にゃみのぼけぼけ釣り日記
海好き魚好きお酒好き釣り好き!なのにわからない事だらけの 私をどうか立派な海の女に仕込んで下さい。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/02/27(月) 17:52:55

アジを選ぶ!

臭いメゴチで検索してみたら「ヤリヌメリ」「ノドクサリ」とかいう名前らしい。でも何だかそれってただの地方名みたいだなぁ~。まだよくわからないです。m(_ _)m

臭いメゴチもいたけれど、すごく美味いアジに出会ったことがある。
アジ釣りに行って普通に釣っていた時に、あるアジを上げた瞬間、船長さんが「お!ラッキーだね!それすごく美味いよ!」と言った。どう見てもそれまで釣っていたアジなんだけど何となくちょっぴりキラキラとパールがかっていたような・・(本当はよくわからない)そしてその魚の顔をよく覚えておいたつもりだったけど、クーラーに入れてしまったのでどれが美味いアジなのかわからなくなった。
帰ってきてから魚を並べて「どいつだ?こいつか?」なんて見比べてみたけど全員似たような顔をしていて判別できない。仕方がないので端からさばいていく事にした。
すると!おお!!あきらかに身の色が違うアジが一匹!全身脂で真っ白なの!大トロアジ(勝手に命名)そしてそのアジの美味い事と言ったら・・・もうもうもうもう!表現できないー!(*~ρ~)(涙)だけどやっぱり外から見てもわからない(私には)
今度行ったらあれは何だったのか絶対に聞いてみようと思っているのにすぐ忘れちゃう。

せっかく教えてもらってもビニールに入れるとか何とかして別にしておかなきゃダメよねぇ~
分けておかなかったが為に大失敗してしまった事もある。

それはある釣り大会の日の事。アジ大会に参加したのだけど大会自体出るのは初めてで、少々緊張しながらも大勢の参加者に囲まれて釣り開始!大会なので釣っている時間は3時間程だった。それすらも知らなかった私(^^♪テヘヘ。3匹の合計重量で競うので、素人同然でも楽しめるからとのんきに釣っていた。その日の私は絶好調で3匹揃わない人が続出するなか早々に5匹釣ってホクホクだった。
でも悲劇はそこから始まった(涙)船長さんが私の所に来て「魚見せて!」と言ったので5匹並べると丁寧に1匹1匹手に持って重さを調べてくれた。そして「コレとコレとコレだな!」と3匹のアジを指して私に言うと去っていった。後で思えばそろそろ時間が来るから選んでくれたのに、私はまだ時間があると思って(もっと釣るぞ!と思って・笑)せっかく選んでくれたアジたちを全員一緒にクーラーにぶちこんでしまった。
すると間もなく終了の合図が!「えええー!もう終わりなの?」と驚いたけど、内心(また見てもらえばいいか~)なんてのんきに構えていた。
そして表彰式を行う港に着いて(これもびっくりしたのよ!知らない港に連れて来られちゃった~って思って・笑)数が揃った人は計量しに行ってくださいと言われアジを全部持って船を下りた私。そのころから段々焦り始める。ε=ヾ(;゜ロ゜)ノ^^>゜))彡 「どれだっけ?どれだっけ?あ~ん!船長さ~ん!」しかし無情にも計量の順番が来てしまい。見るからに小さいのをよけて後はカンで3匹を選抜した!それが失敗。ガーン(>_<) 
結果は何と4位。一番微妙な順位。トリノオリンピックでは4位続出だったね~微妙でしょ?そして表彰が終わった後、コソコソと誰も使っていない重量計に向かい1匹ずつ測ってみた(そんな事やらなきゃよかったんだけど・・)そして私の選抜メンバーは間違いだった事に気づいてしまった。本当は3位の人を抜けるだけのアジを持っていたのだ~(泣)
自分でしでかした事だから誰にもぶつけられなかったんだけど、落ち込んでブチブチと酒を飲んでいたら審査員の人がTシャツをくれた。(^-^)vヤッタネ♪単純な私。

大会って今まで3回しか出た事がないのだけど、それ以来大会の時には釣れたら大きさをすぐに測ってキープ!は忘れないようにしてる。でも何故かあれ以来、最低匹数すら釣れなくなってしまった。トホホ(+_+)女性だけは全員もらえるレディース賞だけなんてイヤだよぉ~!

それにしても魚を見る目をもっと肥やさないとダメねぇ~魚見る時は美味そうか美味そうじゃないかだけしか考えてなかった(沈)でもなかなか細かい重さまではわからないよね~
スポンサーサイト
 
2006/02/25(土) 17:44:05

臭いよぉ~

あれは何の釣りの時だったかな?
多分、キスかカワハギの時だったと思うんだけど・・。メゴチが釣れたのよね。
そして噂には聞いていた『臭いメゴチ』の存在を目の当たりにした1日でした(笑)

