押し付けたりして何とか戻ってこられてホッとしたが、
きっと彼のあだ名は今日から『すき間くん』もしくは『ギロチンくん』であろう。

行きはよいよい帰りは怖い。すき間は一人でいる時には近づいてはいけないよ。

私も変な柵に頭突っ込んじゃって抜けなくて
「ああ!私・・一生ココで暮らすのね・・。」
なんて思ってしまった事がある。

すき間にもはまるけど、道の溝なんかによくつまづく。後は扉にはさまる。壁とかにもぶつかる。そして穴があったら入りたいんじゃなくて、穴があったら落ちちゃうのが私。
そんな私でもまだ一度も落ちた事のないすき間がある。

私は学生時代に電車通学をしていた。
ある朝、ホームで会った友人と話をしながら電車に乗り込むんだ。ふと横を見ると今まで脇にいた友人がいない。キョロキョロと見回してみたけれどどこにも姿がない。
すると、どこかで蚊の鳴いたような声がする。

助けて・・

声のする方を見ると、そこには目を疑う光景が・・
そうです!友人はホームと電車の間に落ちたんです。
小柄で痩せた友人の顔と片手だけがすき間から出ている状態。

私は凍りついた。

笑えない・・でも笑いたい・・・・だけど・・

固まってしまった私をよそに、他の乗客達が助けてくれたのだがそれがまた可笑しかった。
友人の両手をそれぞれ2人の人が持ち、すぅ~っと引き上げたのだけど、
まるで小柳ルミ子が男性ダンサーに持ち上げられて登場するが如くすき間から華やかに出てきた。
もともと大人しくて優等生の友人は何事もなかったかのように無表情で救出され、その後も何もなかったかのように学校の話かなんか始めた。

それがまたおかしいかった。

私は彼女のあの小さな叫び声が頭をめぐり、そして華やかな登場シーンが目に焼きつき、その後何を話したか全然覚えていない。

もし私が落ちたらできれば笑いたい。そしてみんなにも笑ってもらいたい。クククと笑いをこらえていられるのはイヤだなぁ・・。

ああ!すき間って面白い。

昔、お金がなくて電車に乗れずに友人と歩いて帰る事にした。
所持金は2人合わせて100円チョイだった。
せっかく歩くのだからジュースを一本買って飲みながら行こうと自販機に・・と思ったら

コロコロコロ~

大事な100円玉が自販機のすき間に転がっていってしまった。
私達は棒を探してきてお金を救出!
すると、出てくる出てくる100円玉以外のお金。
懸命に探って全ての硬貨を取りだしたら結構な金額になった。
嬉しくなっちゃった私達は自販機めぐりをする事に決定!
良さそうな棒を持ち、家までの自販機という自販機を探って歩き、家にたどり着いた時には2000円位になった。

それからというもの、私達は深夜の自販機めぐりが趣味になったのだけど、ある時、虫がワラワラ出てきたのをきっかけにパタリとやめた。
今はマネしてもダメだよ。
これが不景気の証拠なのかみんな落としたらちゃんと拾う時代だからね、落ちて無いのよ小銭。(今もやってんのか?)

すき間は怖い。
でもすき間には覗かずにいられない不思議な魅力もある。
思わず吸い込まれてしまいそうな魔力もある。

そして私はテトリスが好きである。(関係ない?)
テトリスをやり続けると、お客さんの飲み物を作る時に氷をぎっちり詰めたくなってくる。氷の向きを変えたりしてグラスにきっちり氷が入ると快感♪
もちろん長い棒が出てきて一発で4列消去できるとなお快感♪

ああ!そうだ!
指輪が外れなくなったりしたら消防署に行くと外してくれるよ
(また脱線しちゃった。)


 
2006/07/19(水) 17:21:50

酢ばらしい♪

たまには役に立つ事を書いてみるかなぁ・・と思い

今日は私の大好きな『酢』のお話。

初めに『土佐酢』の作り方

まずは用語から簡単に♪
『二杯酢』
酢・醤油を同等に混ぜた物。
『三杯酢』
酢・醤油・みりんを同等に混ぜた物。
『土佐酢』
三杯酢にカツオだしを混ぜた物。

家庭で酢の物を食べる時にわざわざ土佐酢を作って食べるのは面倒くさいですよね?実際には酢を煮立てたり、ダシをとったりと本格的な『土佐酢』を作るのにはとても大変。
今は土佐酢も普通に売ってるけれど全部使いきる事ができるかどうかわからないですもんね。

でも!私の考えた『簡単土佐酢』なら誰でも食べる分だけ作れます!

まず用意するものは、酢・水・めんつゆ・・・以上!
それを同等に混ぜれば出来上がり!
ヤッホー♪簡単だね~♪
説明の方が長かったね(笑)

今日はみんなきゅうりもみで試してみてねー!

自分で味を見て、分量は調節してくださいなっ!
めんつゆの種類によっては甘味が少なかったりする場合もあるのでそうしたら砂糖かみりんを少量入れてもいいですよ。

後は『酢』です!
酢は普通に売ってる安い穀物酢でいいのだけど、それをひと工夫。
まずはペットボトル(容器なら何でもいいけど)にダシ昆布を適量詰める。そしてその中に酢を入れる。以上!
これでただの安い酢が美味いコンブ酢になるんですよ。
もちろん昆布だって安物で充分!切り落としだったらそのまま切らずに使えるから楽チン♪

そのまま舐めてもいいし(そんな人いない?)コンブ酢だったら二倍酢もかなりイケる!
このコンブ酢で〆サバなんて作ってごらんなさい!ヤバイから(笑)

コンブ酢のいい所は酢を煮なくてもいいんです!

え?今まで煮ないで使ってた???
・・・そういう人、私は大好きです。

私はペットボトルにダシ昆布を詰めて酢を入れて、使ったらまた酢を足したり昆布を足したりしてずっと置いてあります。結構もちますよ♪

それではもう出がらしのヘロヘロになってしまった昆布の使い道をお教えしましょう!

そのまま刻んで和え物にしてもいいのだけど、もうひと工夫ね。

まずはさっきも言ったように〆サバの時に使おう!
酢だけじゃなくて昆布を乗せたり挟んだりしておくんですよ。
そうすると何故だかわからないけど、いつまでもしまり過ぎないで半透明の身のままいてくれるんです。もちろん酢は抜いてくださいよ。

それから煮魚の時使おう!
よく梅干を煮魚の時に入れたりしますよね?あれは梅干のクエン酸が骨を柔らかくしてくれたり、他にも何やら効果があるんですが、この酢の昆布を入れるとそれと同じ効果があります。
もちろん入れすぎると酸っぱい煮魚になっちゃうから気をつけてね♪
魚と一緒に煮た昆布は美味いですよ。イワシとかサンマとか青物煮る時が特におすすめ。

野菜の浅漬の時に一緒に刻んで混ぜてもいいし、使い道は色々です。

私はペットボトルに入れているので箸でつかんで出してこなきゃいけないのでちょっと大変。インスタントコーヒーなんかのビンだと口が大きくていいかもしれないね。

過去ログ『昆布〆』の時に書いた昆布酒も役に立つ調味料です。

どちらもわざわざダシをとらなくてもすぐに調理に使えるので便利です。作り置きしていても悪くなりにくいので冷蔵庫のはじにでも置いておいてくださいな♪

さあ!あなたも簡単に高級料亭の味をお試しあれ(笑)