隣に座っていた人は知らないオジサンだった。私が言うのもなんだけどちょっぴり下手で、私も一緒に行った人もそこそこ色んなのが釣れていたのだけど、その人は何も釣れてなかった。おかしいと思った船長さんもたまにアドバイスをしていたのだけど、どうも言う事を聞かない感じ・・。それじゃあダメだよねぇ~。
そして事件は起きた!メゴチがボコボコ釣れだして私も夢中になっていた時だった!
ぷぅ~~~ん(--;)・・・なんだ?この匂い??キョロキョロと見回してみるが皆まだ気づかない様子。て事は私のバケツの中か??慌てて10匹位いたメゴチをバケツから出して1匹ずつ匂いを嗅いでみたが、よくわからない・・(?_?)レレレ??あまりの臭さに鼻がバカになってしまったかな?とあせる私。
そして追い討ちをかけるように船長さんが私の方を見て「くせっっ!」と言って船長室の窓をバンッ!と閉めた。そして更にアナウンスで「臭いメゴチは捨てちゃってね!匂いが他の魚に移っちゃうから!」w(☆o◎)wガーン!!どうやらすっかり犯人にされてしまったようだった。
冗談じゃない!!(`曲´♯)キィー!私は対策を練った!そして本当の犯人を捜すべく鼻をほじる(嘘)もう釣りどころじゃない!釣ったメゴチをまたしても念入りに嗅いでみた・・・??やっぱり私のじゃないよ~!コレはいよいよ本腰入れて犯人探し!鼻のいい私はさりげなくトイレに行くフリをしながらゆっくりと他の客の後ろを歩いてみた(ハンカチ落としみたいにね・笑)するとどうしても私の近くで匂いがするんだよねぇ~隣のオジサンのバケツは空だし・・。
ん?あっ!一回りして帰って来た時だった。
隣のオジサンが魚を釣った!そして何とすぐさまクーラーボックスに移動した!
そのクーラーのフタを開けた瞬間!!!ぷぅ~~~ん
ななななな!!そこかぁー!!!!!そうです!そのオジサンはあまりに釣れなかったせいか臭いのまでもクーラーに隠し持っていたのです!
それから私は大忙し(笑)犯人でない事をアピールしなきゃいけません。一緒に行った人に「臭いねぇ!私のにはいないけど!」「他の魚も臭くなっちゃうってさぁー!」などと隣のオジサンや船長さんに聞こえるように言い続けた。σ(^◇^;)ムダな努力だったけどね。だってその後、船長さんに「臭いの捨ててよね!」って言われちゃったから(涙)もちろん「私じゃないよ!」と反論して隣のオジサンの方へと視線を送ったけどね~♪

本当にハンパじゃない匂いだったよ!それ以来お会いしてないけどかなりヤバかったです!どんな匂い?と聞かれても上手く答えられませんが、機械油とウ○コと磯の臭いのをみんな混ぜてそれを濃縮したみたいな(大げさかな?)匂いでした。あんまり臭いと殺意が芽生えてきますね(笑)もうちょっとで隣のオジサンとクーラーボックスを海に突き落とす所でした。みなさんも『臭いメゴチ』には気をつけましょう!(◇)ゝウッス
 
2006/02/24(金) 17:07:41

得手不得手

明日のために!!(笑)
私なりに考えた釣りの上級者になる為のステップ♪

パート1・釣りに行ったら記録する!反省する為にね。
     それはココを始めたからとりあえずOK!

パート2・徹底的に自己分析~!後にも先にも自分のレベルや欠点を
     知る事から始めないとね♪


と言う事で(どういうことだ?)パート3以降はそのうち書く事にして~っと!とりあえずは私の得手不得手を自分なりに考えてみる事にした。まずは得意な事って何だろう?

船に酔わない!これ結構大事だよね♪一度とうとう酔ってしまったかな?って日があったんだけど、のど飴がのどに詰まっていただけだった(笑)波の勢いでゴクって飲んじゃった飴をしばらくしてゲホッって吐き出したら治っちゃったもんね。でも辛かったんだよね~息が苦しくなって(当たり前か・・)意識がもうろうとしてきて(窒息寸前)頭がガンガンしてきた(酸欠だよね)そして私は「コレがみんながよく言う船酔いなのかしら~?」なんて思っちゃった。みっともなくても吐くしかないと思って、水分をとって吐いてみたらポチャッ!だって(笑)それ以来飴は怖くて舐められない。(*_*)

後は自分で言うのもなんだけどアジは得意だな!こればっかりは確かに数だと思う!アジは結構行ったからね。それでも反省点はたくさんあるよ。コマセ詰めが遅い!それから電動に頼りすぎちゃって上げてる間にバレちゃったりする。結局それって食わせ方が甘いんだろうね~。後はもう手返しあるのみでしょう!

それから得意と言うか好きなのはカッタクリ(笑)ダイレクトに魚のアタリを感じる事ができるから好きなの。それに腕がクッション代わりになっているのか、あんまりバレる事がない。疲れるけどね~オッコラオッコラ釣らねばならない(笑)たまに手に糸が食い込んでイテテにもなっちゃうけど、それでも好き♪

絡まった糸を解くのは多少上手になったかな?それからシャクるのもまあまあかな?だけど、エサを針につけるのはちょっと下手っぴぃ~(涙)エサがキチンとついてなきゃ釣れるもんも釣れないのにね。カワハギの時にはそれを実感してしまう。美味しそうな所を中に包んで上手い具合に針先の所に持ってこなきゃいけないのに海に入れた途端アサリがヒラヒラ~なんて事も・・。(>_<)ダメジャン
カワハギと言えば普段ガシガシ釣る事が多い私なので、つい大合わせしすぎちゃう。せっかくアタリがきてもそれじゃあダメよねぇ~。もう少し繊細な動きをマスターせねば!

攻めずに待つ釣りを勉強するのにヒラメはいいかもしれないな~。あれってアタってからちゃんと食わせ込まないとダメなんだよね?待てるかな?ワワワッ!ってつい竿をぶん回しちゃうような気がしてきた。(笑)気をつけよう・・φ(..)メモメモ 

早く行きたいな~でも、しばらくムリかもしれないなぁ・・。(涙)ああ~ん!どこでもドアが欲しいよん♪
そうだ!竿買うんだー!ちょうどいい中くらいのヤツがなくなっちゃったから買っちゃう事にしたんだ~♪でも竿買ったらますます行きたくなっちゃうじゃんね(-0-)



 
2006/02/22(水) 17:27:30

ずーん(-0-)

順位はともかく、色んな釣りのランキングに登録してると色んな人のブログに出会える。今日も色々と勉強の為に徘徊していたら・・・落ち込んだ。マジでヤバイくらい落ち込んでしまった。

あー!上手くなりたいよ!!どこからやり直せばいいんだ?数こなさなきゃいけないってのはわかるけど、そんなにたくさん行けないし。今まで器用貧乏で生きてきた私にとって最大の壁だ!考えれば考えるほどどこから手をつけていいのかわからなくなっちゃったよ~(>_<)
覚えなきゃいけない事が多すぎるぅ!今までほにゃらかと釣っていた自分が情けないよ~ん(涙)魚図鑑でも見て、まずは魚の名前でも覚えるかな?天気図も読めるようになりたいな。線がたくさんの時は低気圧って位しかわからないもんな~。あああああ!!!もう!早くまた釣りに行きたいよ!

次に釣る魚は決めてるんだ!無謀と言われても『ヒラメ!』まるっきり初めての釣り物。イワシを泳がして釣るんだってさー!ちょっと興味をそそられるわぁ~でも上手くエサつけられるかな?カツオの時に一度やったきりで生餌なんてつけた事がないからギュウギュウにつかんじゃって殺しちゃうかもしれないぞ・・・。

考えてみたら今さらあせる必要なんてないんだな~。今よりも少しでも上手くなりたくてまずはこうやってブログを始めてみたんだし、やっぱり数こなさなきゃ話にならないんだしね。がんばって通うしかないね。でも目標は明確に!釣果0なんてイヤ!いつかなりたい竿頭!クーラーに入りきらないほどの大物釣り!体力つけるぞー!!筋トレ?(笑)これ以上筋肉ついたら・・・σ(^◇^;)
 
2006/02/20(月) 16:07:33

イテテ・・アマダイ

2月19日(日) 片瀬江ノ島 萬司郎丸 アマダイ

そろそろアマダイも食わなくなってきたとの前情報。不安に思いながらも気合だけは十分で行ってまいりましたー!

結果は・・・1匹(泣)
昨日持って行った竿は久しぶりに使う竿で古いので重い。
使い始めて思い出した「重いから使わない!」って封印してた事に・・(泣)
あー!もう絶対使わない!そんな言い訳はどうでもいいか・・。

昨日は朝4時にお迎えが来て、ちーちゃんを拾って出発!前の日に2時まで飲んでしまって、まだちょっぴり酒臭かったかな?(照)まるっきり寝てなかったので運転手さんには申し訳なかったけど車で寝てしまった。ふと気づくともう江ノ島!\(◎o◎)/!はや~い!!一時間チョイだ!
それでも受付を済ませてお買い物に行ってぼんやりと準備してるとすぐに出船の時間が来てしまう。
昨日は思ったより寒くなかったから着ぶくれ防止のために一枚脱いだ(それでも下に3枚来て上にドカジャン)あとは道具のチェックをして、さあ!いよいよ出船だ!!
昨日はお客さんも少なくて全部で5人。私たち3人は左舷に後の1人のお客さんといつもお会いするマダイプロGさん(2/9『真鯛はまだ・・』参照)は右舷に座った。

その時、Gさんにごあいさつ方々竿の事を聞いた。「おはようございます。これ長すぎるかなぁ?もう一本持ってるんだけど・・。」「あんまり長いと面倒くさいでしょ?」はっ!じゃあ取り替えようかな?昨日はちょうどいいのがなくて3mと3,3mの2本持っていった。でも3mのは固いので3,3mにしてみたんだけど・・どうしよう・・。悩んでるうちにもう時間が来てしまったから結局長い方を持っていった(コレが最大の失敗)
江ノ島沖だからすぐ到着しちゃう。オキアミを急いで解凍して良い子を選ばなきゃ!!
目ん玉のしっかりしたピチピチのエビちゃんを針につけてすぐ投入できるようにスタンバイした。
それにしても長い竿(泣)竿を立てて置いといたら竿先の遠い事(笑)
見えねー!おーい!竿先ぃー!(・o・ ))(( ・o・)?