注意・まちがってもワカメ酒を作らないように(爆)


あ~あ~!せっかくキレイにまとめたと思ったのに、大人の子供心のわかる私のお茶目な部分がまたはみ出てしまった・・・。

 
2006/07/18(火) 17:35:00

立ち止まってまた歩く。

もうすぐ釣り再開1周年になる。
先日もお話しましたけど、まるまる2年釣りから遠ざかっていた。

行きたくて行きたくて・・でもタイミングが合わなくて・・・。
2年間、人から釣りに行ったと聞けば悶々とし、魚を見ればイライラし、海を見たくて、釣りがしたくて、頭の中は釣りや海の事でグルグルしていた。相当目つきの悪い2年間だったんじゃないかい?(笑)

でもね、ヘロ~って釣りに行く環境じゃなかったんですよ。
ばあちゃんボケて死んじゃったり、妹が2番目の子供産んだり、その他色々とね・・
確かに直接は私には関係ない事だけど、みんなで助け合っていかんとねぇ~。
ばあちゃんは何年もボケてたけど、具合が悪くなってきて、それでも家で母が介護してたから手伝ってあげたかった。母が専業主婦だったらお任せしておくけど、一緒に店をやっている上に家の事とばあちゃんの事だもの。24時間気が休まる時がない。

そして妹の妊娠でしょ~妹の旦那は出張が多く、その上近くに住んでいるからほとんど毎日うちに来る。最初の子の時にへその緒が絡みついてしまって急遽、帝王切開になったもんだから、2番目の子も帝王切開しかない!という事は入院が長い。おまけに出産前に何度か出血して入院をしてしまったので、しばらく上の子を預かっていなければいけなかった。心配は心配だけどそれどころじゃない!

ばあちゃんと子供。病院と幼稚園。送り迎えの毎日。そしてメシの仕度だ!プラスじいさん。そして夜は仕事。

分担しなきゃやってられない。もちろん1日も休みがないか?と聞かれたらそんな事はない。
でもね、いつヒマができるかわからない毎日だったのよ。予定なんて立てられない。もちろん釣りもそうだった。

ある人に
釣りが好きだったら人の生き死にでやめたりしない。他に何かあったんじゃないの?
と言われてしまった。

その通りかもしれない。

一度遠ざかると少々行きづらくなるのも本当だ。

その証拠に2年の間ずっと忙しかったわけじゃない。
初めの1年チョイは確かにそんな病気だの産まれたの死んだのなんやかやとゴッチャゴチャの毎日だったけど、去年の初め位からは、時間的にも色んな事でも余裕ができてきた。
そうなるともう抑えられない!行きたくて行きたくて魚に会いたくて船に乗りたくて・・でも、きっかけがつかめない!

まるで、一生懸命に書いたラブレターをいつどうやって渡せばいいのかわからなくてずっと持ち歩いているみたいな毎日になった。

そして去年の夏!とうとう私はロマンスカーに飛び乗った。
ある出来事があって海に行かなければならなかったからで、釣りではなかったけど、アルちゃんにつき合ってもらって久しぶりに海に行った。
砂浜でダラ~ンと酒飲んでいると、ギュウギュウの毎日がすっ飛んでいってしまった。
本当に生き返るってこういう事なんだなぁ~って思ったの。

そして人からの頼まれ事を済ました私は本当に久しぶりに萬司郎丸さんに遊びに行ってみた。
萬司郎丸さんは港の工事と共にとてもキレイな事務所になっていた。なんと2階もできていた!港もキレイになっちゃってたし・・
私はそんな変化にちょっぴり寂しくなった。

でもね!事務所に入ってお父ちゃんやお母ちゃんの顔を見てホッとしたの。
みんな変わらない。
嬉しい位に変わらない。ある意味笑える位変わってない面々!

私は長年持ち続けたラブレターをようやく渡せたような気がした。

そしてそれから2週間後。ゴウゴウを連れて釣りに行った。
リハビリも兼ねて11時からのチョイキス。(そういえば今年は午後キスやってないな・・)

船に乗るのも、竿を持つのも2年ぶり
全くの素人に逆戻り(笑)
エサのつけ方から釣り方までゴウゴウと一緒に船長さんに教わり、何とかゴウゴウの3倍程は釣れたんだったと思う。

楽しかった。本当に楽しかった。
やっぱり海はいい!釣りはいい!船はいいよ!
すっかり2年分のウミを出し切った私はもう2度と釣りから離れないって決意しました。

そしてそんな日からもうすぐ1年。
シロギス・イナダ・メジ・カツオ・カワハギ・アジ・サバ・アマダイ・オニカサゴ・メダイ・アナゴ・カサゴ・・・
あれもこれもと無我夢中で釣ってきた。

ブログを始めて色んな人と知り合って、知らなかった釣りの勉強もできるようになった。

先日のカサゴでは竿頭なんて逆立ちしてもできないと思っていた事が実現した。
そのカサゴの時に頭をかすっただけだからちょっと説明しにくいのだけど、他の魚の釣りとシンクロした瞬間があったの。
それまではその時その時の事しか考えてなかったし、思いつく事もなかったのでいつでも「初めて釣り」だったのだけど、ちょっと釣りと釣りがつながった気がした。

そうやってほんのちょっとずつでもまた前に進みだした私の釣り。
もう後退しないようにしないとねぇ~^m^

そして今週末はいよいよイカさん♪

あの味よ再びカモン♪

ついでにまたしても頭真っ白ぼけぼけ釣り♪

 
2006/07/17(月) 17:42:51

びくびく虫日記

昨夜はとうとう虫捕りに行きました。

20060717172701.jpg20060717172346.jpg20060717172524.jpg


待ち合わせの駅に向かい、ゴウゴウと私を乗せた車はひた走る。
蒸し暑い・・虫暑い?ので飲んでなきゃやってられないよー!
もちろん運転手は私じゃないので早速飲む。
早く酔ってしまってテンション上げないとついグチが出る。
「あーこれが山じゃなくて海に向かうのだったらなぁ~」

待ち合わせの駅に行くとインストラクターの新婚ホヤホヤのTくんが奥さんを助手席に乗せて待っていた。
「新婚さんの連休を虫捕りなんかにつき合わせてごめんねぇ~」
「イエイエ!とりあえず、前の日に捕っておいたのを持っていきましょう!」

え?もう捕っていてくれたの?
何て優秀なインストラクターなのでしょうか!感激!

車を走らせること1時間少々でTくんの実家に到着!
私の持っていったケースにポコスカとほおりこむTくん。するとTくんのお母さんがキュウリを持って登場!
「こんなんでも入れといた方がいいでしょ?朝採ったばかりのキュウリなの。」
まあ!美味しそう!ついつい口に出た私。
「これは人間が食べちゃってもいいかな?」
するとTくん母
「食べる?じゃあ待っててー!」
早速もっと美味しそうなキュウリに塩をぐるりと塗ってくれたのを数本くれた。
「うめぇー!」
みずみずしくて美味しいキュウリ。私はもう満足して帰りたくなった(笑)
そうこうしているうちにTくんがカブトムシの移動を終え、出発の準備が整った。
その時だった。

ぶぶーん!