到着して船長さんのアナウンス「水深70位ねー!底からハリス分位上げてはじめてみて下さい。」れれれ?50cmじゃなかったの?これが潮を読んでの事なんだろうか??
途中「今日は潮がうごかねぇなー!」とも言ってたし「潮がいかないから船ながしておきますねー!」と動かない潮の代わりに船を動かしてくれていた。て事は??私達はそれに対して普通に釣っていていいものなの?通常通りに釣ってもいいように動かしてるの?確かに船が勝手にオモリをズルズル引っぱってくれていたような・・。意味を考えているうちに一日が終わってしまった・・。アハハ(^O^)

釣りの方はしょっぱなにエサを取り替えようと巻き上げている最中にサバがかかった。
サバの顔を見て考えた「どうしよう・・取っておくかな?でも何か縁起が悪そうだな~だけど、せっかく来たんだし・・。」という事で取っておいた。(コレが第二の失敗?)するとそれ以来まるっきり何も来ない!来ない!来ないったら来ない!!(泣)底からあげる高さを自分なりに微調整してみたり誘い方を早くしたりゆっくりしたり時には置き竿にして待ってみても他の魚すら来ない!すると隣でちーちゃんがアマダイGET!ひゃーあせる(+_+)すると反対側の隣の一緒に行った川さんもアマダイGET!ま・・まずい・・。あせるやら眠いやらで訳がわかんなくなってきた。もちろん歌なぞ出るわけもなく・・。

そしてまた川さんがアマダイを釣った。その時私は何かかかっているので必死に巻いてる最中だった。内心「アマダイでありますように・・。」って祈りながらね。そして川さんがアマダイをあげると後ろで大笑いする船長さん(-"-)ムッ!「アハハハハ!あの人アマダイじゃん!」だからなによ!「何でそんなにウケてるんですか!」と聞くと「真ん中に何も釣れない人がいるからねー!」ですって!私の事かよ!フンッだ!見てなさいよ!今あげてるのは絶対にアマダイなんだから!そしてその意地が通じたのかアマダイだった。ホッ(^^♪小さくても本命だもんねぇー!
結局私が釣ったのはサバ1匹アマダイ一匹トラギス一匹アカボラ三匹だった。何か非常に疲れた。楽しかったけどね~♪

ちーちゃんの釣った魚は多彩だった。アマダイ・アカボラ・トラギス・ヒラメ・金魚(笑)それから百貫!プププ^m^ 船長さんも笑っていたけど当の本人はすっかりヤル気が失せてしまったようだ。百貫はアナゴみたいにグニャグニャした生き物でちょっぴりグレーがかったニョロ助だ。ハリスにグーニャグニャにからみついてねじりパンみたいになってあがってきた。もっと大きくなると砂に潜り込んでしまってなかなか上がらなくなる事から百貫(ひゃっかん)って言うんだってさー!

なかなか釣れないもんだから酒を飲む手も早くなり、いつもよりもピッチがあがってしまった。レモン風味のタンスモークも美味かった。ただ気づくと11:30頃だというのにあと2本しかのこってない。2時頃までやるんだからあと2時間半もあるじゃん!と少しのんびりと飲む事にした。それでも前の日の酒も残ったままなのですっかりヘロヘロのトロトロになって途中から超きもちイー感じ。かなりおかしな言動も・・。お天気も多少曇ってはいたけど暖かかったからフニャフニャ良い気分♪
でもちーちゃんのチョイスしたカキの燻製はヤバかった。陸で食べたらきっと美味しいんだろうけど、海の上で食べたら港の味がした(笑)何かクサイの~アレを食べて呼吸をすると鼻からイヤ~な匂いがする。強烈ー!いつまでも匂いが口からいなくならない。だからピッチが早くなっちゃったんじゃないかな?って思うよ。(-0-)つまみのせいにしちゃ悪いな・・。

はう・・。昨日の反省は
まず、竿のチョイス!それから前の日に飲みすぎた!それから前の日に前髪を切ったら失敗した!(ほとんど釣りに関係ないじゃん!)
そんな所だな!あー重かった!(片手で持ってたけど・笑)

アマダイもさすがに様子が悪いので今日で終了だそうです。明後日からはヒラメ五目が始まるそうなのでチャレンジしてみたいな・・。何にせよまた早く行きたいよ~ん!
 
2006/02/18(土) 15:27:33

釣りの歌♪

船に乗っていると何故か歌が歌いたくなる。♪( ^o^)\(^-^ )♪☆
天気も気分も良い時は『海・その愛』でしょう!
う~みよ~♪お~れのう~みよ~♪
ちょっと釣れなくて切ない時はカモメを見ながら『鳥の詩』(笑)
鳥よ~鳥よ~鳥たちよぉ~♪
釣れなくても何だかメチャクチャ楽しい時は大塚愛の『Happy Day』
はっぴぃーでー♪はっぴぃーでー♪(ココしか知らない)
ただ気分に合う歌が出てこない時もある。そういう時はCMソングなどでごまかすしかない(笑)
お笑いのネタもちょっと入る。
ぶゆーでん♪ぶゆーでん♪ぶゆーでんでんででんでん♪れっつごー!

実は私はお笑いに疎くて結構切ない『武勇伝』がある。
去年の秋頃だったかな?いつも一緒に釣りに行くちーちゃんと飲みに行った時の事。従業員の男の子が一生懸命に「フォー!」と叫んでノリノリだった。私は悪ノリの彼をとても暖かく見守っていると何故か困った様子。その上その彼が「ハードゲイです!」と言ったことに対して「そうなんだ~。」と普通に答えた。内心(別にカミングアウトする必要ないのになぁ・・)とマジで受け止めていた。感動の薄い私に何度も「ハードゲイです!」と言う彼。あまりにしつこいので「趣味は人それぞれだからね。」とまたしても冷静に答えるとちーちゃんが「もしかしてHG知らないんですか?」と言った。(゜o゜)へっ?そんな人が今流行ってらっしゃるの??そして続けざまに「そんな事ないやろ~!」と盛り上がる従業員達とちーちゃん。そうです!チッチキチーも知らなかった(撃沈)
長州小力も知らなかった。人は知っていたけど「キレてない。」というネタを知らなかった。私にとって「キレてない。」はカミソリの宣伝だけ!だから何故今そのCMがウケてるのか不思議だった。
波田陽区は甥っ子に教えてもらったし、ヒロシは母に教えてもらった。多分これから先も誰かに教えてもらわないと覚えられないんだろうな・・(涙)
そんな私でも好きなお笑いの人達がいる。『劇団ひとり』『おぎやはぎ』どちらも力が抜けていて私のスポンジ頭(笑)に合うらしい。ちなみに『ナイナイの岡村』は個人的に気に入っている。何故なら生年月日が一緒だから(年がばれるぅ~)彼がガンバっている時はきっと私も似たような運勢だと思ってつい見てしまう。あのピキピキした動きが好き。

話は反れたけど、明日の釣りはどんな歌が出てくるかな?いい気分でつい口ずさんじゃうような一日になればいいなぁ~♪
ぶゆーでんでんででんでん♪れっつごー!♪└|∵|┐♪┌|∵|┘
みんなはどんな釣りのテーマソングがありますか?
 
2006/02/16(木) 15:19:50

今度の日曜日♪

今度の日曜日は行きますよぉ!!釣り♪
本当はマダイで行きたかったんだけど、いつも行く船宿さんでは今マダイをお休みしてるので、ア・マダイ(笑)にしました~!
フガフガとちょっぴり鼻息も荒く、そして少々緊張しつつ、準備開始。
4日の記事を書いてからずっと疑問に思っていた「底からどの位あげるのか?!」も50cm~1m位って事で落ち着いたし、後は道具の用意だな!

お恥ずかしい事に私は仕掛けを作った事がありません。ひゃ~(+_+)ハズカシ~。でも糸の結わき方は勉強したので何とか結べるようになりました。だから今回は仕掛けを作ってみようかと思ってます!でっきるっかな~♪まずは船宿さんのHPに書いてある仕掛図をよく見て材料を買ってきて忠実に再現してみよう。だから明日は上州屋さんに行くんだ~♪でもね、最近上州屋さんの品揃えが貧弱になったような気がするのよね~(近所の店だけど)つぶれちゃうかな?
確かに竿とかリールとかってやっぱり高いじゃない?だから最近お気に入りは中古釣具屋さんの『タックルベリー』ただ、行きづらい場所にあるから不便なんだけど安いからね~それに親切にしてもらったのでラリホ~♪って感じ(どういう感じだ?)
お買い物に行ったら欲しい物がたくさん出てきちゃうだろうな~♪今欲しいのは中くらいの竿。マダイ用の長い竿はあるし、ビシ用の短い竿もある。カワハギの竿や小物用の細い竿もワラワラとあるんだけど、2,2m~2,7mの中の使い勝手の丁度良い竿が無いんだよねぇ~。そう!メジとかワラサとかで使えるヤツが欲しくなっちゃったんだよ。シーズンはまだまだだから今は必要ないけどね。^m^

さあ!それよりも頭はアマダイに切り替えてっと!アマダイは2/4に書いたように、まだ2回しかやったことがない。それも去年の暮れに初めて釣って、あとは年明けに1回。でもそのどちらも海が荒れてしまって早上がりだったから、2回合わせても1回分の時間にも足りない。だから今度が本番って感じ。良い天気だといいなぁ~♪
だけど緊張するなぁ~(>_<) どうしていつも釣りに行く前はドキドキしちゃうんだろう?釣りたい気持ちが先行し過ぎるのかしら?一人だけ連れなかったらどうしよう!!と今から焦る。でもこの緊張感がたまらないぃ~!この感覚が味わえるのはやっぱり船で釣るからだと思うのよ。川とか防波堤で勝手に釣る時は心のどこかで「釣れなくてもいいかな?」って思っちゃう。ケツを叩かれないとやる気の出ない性分だから(笑)でも、船で釣る時は真面目に釣らないとせっかく釣らせようと一生懸命になってくれている船長さん達に申し訳ないし、できることならたくさんお魚を釣って褒められたい(笑)だから緊張する。
そう考えると私って進歩ないなぁ~。小学生の頃、学校での授業中はよく手をあげたり、問題に取り組んだりと一生懸命に勉強した。授業中ってのは先生からの反応がすぐでしょ?でも、家で宿題とかをやるのはつまらなかった。必死にやってもダラダラやっても誰も何も言わないからね~。だからよく言われた事「あなたは勉強ができるのにどうして宿題は手を抜くの?」ププププ^m^ 今の釣りとおんなじ(笑)
ようするに怠け者で甘えん坊なんだな。誰か私を管理して下さい!でないと暴走してどこに行くかわからなくなっちゃうから~\(`O´θ/トリャァ! なんちゃって♪
さて!進歩のない私ですが、釣りだけは真剣。今度の釣りだって頑張りますよ!先生(船長さん)に花丸をもらえるように必死に釣ってきます!
よし!いつものようにシュミレーションしなきゃ♪

1・いいエビちゃんをまっすぐにつける!
2・誘いすぎないようにする。
3・誘う時はゆぅっくりとまっすぐ大きく上下する。
4・潮を読むのも忘れずに・・読めるかな?
5・とにかく休まず働く!\(゜ロ\)(/ロ゜)/コリャコリャ


ううううう・・・緊張。
 
2006/02/13(月) 15:59:11

苦手ですの。

今まで種類を問わずに船での魚釣りを楽しんできた私ですが
どうしても苦手な魚がいます。
『シロギス』え?わからない?『シロギス』です!