カブトムシが飛びそうになった。
私は悲鳴をあげてしまった。
今から山に入りカブトムシを捕ろうとする人がこんなんで大丈夫なのだろうか?と周りのみんなの顔が一瞬で曇ったように見えた。
私はごまかそうにもごまかしきれず
「あれだね!まぁ・・その・・元気な虫だな!アハハハ。」

みんなシーーーン。
もういいよ。みんなの足手まといにだけはならないようにするから・・。
とは言え昨夜は悲鳴を上げすぎてのどが痛い。

私は奥の手を・・早くもっと酒を飲んでにゃみ´(ダッシュ)になろう!そうすれば大抵の事はどうでもよくなるから(笑)

さて!出発!・・・したのもつかの間。

すぐTくんの実家の裏が川だった。そしてそこには公園がありその木に来るのだと言う。

が!見つからない!

いるのはゴキブリと蛾そしてカメムシの猛攻撃。
私は極力見ないように人の後を着いて歩いた。
コクワガタがたまにいるのだけど、アレのメスは正に・・だね。

ダムやら山やら川原やら山道やら神社やら街頭やらと何ヶ所かまわっているうちにもうどこをどう歩いているのかもわからなくなった。
このままはぐれたらきっと泣くだろうとゴウゴウと言っていた。

でも、どうやら昼間に行ったらただの公園なんだろうな・・ちょっぴり自然に囲まれた公園!?
でも夜中に行ったらただの山道。

懐中電灯で照らしながら歩いていると何だか見たくないものまで見えてしまいそうで本当に怖かった。

そして恐怖の大王がいた!
ビッグかまどうま!
直径10cmもあるカマドウマ発見!!
触覚なんか20cmずつ位あった!!
何ゆえにココまで巨大になったのであろうか!!

余計なヤツは色々いるのだが、肝心のカブトムシがいない。

Tくんの話によると
ノコギリクワガタがいるという事はまだ時期が早いのさ~ベイビー
梅雨明けがピークになるだろうよ~(花輪くん風)
という事らしい。

インストラクターのTくんのすごさはハンパじゃない!
車を運転しながら道に落ちていたカブトムシを見つけちゃう位すごいのだ!その人が今日は厳しいなって言うんだから厳しいのでしょう。

時間稼ぎにTくんはホタルを見せに連れて行ってくれた。
しかし!ホタルもいない。

Tくん曰く
先週はまだゲンジもいたのさ~ゲンジがいなくてもまだヘイケはいるはずさ~ベイビー♪ついでに言うとゲンジはゆっくり光るけど、ヘイケはパカパカ早く光るのさ~ベイビー(花輪くん風)
なのだと・・。

ホタルにも振られた私。

じぃーっと暗闇を見つめていたら目がおかしくなってきた。
懐中電灯の残像が目に残り、それがホタルかと勘違いしたほどだ・・。
でも!ねばってねばってじっとしていたらたった1粒だけどポワーポワーっと飛んでいく物体発見!
小さくて青くてぽわぽわしたヤツが私達の目の前を通り過ぎた。
「ホタル?なのか?」
「よく見つけたね!そうだよホタルだよ!」
少々ほっとした私。
だって!Tくんが一生懸命に虫探しをしてくださっているのにどこに行っても不発じゃ何だかこっちが申し訳なくなってしまってさー

とにかく一匹でもホタルは見れたので良しと!!

そしてまたカブト探しに戻った。
まず、メスが動き出し、オスはそのメスにかぶさるために動き出す。
案の定、早い時間はメスばかり見つかってオスは後半に見つかった。
前半戦よりは見つかったがやはり昨日は虫の居所が悪かったと見えて大した事はない。仕方がないので解散と相成った。

そうそう!何軒か神社を回ったのだけど、神社には必ずヒキガエルがいたの。目つきの悪いヤツや貫禄十分のヤツ!
私は虫を忘れてカエルに夢中になっていたらゴウゴウに怒られた。

でも昨日はウシガエルの鳴き声も聞いちゃったもんね~♪ラッキー(^-^)v
本当にモウモウ言ってたよ。さすがにウシガエルだね~♪ウヒャヒャ

さて!1ダースのペアは何とか用意できたがまだまだ足りない。
コクワガタでごまかそうにもマジで小さい。
なので・・・金曜日の夜、仕事が終わってからまたしても捕りに行く事になってしまった・・・。
(; ̄_ ̄)=3 おかしくねぇ!?


20060717171830.jpg

 
2006/07/16(日) 22:54:29

カエル

20060716225337
神社でカエル発見した!
むしいない
 
2006/07/16(日) 22:15:24

カブトムシ開始

20060716221433
怖いです
 
2006/07/15(土) 14:33:21

仕事だし~

20060715143258
今日は1時からの宴会だからずっと料理作ってた(泣)
なんて暑い日なんだ!?
こんな時は飲みながらやるしかないな…っていつもの事か(笑)
今一段落ついたので、ニンニクの芽を霜降り和牛で巻いたのを焼いたヤツのつけ合わせでもつまみに食べるかな…と思っちょります。
海に行きたいぜ!ベイビ~♪
 
2006/07/14(金) 17:22:57

○イカ

次はイカ!じぇ~ったいにイカを釣りたいの!!!

マルイカ!ああ!マルマルイカ~♪

オフ会も初めの予告通りにイカで行けそうですよん♪
それにイカだったら荷物軽くてすむもんね~

20060714172134.jpg


↑これはマルイカじゃないよ(笑)

だからその前に偵察に行きたいの!!

私とマルイカの出会いはかれこれ8年位前になります。
マルイカという存在も知らなかった私にある人が釣りたてのマルイカの刺身をゴチソウしてくださいました。
食べた瞬間!目から吸盤が落ちた。

「な!なにこれ?」
「イカだよ。」

グワ~ングワ~ン

「おいしいよぉ~ん!うわ~ん!」

もう食べ残し位しかなくてほんの一口食べただけだったけどあまりの美味しさにもう一度吐き出して食べたい位だった。

「こ!これは!!釣れるんですかぁああ!!」
かなり興奮。
「鼻からイカの足が出てるよ。」
ゴソゴソ(鼻から飛び出た足をもう一度食べ・・)
「失敬。もう一度聞くが、海で釣れるのだな?」
「釣れるよ。」
「名は何と申す!!」
「マルイカでごわす!」
「おお!良い名じゃのぉ!」


という事で(少々脚色した部分はありますが)
無事(?)マルイカ殿との出会いを果たしたのであります。

そうして私はマルイカ釣りを体験したんですね~♪

初めてのイカ釣りはとても大変でした。
スッテが飛ばない!手は穴だらけ!仕掛けは絡まるし、のぞき込み過ぎてイカ水鉄砲の攻撃に会った。
それでも食べたくて食べたくて、イカさんが食べたくて~♪
つい、ハサミでちょん切って釣りたてを食べちゃった。

ウマ~い!

確かに釣りたての魚は美味いよ♪
でもお魚はちょっと置いた方が美味いじゃん!
だけど、イカはさぁ!新鮮第一じゃん!!じゃんじゃんじゃ~ん!

私は去年の夏までの2年間、釣りをしなかった。
理由は・・特に何があった訳じゃないけどタイミングかな?何だかチャンスを逃しているうちに少々遠ざかってしまった。
今はアルちゃんが一緒に行ってくれるし、電車でも案外楽チンに行けるってわかったから大丈夫。
そう考えると、どうして2年も行かないで平気でいられたんだろう?って不思議に思う。
だけど、そんなに我慢してたか?って言うとそうでもなかったかな?
どんな気持ちで毎日を送っていたか忘れちゃった。アハハσ(^◇^;)

今は我慢できないな!100歩譲って海の顔を見るだけでもいいから海のそばに行きたい。もちろん船乗ってヘロリンコと釣りをしているのが最高だけど。

毎日の生活で溜まったウミを海に捨てに行くのよ。
(格好いい言葉なのかダジャレなのか・・笑)

明日からの3連休!
釣りの予定でみんな忙しいのでしょうね、うらやまぴーけど負けないよ。
来週の23日には私だって行くんだから!もちろんイカで!

そして23日にはちゃんとビッグオフ会の釣りモノを決定します!
長い事お待たせしましてすみませんでした。
もちろん2次会の会場も決めてきますね♪
下見で飲みすぎて出入り禁止にならないように気をつけながら(笑)

なので23日までもう少々お待ち下さいな~m(_ _)m


 
2006/07/13(木) 17:29:07

ムシゃくしゃ

う~忘れようとしていたけど思い出してしまった。

カブトムシ捕り。

怖いな~怖いよ~

昨日の続きじゃないけど、何が切ないってカブトムシ捕りが一番切ないじゃん!!(笑)
ゴウゴウを誘ったので少しは楽しく行って来れるかな~♪

子供の頃はそんなに虫が嫌いじゃなかった。
虫図鑑が愛読書だったし、平気で触れたのよ。

カブトムシの頭を胴体からパキッとはずして何匹か並べて『カブト神経衰弱』どれがどの子の胴体かな?パズルを一人で遊んだり、
ダンゴ虫を泥水の中にたくさん入れて『ダンゴ虫のダンゴ汁』を作ったり、
トンボを何匹か捕まえて指と指の間にはさんで持つのね、それで人にかゆい所はありませんか~?って聞いてトンボにかませる遊びをしたりと
子供のうちは平気で虫と戯れていました。

みんな一度はやりますよね?アリの触覚取ったり、虫の足に糸つけて持ち歩いたりとかね?

アルちゃんは
「そんな残酷な事しませんよー!やっぱり悪いヤツは小さいうちから悪いのでは?」
って言ってたけど
「そうやって子供のうちに悪い事をしているから大きくなって良いヤツになるんだぞ!大きくなってから人の首ちょん切るような事はしないもんね!」
とちょっとエラそうに言い返した。

まぁ、確かにちょっと残酷だったかもしれない・・。
だからかな?そのツケが一気に返ってきた。

ある時、夜中にふと目が覚めて薄暗がりの中で目を凝らしてみてみると、壁にカブトムシのメスがとまっていた。私はブンブン飛んで逃げるカブトムシを追い、とうとうつかまえた!

が!

つかんだ瞬間 ガシャッ!と音がした。

明らかにカブトムシのツルッとカチッとした感触ではない。
そう!ゴキブリだった。

うぎゃああああああ!!!

半狂乱になった私。
一度そんな思いをすると何でもイヤになるもので、カブトムシだろうがてんとう虫だろうがトンボだろうがゴキブリだろうが全員同じじゃん!!と一気に嫌いになった。

あいつらの腹がイヤだ。
あいつらの足のザキザキしたのがイヤだ。
目がたくさんだっていうのも気分が悪い。
コソコソ音がするのがイヤだ。
蝶の挙動不審な飛び方も気に食わない。

う~む。もう虫の事考えるのやめよう。

仕入れだ!仕入れに行くんだ!
カブトムシは商品だ!
町内会の子供達に格安で売るんだ!

ムシキングじゃなくてムシクィーンになるんだ!(イヤです!)

しかしムシ暑いわねぇ~(ダジャレかよ!)

つまらない事言ったらムシしてね!(・・・・)
 
2006/07/12(水) 17:30:54

せつない時

せつない時。

トイレから出てきたらみんながバカに盛り上がってた時。なぁに?と聞いても大した事じゃないよと言われ教えてもらえない時。

あと一口あると思ってた缶の中身が2滴しかなかった時。

船の上で苦労してようやくタバコに火がついたと思ったら潮をかぶってタバコが濡れて折れちゃった時。

ノリ弁のノリがお弁当箱のフタにみんな張り付いちゃってただのお弁当になってた時。

酸っぱいと思って食べたキュウリもみが甘かった時。

特に好きじゃない人に「ごめんね。」と振られた時。

匂いつきの消しゴムがあんまりいい匂いなのでついかじったらゴムの味だった時。

メールで盛り上がっている時にちょっと面白い事を言ったら返事が来なかった時。

これあげる!って言われて喜んでみたが微妙なモノだった時。

カラオケを歌いだしたら気合いが入りすぎていきなり声がひっくり返り超おんちになってしまった時。

大事にしていた都こんぶの周りにカビか塩かわからない何かがいっぱいになった時。

花の匂いを嗅いだら近づきすぎて鼻の頭が花粉だらけ、ついでにくしゃみが止まらなくなった時。

シャッターチャンスを逃して、よくわからない写真ができてきた時。

前から手を振って歩いてくる人に意を決して手を振り返したら、本当は後ろの人に振っていた時。

自分の頼んだ料理だけなかなか出てこなくてしばらく待った後に聞いたら作ってなかった時。

100円均一を「きんいち」か「きんいつ」か悩んで「きんいちゅ」でごまかしてしまった時。

私よりヤバイ人にガンバレと励まされた時。

首筋から不思議な長い毛がいつの間にか生えていた時。

みんなになついている大人しい犬が私にはうなる時。

マスクをしているのに忘れて飲み物を飲んじゃった時。

ゴキブリが立ち向かってきた時。

明らかに似合わない服をほめられた時。

焼酎を入れたか入れないか忘れてウーロン茶だけを飲んでしまった時。

電話がかかってきて誰だかわからないのに話が続いちゃった時。

浅いと思った水溜りが穴だった時。

タクシーに乗ったらものすごく臭かった時。

エレベーターに乗っていたらすごく臭くて、後から来た人に濡れ衣を着せられた時。

パクッ!とつまみ食いをしたら、イヤな人の食べかけだった時。

クイズを出したのはいいけど、答えがわからなくなった時。

ビデオを予約録画したら野球で延長・・しかも最終回だった時。


ああ!人は切なさの中に生きているんですね。



 
2006/07/11(火) 17:29:59

ウマウマでした。

あー!どれもこれもみんな美味しかったよ~♪

カ・サ・ゴ!