もともと細かい釣りが得意でない私。それでもハゼ釣りを初め、結構細かい事もやってきてはいるのだけど、どうもシロギスだけは性に合わないって言うかはっきり言って キライ!ぼそっ( ..)

どうしてそんなに抵抗を感じるようになっちゃったのかな?まずは帰ってきてからさばくのが大変な事(これは重要ですよ!)ウロコだらけでイヤになるの!釣ってきてすぐなら生で美味いけどね~♪それから針が小さい事!(カワハギ程じゃないけど・・)エサもイヤな感じよね~ジャリメ!あいつに噛まれるのがムカつく!イヤイヤ!
でもね、何よりも私が飽きてしまうのが一番の苦手な原因だな!ワッハッハッハ(^O^)どうして退屈しちゃうのかな?どうも達成感がないんだよな!一匹釣れた時の感激が薄いって感じ。感激が少ないからまた海の中に仕掛けを入れる手がどうしてもゆっくりになってしまう。他の釣りみたいに釣れた!エサつけた!とりあえず海の中へ!また釣れた!っていう永久運動ができなくなってくる。シロギスはどんどんやらなきゃダメだってわかってるけど、そのドンドンやるのがボチボチになってしまうのよね~。ダメな私。甥っ子と釣りに行く時は他の魚では道具が大変だからお手軽なシロギスに乗るしかない。本当はイヤなんだけどね。でも甥がいる時は甥の面倒を見るフリをして怠けていられるからちょっと楽(笑)ていうかそんな事言ってるうちは全くダメじゃんねぇ~!(-0-)本当はね、もっと真剣にやらなきゃダメだってわかってるのよ。何ていうのかな?魚釣りの基本みたいなところがあるじゃない?だからシロギスをバカにしちゃダメダメって思うんだけど。いかんせん心と体がついていかなくてねぇ~。情けないー!
私のよく行く船宿の萬司郎丸さんにはすっごいシロギス釣りの達人が大勢いる。見ているとロボットみたい(スミマセン)二本の竿をくり返しくり返し順番に持ち上げてるだけみたいに見えるのに、その度に魚が2匹ずつ増えている。いつエサをつけていつ魚を外していつ海の中に入れてるのかわからないくらいのスピードで山のように大量のシロギスが釣れて行く。何じゃい!あれは!感心するやら呆れるやらで(またまたスミマセン)ますますやる気が失せるっちゅうの!(勝手な言い分)あまりに凄すぎる人を見て戦意喪失しちゃうファイターの気分。まあ、戦えって言われてもハンデを10分の1位にしてもらわなきゃ無理だけどね。ただ一見の価値はあると思いますよ。本当にすごいから!やる気がなくなる可能性も否めませんけど(笑)
1月から始まったシロギス。これから夏まで続く魚。外道も多彩で本当は楽しいはずと心に刻み込んで、いつかは退屈しないで釣ってみたい。それでもまだ活路を見出せない私。暖かくなってまた甥っ子をつれて行くときには少し真剣に気合入れてがんばってみるかな!

色んな意味でまだまだ苦手だけどm(_ _)m
 
2006/02/11(土) 16:38:25

なんとなく猫

ちょっとヒマだったので、リニューアルしてみたよ。
どうもピンと来るのがないんだよなぁ~(-0-)
でもしばらくは猫さんと一緒にがんばろう。
また飽きるかもしれないけどね~♪

うちで昔飼っていた猫は、刺身が大好きだった。特にマグロとカツオは大好物!そして絶対に食べないのがハマチだった。お店をやっているので宴会の残りの刺身は猫にお土産で持って帰っていたのだけど、どんなに小さいハマチでも絶対に口にしないヤツだった。
でもある時、私がイナダ釣りに行って帰って来た時の事。魚をさばいていると珍しくヤツが近づいてきた。私は「おまえの嫌いな魚だから来てもダメだぞ!」と言っているにもかかわらず、じっと足元で私を見上げて「くれ!」って顔をしていた。だから一切れやれば諦めると思ってイナダの刺身の端っこをあげてみた。すると!パクリ!あれれ?食べちゃった!今度はもう少し脂身の所をあげると、やっぱり、パクッ!全然平気で食べちゃうのよねぇ~♪これはどういうこと?(゜o゜)?面白いから山盛りあげたらペロリとたいらげた。
そして私は考えた!うちの猫は養殖と釣ってきた魚と見分ける事ができるんだ!ってね。というよりも猫も嫌うようなハマチは私も食べたくないぞぉー!って思った。その後イナダよりも大きいワラサを釣り上げた時、たっぷりの脂身にもかかわらずやっぱりヤツは喜んで食べた。
一回、買ってきたハマチと混ぜてあげてみたらちゃんとハマチは残していた。大したもんだ!よく一緒に刺身で酒盛りをしたよ。^m^

もう一匹の猫は自分が猫だと知らなかったようなので、人が食べるモノは何でも好きだった。特にラーメンは手を使って器用に食べた。あまりにも可愛かったので叱り損ねてしまったほど。そいつは肉食だったから、生の魚にはあまり興味がなく、釣って来ても一緒に食べる楽しみがなかった。
それでも一度だけ釣ってきたアジを盗んで行った事がある。その時も一生懸命にくわえて走り去る姿が可愛くて叱れなかったんだけど(笑)その上、そのアジをどこかに隠しておいて次の日に私の枕元に置きに来たときはびっくりしたけど笑ってしまった。自分で獲った獲物を自慢したかったんだろうね。プププ