小さめのは煮たでしょ~大き目のは刺身で食べたでしょ~中くらいのは塩焼きにした~
昨日はから揚げはやんなかったの。暑かったから(笑)

刺身は甘くて美味しくて最高♪

でも想像以上に美味かったのは塩焼き♪

そうだ・・忘れてた!写真ね♪

20060711162321.jpg20060711162201.jpg


料理の写真は撮り忘れた~アハハハ食べるのに夢中だったからん♪

私は魚を食べるのが大好き♪みんなもそうだと思うけどね
特に生は大好物♪刺身があればゴハンはいらないよっていう位!
だからお魚を食べるたびに
「あー!こんなに海に囲まれてる日本に生まれてよかったぞー!」
って思う。
もちろん!釣ったお魚を食べるのは最高ね♪

だけど・・捌くのが大変だよんって思うと少々お魚がイヤになる・・事もある。
カサゴも結構面倒なヤツじゃん!トゲトゲで手が痛いし、ウロコあるし・・釣ってる時よりも捌いてる時の方が怪我をするよ。
それでもあれだけ美味しければまたヤル気が出てくるね。

イカは料理は簡単だし超美味しいから釣るのも頑張れる!
アナゴだって捌いてもらえるからいいね♪
カワハギは剥くだけだし、美味いし♪
大きい魚は1回捌けば大量に食べられるからあまり気にならない。

やっぱり捌くのが大変なのは小さい魚。

そう考えていたら私が捌くのが大変だと思うのはウロコのせいなんだよな~アイツが飛んで腕とかにはりついてしまって、気づかずにそのままにしてると乾いた時にぴきってチクッてなるよね。
厨房の流しにはピチピチと大量にはりついて・・もう後が大変!
一応新聞紙とかの上で処理をしたり、ウロコがたまるウロコ取りもあるけど結構知らないうちに飛んでるんだよな~それがイヤなんだよ。

まぁ、美味いモノを食べたければ苦労しろ!って事だな!ワッハッハ

さてと!昨日ほうずきをもらったのね~
日曜日にほうずき市に言った人からもらったんだー!可愛いよ♪
でもまだあまり色が出てないからちょっとつまんない。

それで思い出したんだけど海ほうずきってあったよね?
子供の頃は海のおみやげって言ったらうちでは必ず海ほうずきだったんだけど最近全然見ないなぁ・・
あれ鳴らすの難しいんだよね~上手く鳴らせても大していい音じゃないけど・・カエルゲコゲコ。

変な音と言えば・・びいどろ・・?だっけ?ぽっぺん?ぺっこん?
フラスコみたいなヤツ。
長崎のお土産でもらったのだけど、上手に鳴らせなくて思い切り息を吹き込んだら割れた。
あれは吸ったら危ないね。特に私みたいな力加減がわからないヤツには・・。

力加減か・・よくモノを壊すんだよな・・・
倒れそうになったグラスを救出しようとしてつかんでバキン!
歪んじゃったサングラスのつるを直そうとしてバキッ!
障子をはめようとしてビリッ!
クーラーのフタを開けようとしてバコッ!と全開!
ファスナーが噛んじゃって直そうとしてビリリ!
自転車の鍵が固くて力任せにひねったらグニャ・・・

困ったもんだ。
最近のモノはやわで困る。

なんちゃって(笑)

ちゃんと細かい仕事もできますわよん♪
根は繊細なので~プププププ

さ~てと・・そろそろ魚をバキッとやるか。





 
2006/07/10(月) 18:16:24

カサゴ夢の中。

片瀬江ノ島 萬司郎丸  カサゴ AM7:00

ウフフ(^m^) 

クックックックック(^-^) 

ぶわっはっはっはっはっは(^◇^)

ようやく実感できて来ました!

祝!竿頭!!!

やったね♪(^-^)v
みなさんもありがとう!がんばったぞー!私!ウフフフ

昨日はアルちゃんとおじさん2匹の4人で行きました。
タラタラと電車で行きました。

出発前までテンション↓でちょっと困っていたのですが、電車でアルちゃんと面白い乗客達を見ていたら元気が出てきました。
可愛いのにもの凄く人を睨みつける女の子。アジア系電車男。スゴイもみあげの人。折りたたみの椅子を持った集団・・・とうとう電車の中で椅子を組み立て座ってました。
そうやって大笑いしながら行ったので少々疲れてしまったけれど、何となく気合いっていうかテンションっていうかもうメチャクチャな状態になってしまいました。アハハ

受付に行くとお母ちゃんがカサゴの紙を見せてくれたのだけど、名前はまだ1人しか書かれていない。それも上乗りのGさん。
「ん?お客さんもしかして私達しかいないの?」
「なんだかねぇ、どこでもいいわよ!ばらけなさいよ。」
「どうしようかな・・。カサゴ初めてだからGさんの隣りに行きたいな・・。」

するとお母ちゃん!
「あら!じゃあ船長の所がいいじゃないのー!お父さん達2人はトモに分かれて座ってあなたたちは真ん中にしなさいよ。」
おー!グッドアイディア!
っていうか、これが運命の分かれ道だったのかもね~♪
私達は右舷の真ん中に決定!!

そして事務所に行き、準備をして船着場に向かった。

写真を撮り忘れちゃったけど、事務所の目の前に変な像が立っていた。
魚をつかんだ人。それも多分海の中で潜って魚に抱きついてるって感じのもの。男か女かもわからない。金網があるので前に回ってみようと思ったけど見れなかった。(どこを?・笑)
いつかお見せしましょうね~

さてと!お船に乗り竿を借りて準備OK!のどが渇いたのでまずは乾杯!
初めは江ノ島のすぐ裏だったので出発してすぐに開始だった。

ふと見るとお客さんは上乗りのGさんとMさん、私達の4人、それからあと2人。(だから竿頭と言っても8人だもんね~笑)

さて!2本針に何をつけるか・・手元にはサバさんとイカさん。
何となく気分で上にイカ、下にサバにしてみた。
私は白っぽいほうに針を刺していたのだけど、途中で黒い方に針をつけた方がいいよと言われてひっくり返したが、意味があったのかな?
その方が目立つからって事でしたが、違いのわからない女です。

とにかく、大して気合いが入ってなかったので(笑)これ以上テンションが下がってはいけないと思い、昨日は根がかりだけに気をつけて魚の事は考えないようにしていた。

名付けて『挙動不審ビクビク釣行』です。
多分、魚もびっくりしたんじゃないかしら?ちょろっとでも竿に違和感があると逃げる。コツンと言ったら逃げる。ゆるんだら逃げる。
とにかくちょっとでも異変があると逃げてたんですよ。

これには魚もイライラしてムキになり食いついてきた。って感じ?(笑)

だから昨日の根がかりは、私が逃げ遅れて魚がかかっちゃった時に潜り込まれちゃって引っかかったっていうパターンだったように思う。

何だか訳がわからないのに釣れたんだよね~
まず、8時までに5匹。9時までに10匹になった。

「この分じゃ7時間やったら35匹じゃん!」

なんて余裕の発言をかましたりしてね(笑)

しかし、私が釣れる度に
「うそっ!」
って船長さんが言っていた。
ムッ(-"-)
ウソじゃないよ!私にだってわからないけど来るんだよ!
文句があるんなら魚に言いなさいよ!ったく!!

まぁ、少々態度は悪い私ではありました。
でもたまには大口たたいてみたいじゃん(笑)

という事で大口特集。
「私カサゴ好きじゃないんだよねー!」
「みんな人を喜ばせようと思ってわざと釣れないフリしてんでしょ!」

アハハ(^O^)
それを言う度にムッとするアルちゃん♪
「何でこんなにマジメにやってる私に釣れないでこの態度の悪い人が釣れるんだ!!」
「ゴメンね。私にもわからないの・・。」
(これが一番の嫌味だったかも・笑)

確かに態度も悪かった。
立ってるのも疲れてしまいずっと座ったまま大股開きで船べりに足を投げ出し、くわえタバコで半眠りで釣っていた。

でもね!思ったよりも大変だったのよ。
ずーっと根がかりを気にして底立ちし続けて、糸がゆるめばすぐさま巻き上げて、ちょっとでもオモリが倒れようものなら持ち上げて、ガリっ!とかコツッ!とかから逃げ回り、ピクッ!からも逃げ(笑)
だから普段の釣りよりも腕が疲れたよ。手首が痛い。爪も剥がれて痛い。

釣りながら思い出した事は先月の『アナゴ釣り』の事。
オモリをバタンバタンするんじゃなくてクニャランクニャランさせて誘うって感じ。
それと昨日はオモリよりも下の針が下に来るので、オモリがベッタリ着いちゃったら何かイヤだな~って
だから海底に触れるか触れないかをキープする事に決めた。

そうやって底をくすぐっていると誰かがくすぐり返してくる。
ちゃんとしたカサゴだとズッズ~ンっと来るのですぐさま巻き上げたのだけど、ピピピとかツンツクとかだと違うので巻きたくない。
巻きたくないから振る。
できればちょっと巻いて一気に落として脳天かちわりたい。
でもそんな事をしてると根がかりするので観念して巻き上げる。

そんな中でベラは嫌な感じで釣れてくる。ブブブブって感じだ。
ちょっと重いので一瞬喜ぶのだけど何となく違う。巻き上がってくるとやっぱり違った。

後は写真撮らなかったけどウツボ。グググ~ンって感じ。
とにかく初めは急にグンとなって何だかどこかに潜り込まれる感じがしたので竿を立てて怒った。
「釣られたくないなら逃げてよ!針を連れて行かないで!」
すると観念したのか一瞬の間で上にフワ~っと・・なので慌てて巻いてくるととても重くてグゥ~ングゥ~ンって揺れたのね。上げてみたらウツボだった。
食べようかな・・ってちょっと思ったけど、怖いので船長さんにポイしてもらいました。
それで何となく思ったのはそれまで何かがかかった瞬間に根がかりするのはきっとコイツの仕業だったんだな~って

かなり悪いヤツだ!ウツボ!!

途中ペースダウンした私。最初の2時間で10匹釣ったのに次の3時間で6匹程しか釣れなかった。
せめて20はいきたいな~と思い
「これじゃあ35匹釣れないよ!アハハ!」
なんて冗談を言って酒盛り。
おつまみのシュウマイがカラシと共に飛び散りあ然。
それでも飲む手は休まず・・違った竿を持つ手は休まず(笑)

昼過ぎになりまたポツポツ釣れるようになった。
1回だけイッカで釣れた。それが例の写真ね(笑)

アハハハ!写真で思い出しちゃったよ!
アルちゃんはカサゴを外すのがちょっと苦手だったようで、魚がかかると後ろにいる船長さんに外してもらっていた。
その中で結構の大物が上がった時に
「これ大きくない?やったねー!あっでも外せない・・
 スイマセーン!とって下さい!」

と船長さんに言うと何を勘違いしたのか船長さん、カメラを持ってきて写真を撮った。
アルちゃんも普通にポーズをとっている。

二人ともおかしくないか?

「写真じゃなくて魚を外してもらいたかったんじゃないの?」
「そうだけど、まあいいや!アハハハ!」

・・・いいのか。

イッカで釣れてからまた調子が出てきた私。残りの1時間でがんばって釣り25匹になった。

船長さんが給食を配るみたいな黄色の入れ物をもってきて魚を全部入れ、写真撮影!
何であんな顔してんだ?
本当はちょっとはにかんで笑ったはずなのに・・
笑う前に顔を整えてニコっ!が一瞬真顔になった時に撮られたんだな。
怒ってるよ!機嫌悪いのか?私。

その時に竿頭だったよって言ってくれたらものすごい笑顔だったんだぞ!

私はいつか竿頭になった感動で泣こうと思っていた。(笑)

インタビューでは
「みなさまのおかげでココまで来れました。応援してくれたみなさまありがとう!今この気持ちを一番に伝えたい人は母です。ウウウ・・」
とやるはずだったのに。(インタビューなんてないけど)

何の感動もないまま帰宅。帰宅してHPを見て
「あれ?25って事は私?ふぅん・・。」
だよ!

昨日は釣りにしても何にしても感動の薄い夢の中のような一日でした。
多分、寝てたんだと思うよ。記憶が飛んでるもん!
 
2006/07/09(日) 17:48:13

知らなかったけど…

どうやら竿頭。
何故?
25匹釣ったのよ~
でも誰もちゃんと言ってくれなかったから感動うす~(・_・)
 
2006/07/09(日) 11:21:30

なんだかな?

20060709112129
今14匹
始めは良かったんだよね~
今なかだるみタイム。
 
2006/07/09(日) 08:03:12

カサゴ♪

20060709080312
初めてなのに意外とやるじゃん!
今5匹
 
2006/07/08(土) 16:33:19

カッサゴ~ゴ~

明日はカサゴを釣りに行く。
ようやく行けるのだけど少々テンションは↓

・・・その理由は・・

内緒だよ!!

はぅ・・
実はあんなに待ち望んだマルイカが始まった。心はイカに動いてしまったのです。
でも・・・まぁいいや・・・。
8月までマルイカさんが生き延びていてくれる事を願いましょう。

アルちゃんの好きな底の釣りだよ!がんばってね~♪(他人事)

私は明日は海を見て飲んでぼや~ってするんだ。
とか何とか言っちゃって実際に竿を持ったらムキになるんだ(笑)

少しテンション上げてみるか・・。

根がかりしないようにしょっちゅう底立ちする事!

む~~~~~ん(; ̄_ ̄)=3

海の事想像したらちょっと元気になってきたかも!

明日は何飲もうかな~♪
危険なウーロンハイを凍らせておこうかな♪
氷結はデカイの持ってくかな!イヒヒ

わーい!テンション上がってきたぞー!

飲み物につられて元気になったが・・・・。
そんなんでいいのか?私。

とにかく今日は何も考えられないや~昼寝しようかなっと♪

脳がバテバテ・・。

今日は頭真っ白でも明日はしっかり詰め込んで帰ってきます!
カッサゴ~♪

あーよっこらせっと・・(腰が重すぎ・・)


 
2006/07/07(金) 16:56:10

イヤーイヤ~ン

今日は七夕なので耳の話を・・?

77も33も似たようなもんでしょ!
ぞろ目つながりさっ!

では耳の話をします。
耳ってよく見ると気持ち悪い形してるよね~胎児のようだと言う人もいる。グルグルまいちゃってビロ~ンってしてておっかしいね~

船釣りをする人が一度は心配する(?)船酔いも耳の中のヤツが災いしてるらしい。
私の知り合いが耳の病気になり、バランスが取れなくなったりめまいがしたりととても苦労していた。

でも私は耳のお医者さんじゃないからそういう症状については詳しくない。
私が今日話したいのはちょっと小耳に挟む程度の(ブブブ^m^)耳話です。

私の耳は少々上についている。
言われなきゃ気づかない程度だが、サングラスとかをかけると鼻が痛くなる程前下がりになってしまう。
一般的に耳の上部は目線と同じ位なのだけど、私は目よりも2cm位上に耳がある。

それで言われちゃったのよ。

「動物って危険をいち早く察知する為に耳が上についてるんだよね~」

フンフン・・それで?

「だからにゃみちゃんも・・」

は?

その人曰く、より動物的な人ほど上に耳がついていると言いたいらしい。それも弱い動物なら尚更だ。ウサギなんて真上についてるもんね!
耳の上下は理性と野生だそうです。下に行けば行くほど理性が働くんだとさ~

続いてもう1つ。
私の耳は真横を向いている。
よくお猿さんみたいに正面から耳の全てが見えるような人がいるが、私は正反対。
私の耳の後ろを見る事は何人たりとも不可能であろう(笑)そのくらい頭に張り付いてるのよ~ピアスしてると頭に刺さるし~
だから人の話は前を向いて聞くよりも横の人の話のほうがよく聞こえるんだよね~アハハ

それも野生の表れだという。
正面の音だけ聞こえていたら敵から逃げられないからね~。これも危険察知能力の1つ。後ろに向いてるかどうかで判断さっ!