今はうちに猫はいない。それでも庭に人ん家の猫が入ってくる。その子はやっぱり刺身が好き。それもトロ(贅沢なヤツ)トラ猫でトロしか食べないから『トロ』と呼んでいるんだけど、そいつの特技のビンタは結構痛い。爪は立てないけど、ペチン!と音がする。ちょっと前にそいつと遊んでいて冬なのに窓を開けっ放しで寝てしまった。酔っ払って猫と遊ぶのは絶対にやめようと思った出来事でした。

猫も可愛いけど、犬も可愛い。だけどできれば大きくて毛が短いのがいいなぁ~♪昔、秋田犬を飼っていたからその影響だろうな・・。
 
2006/02/10(金) 16:20:33

夢だけど・・

私には夢がある!ジャーン!(^O^)/
それは・・・
『ウエディングドレスで釣りをする!』
ワッハッハッハ!我ながら名案!(アホですから)それもできればカツオの一本釣り!もしくはオメデタくマダイ!(釣れなきゃ悲劇)
だんなさん(未定)との初の共同作業が『魚釣り!』ぽわ~ん(゜o゜)想像するだけでワクワクしちゃう♪魚の返り血(?)を浴びて魚を釣り上げる花嫁♪ちょっとエグイかな?でも船の先っちょに仁王立ちして「大物釣り上げたぞぉー!やぁー!」なんてね(笑)楽しそー!来賓の方達はいくらなんでも礼服じゃ可哀想なのでカッパ着てもらうにしても、新郎新婦はタキシードとドレスじゃないとね!そうじゃないと私のプランは成り立たない!寒いのはイヤだからやっぱり夏!だからカツオ!そして後でみんなでカツオ食べまくって酒を飲みまくる!最高ね♪

前にカツオの一本釣りをやらせてもらった時は楽しかったなぁ~♪物干し竿みたいに太くて長い竿を持たされて思い切りミヨシに立たされて(安定が悪いからすぐに座っちゃったけど)針を下ろすと下では魚が今か今かと待ってるの。でも船宿の親父さんみたいに上手にできないけどね~前に親父さんが一本釣りをしているのを見た時の衝撃ったらなかったなぁ~確かあの時はバケでやってたんだと思うけど、人工的に水を撒いてナブラをつくって魚を寄せたかと思うとボッコボッコと魚が船に飛び込んでくる。まるで勝手に魚が船に入ってくるみたいだった。それに人にぶつからないように魚を飛ばしていた。すげぇ!\(◎o◎)/!
私達はそんなテクはないので反しのついた針でイワシをつけて釣った。面白いように魚がかかってきてもう大興奮!だけど、反しがついてるからイチイチ針を外さなきゃいけない。慣れない道具でもたもたとやっていたら「釣れたら片手で竿を支えてわきの下で魚をキャッチしなさい!」って言われたけど、いくら力持ちの私でも片手で長い竿と重い魚は支えられず、大股開きで釣り、太ももで魚をキャッチするという女性に有るまじきスタイルで釣り続けた。30分もそんな事を続けたら船から魚がこぼれるんじゃないかって位釣れてしまった。
それにイワシを付けていたからカモメが寄ってきちゃって、カモメも釣ってしまった。やっぱり太ももでカモメをしっかりと支えて、引きちぎらないように丁寧に針を外してあげたのだけど、カモメって思っていたよりも暖かくて柔らか~い♪そして可愛いかったぁ~♪でも突かれて、蹴られて手が穴だらけになりました。(泣)

だけど本当にいい経験をさせてもらいました~♪だから私の披露宴はカツオを釣りたい。血まみれになってもドレスで釣るんだい!絶対に決めたんだから!後は贅沢言わないよ!

あっ!その前に旦那さん見つけなきゃ!それに釣りする人じゃなきゃダメじゃん!船酔いする人もダメじゃん!魚嫌いだったら全然お話にならないじゃん!┐('~`;)┌ こりゃ夢は遠いぞぉ~
 
2006/02/09(木) 17:11:36

真鯛はまだ・・

今まで3~4回程マダイを狙って出かけた事がある。
もちろんオデコ!(^◇^)わーい!釣れねぇ~!
大体マダイのプロのお隣に座らせてもらって、タイミングから何から何まで真似をして頑張っていたけど、釣れないのよぉ~(泣)まぁ、何を真似してみても腕までは真似できるもんじゃないからねぇ~!とにかく数こなせって事だね!