最後にダメ押しでもう1つ。
耳のフチ・・フチ?がありますよね。
そしてその内側にもう1筋ありますね?
普通は外側のフチの方が大きい人の方が多いのですが、私の場合は内側の方が大きい。

そういう人は我が強いんですって!

さ~て!統合してみますと。

上にあるので理性がはたらかない。
外を向いているので危険に敏感。
そして我が強い。

私は一体どんな敵と一戦交えようとしてるのでしょうか?

みなさまも色んな人の耳を見て勝手に野生児かどうかを判断して笑ってしまいましょう。簡単だからね♪

さて!私は新たな敵に立ち向かう為に準備を始めるのであります。








 
2006/07/06(木) 17:12:20

知りたいの・・

え~と
シークレットバトンでは非常にお騒がせいたしました。m(_ _)m

どうしても知りたい衝動に駆られ受け取ってしまいまして~
でも、自分がすごく気になったのを思い出したら何だか心が苦しく・・
ウウウウウ・・・胸が・・・痛む・・・・・・。

だから受け取ってね!ウヒャヒャヒャ


さて!今日は恥ずかしいけど今聞いておかなきゃいけない気がする素朴な疑問シリーズです。(勝手にシリーズにしちゃった・・)
シークレットバトンが内緒だからって内緒にしないでね(笑)

まずは第一問
竿の負荷ってありますよね?
アジの竿は130号
そして先日購入したヒラメの竿は50号。

そこでふと不思議に思ったんです。
アジはどんなに重くても(サバがいっかでかかったとしても)せいぜい
2kgちょいでしょ?
じゃあ!もし私が10kgのヒラメを釣ったらどうしましょう・・。

50号の竿に130号をぶら下げるだけでもグニャ~ンってなっちゃうのにそんなに重い魚に耐えられるのかしら?

もちろんオモリ負荷と固さと耐久力は別のモノなんでしょうが、何か解せない・・そんな事を不安に思う私はやっぱりバカですか?

第二問!
虫の口を切るのは何故?
シロギスとかの時に虫の口を切りますよね?私もあいつには噛まれた事があるので個人的には恨みがありますが、だから切る訳じゃないですよね?
口があった方が長生きしていそうなのに何でかな?

第三問!
海の上には雪は積もらない・・・。これは知ってるよ!でも
海の上で地震は?どうなの?少々揺れるって聞いた事はあるけど、どんな感じになるんでしょうか?いつも不思議なんですよね~

そんな事も知らないで!けっ!なんて言わないで教えて~♪

結構ヘンな知識は豊富でも当たり前の事を知らないんですよ。
赤面に次ぐ赤面です。

その中の1つですが、私つい何年か前まで『雰囲気』を『ふいんき』だと思ってました。
人が言ってるのを聞いてもどうしても『ふいんき』にしか聞こえない。
だから自分で言う時はどうしてもカタコトになってしまう。
使いたいのに使いづらい言葉シリーズでした。(またシリーズかよ!)





 
2006/07/05(水) 17:24:18

シークレットバトン♪

投魂さんよりバトンをいただきました。

ものすごく気になっちゃっいますよ~^m^

まず、このバトンの質問内容はお見せできません。
ですが、バトンを受け取ってくださる方だけにはお教えできます。
少々長いですが、楽しんでやってみたい方どうぞお知らせ下さい。
メールか非公開コメントでお渡しします。

では

Q1:たぬきさんかな?アルちゃんも!
Q2:これは文句なしでハルちゃんでしょう!
Q3:ちょっと違うかな?コニーさん!あっ!でも投魂さんも
Q4:あめちゃんさんの奥さん! 
Q5:Kさん!りょうさん!
Q6:私!!と言いたいが・・
Q7:内緒よ~ん
Q8:釣りしてる時はみんなです!
Q9:ハル父さん!でもみんなそうみたいですよ! 
Q10:してる人の方が多いんだもん!
Q11:ルイパパさん!
Q12:う~ん・・ゴウゴウにしておこう!
Q13:makotoさんかな?趣味嗜好が・・
Q14:投魂さん!フフフこちらにいらっしゃ~い!
Q15:あめちゃんさん!ルイパパさん!でもやっぱりみんなそうよね?
Q16:生き方が仁兵衛丸さん!(笑)
Q17:そりゃ~みなさまと・・・です。
Q18:たぬきさん!だよね!
Q19:BOOさん!色々と詳しいもん!
Q20:数は少ないけどあめちゃんさん!
Q21:コニーさんです!
Q22:光洋丸さん!ずっとはムリかな?
Q23:りょうさん!
Q24:みんな優しいからね~でもあめちゃんさんかな?
Q25:井上さんだな~
Q26:う・・私じゃない! 
Q27:SW・Wさん!お仕事柄絶対に!でもみんなだよ
Q28:ハル父さん(笑)そういう事にしておいて下さい。
Q29:う~暫定名人さんかな?ものすごい・・したりして(笑)
Q30:ご自分でも言ってたから投魂さん!(笑)
Q31:間違いなくハルちゃん!
Q32:アルちゃんにはかないません。
Q33:あめちゃんさん
Q34:みんな結構そうですよね~
Q35:井上さんかな?でも釣りで考えたらKさん!makotoさんも!
Q36:私です。しかし・・みんなもどうかなぁ~クックック
Q37:・・後半だけだったら仁兵衛丸さん!ゴメンね~
Q38:SW・Wさんだよ~ん!BOOさんもね(笑)
Q39:暫定名人さんのイメージです。
Q40:ハルちゃん!アハ父さんよりも出てますね。
Q41:そりゃあもう仁兵衛丸さん!ウソです、私とアルちゃんです。 
Q42:makotoさん(笑)
Q43:みんなだけど、ハル父さん!知り合いじゃないけど海老丸(爆)
Q44:ハルちゃん。当たり前か・・
Q45:瀬戸内海チームはそうですね~いいなぁ~
Q46:私!イヤ・・誰だ?
Q47:ハルちゃん! 
Q48:仁兵衛丸さんって事で、船で・・だもん!
Q49:私。
Q50:みなさん!希望的回答。


アハハハ!どうですか?気になって仕方ないでしょ?
必ずバトンを受け取ってくれる方でないと内容は教えてはいけないんですって(笑)
私なんてつい気になっちゃってバトンを受け取ってしまいました。

内緒でちょっとだけヒント!
ビッグオフ会の後だったらまた答えは違ってくるだろうな~♪
なんてね~ヒントになってないや~ウヒヒヒヒ

 
2006/07/04(火) 17:37:18

WHY?カブトムシ

まず、みなさんはカブトムシを飼った事がありますか?
一生のうちに一度位はあるでしょうね~

でも20何組(総勢50名)程のカブトムシを飼った事はなかなかないでしょう。

無類の虫嫌いの私がどうしてそんな体験をしなければならなかったのかをお話しましょう。

あれは6年程前の事。
うちのお客さんで、釣りやら山菜採りなんかに一緒に行くTくんという人がいます。Tくんはなかなかの趣味人で射撃をして鴨やら山鳩なんかを獲ってきたりもするし、クワガタやカブトムシを捕ったり育てたりもしています。

そのTくんがゴウゴウにクワガタをくれました。ゴウゴウも大事に育ててちゃんと何年か生かしていました。
そしてある時、Tくんが言いました。
「誰かカブトムシもらってくれないかな?」
何でも、カブトムシを捕り過ぎてしまったとの事。
私は虫は苦手ではありましたが、誰か子供なんかに持って帰りたい人もいるかと思い、引き受ける事にしました。

しかし!持ってきた量を見てビビッた。
ちょっとした衣装ケースのような中に入っている黒い集団。

「・・・・・・あ、本当にカブトムシだね・・・。」
ピヨピヨピヨ

何か言わなきゃと思ったのだけど言葉が思い浮かばなかった。

そしてTくんはエサはバナナが良いとおっしゃいまして大量の黒い子供達を私に渡すと帰っていかれました。

一度引き受けたからには責任持ってお世話せねばならぬ。
私は近所のデカイ100円ショップに行き、おがくずマットと何となく木と4匹ずつ位入れてみんなに持たせようと思ったので小さな虫かごを6個購入した。そして帰りに黒くなりかけて安売りしていたバナナを買いカブトムシさん達を介護する道具を全て揃えた。

さて!ココで質問です。
カブトムシはどの位バナナを食べるでしょうか?
ちなみにクワガタはあまり食べないんですよ。一週間にバナナの輪切り2cmもあれば充分なんです。
まぁ、カブトは身体もでかいからもう少し食べるかな?と思い私は皮を半分剥いたバナナを1本丸ごと入れた。
バナナの実を直接マットの上に置くと小虫がわきそうだし、見栄えが悪いので皮ごと入れておいた。
そして次の日・・・バナナは皮ごと消えていた。
仕方がないので次の日は2本・・しかし消えている。
そのまた次の日は3本・・・やっぱり消えている。
半ばヤケクソになった私は5本入れた。それも皮も剥かずにね!
さすがにその次の日は残っていた・・それでも皮っていうか芯の所だけね。
毎日毎日一本のバナナを10名様が召し上がってる計算になる。
その日から私はただでさえ安いがより安いバナナを探し求めて歩くはめになりました。
それでも虫ゼリーよりは安いからね。

あっ!そうそう!
小虫の話。エサが残ると小虫がわくと思って、私はいい事を思いついた!それより少し前にハムスターを飼っていて、その時に虫よけ効果のあるパインチップを持っていたんですよ。それが余っていたのでTくんに言った。
「ハムスターのヤツだったら虫よけになるから使おうと思って~!」
すると
「あのさ・・カブトムシも虫なんだけど・・・。」

あ・・チリ~ン

みなさんも気をつけましょう。っていうかやらないな。

さて!50名の団体様。
みんな話のネタに持って帰ると思っていた私の思惑は大はずれ!誰一人持って帰る人はいませんでした。

あっ!そうそう!なるべく見ないように世話してましたけど、一度しっかり見てしまいました!!
カブトムシってキモイ!!
お願いだからひっくり返らないでよぉー!
そしてそれまで気づかなかったけど、スゴイ寄り目じゃん!!
真っ黒でツヤツヤでまん丸の目がツノの根元にくっついてるって知ってました?
私はもっと外側についてるもんだと思ってたので衝撃的でした。
逆にクワガタは目が離れてるよね(笑)

途方にくれて夜中にカブトムシを眺め、一人で酒盛りをしていると
どこかでギリギリと歯ぎしりのような音がする。

誰?どこ?なんなのよ~!!怖いじゃん!!

私は一升瓶を持って音のするほうへ向かっていった。すると・・
カブトムシマンションからするではありませんか!!

え?何?鳴き声??ううん!違うよ!やっぱり歯ぎしりっぽいぞ!

恐る恐るフタを開けのぞいてみたが、何ら変わりはないようだ・・が・・

あっ!イヤ~ン

交尾の音でした。
それももの凄い濃厚なヤツ(笑)

カブトムシの交尾はすごい!メスの背中に穴開けちゃうんだよ!ギリギリって!
どうりで穴の開いた雌が増えていたはずだ・・・。プププ

そして交尾が終わって少しするとオスは死んでいく。
オスを長く飼っていたかったらメスとは暮らさせない事。
メスはその後卵を産むので少々長生きである。

さぁ!段々と少なくなっていくカブトさん達。
もう夏も終わりだな~なんて感傷にひたってる場合じゃない!
次なる問題は卵。初めは米粒程度だが、だんだん小さな大豆のようになり・・・後は・・・・・見てないです!
スイマセン!近所の公園にカブトムシの卵をばら撒いたのは私です!
もう耐えられなかった。
カブトムシはまだいい・・でもモコモコはムリ!
あいつらが大量に生まれてくる事を考えたら私の理性はぶっとび、とうとう夜中彼らを公園のすみの木の根元に捨てました。

ゴメンね・・お母さんを許して・・・。

っていうか!自然破壊活動してしまった。
その後その公園からカブトムシが次々と見つかったかどうかは知りません。

そんなカブトムシとの過去があり・・もう懲りたはずなのに・・・
どうしてこんな事になってしまったのか・・・。
神はいないのか?それともこれが神の思し召しなのだろうか?

今月、町内会のお祭りがありまして、私も所属している青年部の催しが決定しました。
たこ焼き&カブトムシ。
ある一人の人が飼っているカブトムシを提供するからって事から始まった話である。
しかし、聞いてみると20匹程だと言う、その上オスが何匹かよくわからないと・・。
これはTくんに相談すればいいではないかとさっそくお電話した。
もちろん快く承諾してくれた。
「何匹?30?50?」
ケタが違う(笑)

Tくん曰く、捕りにいく場合は7月の中ごろからが丁度良い。
そしてもちろん夜で、朝まで捕れば5~60は軽いそうだ。
うんうん!
そこまでは良かった。問題はココからだ・・・。
「で!にゃみちゃんは仕事があるから日曜日の夜がいいね。」
・・?
「もう一人巻き込んで迎えに行かせるからさー!」
・・・・・む・・迎え?

ええええええええええええ!!!!!!

まさかとは思うけど、私も捕るの?ねぇ!答えてよ!!

おかしくねぇか?

いや・・確かにタダで何十匹も捕らせてもらってしまおうなんて、モノがモノだけに虫のいい話かもしれないけれど
虫だよ?山だよ?夜中だよ?何でこんなハメに?

確かに昨日『自然に生きる!』とは言いましたよ!
だけど『自然で生きる!』でも『自然と生きる!』でもないつもりです!

しかし・・もう後には引けない・・・・。

16日の夜中、私はカブトムシを捕りに行く。

何故?どうして?WHY?
ずっと私の頭の中に疑問符がクルクルと回っている。
なんで?こんな事になってしまったの?

口は災いの元とはよく言ったもんだ!
良かれと思って言った事がこんな形で責任をとる事になるなんて・・

アルちゃんもさすがにつきあってはくれないようだし・・

夜中の山で虫を捕る・・とても正気じゃやってらんない!
酒でも飲んで気を紛らわしながらでなければムリだ・・

ああ・・想像しただけで涙が出てきた。

言っておきますけど!本当に虫が嫌いなんだよぉ~!
怖いよ~気持ち悪いよぉ~
ようやく釣りのエサだって触れるようになったんだよぉ~!

助けて・・・

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。