しかし!マダイを釣り上げているのを横目で見てるのもなかなか切ないもの。ある時そのマダイプロのGさん(マダイだけじゃないけどね~何でもプロ)が大物をあげた!上げてびっくり5,5kg位のキレイなマダイちゃん!その人はでっかくてシマシマがキレイなイシダイも隣で釣った事があるのよねぇ~。スゴイスゴイo(^-^o) (o^-^)o
その時釣れなくて寂しがっていた私に「タモ取りする?」と何とも親切でありがたいお言葉を頂きました。私はまだ全然下の方にいるうちからタモを握り締め、ずっとGさんを覗き込んで応援していた。だけど、本当に大物らしく少しあがってくるとまた糸が出て行ったりと時間をかけて丁寧に釣り上げている姿を見ているうちに私の方が緊張してしまった。失敗したらどうしよう・・。他のお客さん達も自分の釣りの手を休めGさんの竿のしなりややり取りに注目していた。尚更緊張だよ~ん。あと20m位になった時、少し緊張を解こうと一回タモを置いてみた。
すると・・あれ?今ココに置いたタモは??あれれ?\(゜ロ\)(/ロ゜)/ふと見ると他のお客さんがタモを持っている。ガービーーン!!(>_<)あたしの今までの緊張と準備運動を返してぇ!しかし自信もないのでとても「私がやりますから!」とは言えず、指をくわえて見てるしかなく、ショボン。それでも笑顔でGさんを応援し続けた健気な私。そして「もう少しであがるよ~!」と言った瞬間、私に代わってタモを握り締めてるお客さんも一層真剣に海を見た。ら!すぅ~っと私の後ろを走り抜けていく人影!およよ?その人物はすっとGさんの脇に行ったと思うとささっとタモを取り上げて、お魚をちゃちゃっとあげると消えていった。でっかい魚の感動よりもその行動の素早さに呆気にとられてしまった私。もちろんそれは船長さんだったんだけど、さすがだねぇ~!私も船長さんがタモ取りしたんならって溜飲が下がったけどね(笑)^m^

マダイ釣りはたくさん釣れる訳じゃないから、何か魚がかかると一気に注目の的になる。やっぱりあるマダイ釣りの時に私にも大物がかかった事がある。その時も隣はGさんだった。竿を片手で持っていた私に「竿はお腹で支えた方がいいよ!」とアドバイスしてくれた。みんなに気づかれないように静かに必死に戦いました!でも言わなくてもいいのに船長さんが「本命かぁ?」と言った。その一言で一気に注目の的に・・いやぁ~ん(-0-)緊張するじゃん!そして照れるじゃん!それでもちょっぴり鼻高々にがんばって釣る私。
「魚が引いたら巻かないで!竿立てて!」とか「軽かったらドンドン巻いて!」とか教えてもらいながらようやく魚影が見える位置まで上げてきた。私は巻いてるから覗き込めなかったけど、一瞬船長さんが海をのぞいた途端「あっ!」と一言言い残しクックックと笑いながら船長室へ帰っていった。ん?どういうこと??となりのGさんを見るとちょっぴり苦笑い。いきなり二人に突き放されて不安になった私は急いで竿を置いて海を見ると・・・あああ!サメだぁ!!ガ~~ン( 一一)
どうして本命なんて言ったのよぉ!腕がパンパンになっちゃったじゃないよぉ!すっごく重かったんだから!ちょっと船長さんをにらんでみたけどそんな事をしても仕方がない。今までマダイを釣った事がないからどんな引きをするのかわからない私が悪い。でも、普段は竿の動きで魚が判別できる人達がどうしてわからなかったのかは今でも謎。そしてその日はそんな事が2回も続いた(撃沈)
それにしても憎きサメめぇ!!1m以上ある重いサメだったんだぞ!怖いやら憎らしいやら睨むやらで外すのも一苦労!もう本当に大嫌い!

でもね!マダイはたまにチャレンジしたい!釣れなくてもいいから狙いたい!本当は小さくてもいいから釣りたい!今月行く時は久しぶりにマダイにしてみようかな?「マダイの船に乗せてもらってもいいですか?」って小さい声で言ってみよう。
 
2006/02/08(水) 17:40:56

イカはうまっ!

2/4の『アマダイ♪だい!』を書いてからどうしても底からどのくらいあげるのかが定かじゃなくなっちゃって、ずっと気になってる。底に下ろして糸ふけをとってから・・・そのまま誘うのか?50cmか?2mか?段々わからなくなっちゃったよ~(泣)

それにしてもイカは美味しい(いきなり?)釣った魚は美味しいよね~♪新鮮でプリプリで顔がキレイで~♪だけど釣った魚の中で文句なしの一番はイカでしょ!身は透明で足の吸盤はいつまでも吸い付いて甘~いのぉ~!スルメイカとかマルイカの時は沖漬けセットを持っていって釣れたイカをポンポンと投げ込む。ちょっと可哀想だけど、美味しいからいいんだもんねぇ~!釣りの最中ちょっぴり行き詰ったりしたらハサミでちょん切って足をカミカミ食べるのが好き♪
でもあのイカツノを投入するのが大の苦手(泣)投入器に丁寧にツノを入れてるのにオモリを放り投げたらバキンバキンと次々と折れてしまった事もある(号泣)投入器を担いでみた事もある(一気にツノが飛び出てその案はすぐに却下)ツノが手に刺さるなんて日常茶飯事さっ!フン(`´)
それにイカ釣りは何だか漁師仕事みたいに(勝手な想像)「ハイやって!」「あげて!」「おそーい!」と一日中言われている気がする。イカのいるタナに即効で下ろさないとイカさん達がスイスイと通り抜けてしまうかららしいけど、とても焦る。焦るから上手く投入できない。できないと切ない。グジャグジャに絡まってしまった日にゃもう後ろを振り向けない。(船長さんのため息が聞こえるから・笑)慌てて新しいツノに取り替えたら逆さにつけていたり、ようやく上下を戻したら竿につないでなかったりと一日アワアワするはめになる。

ある日の事、「移動します!あげてください!」と言われ珍しく素早く順調に上げられた私はホッとして一本ずつツノを回収し始めた。すると海面にいやぁ~なモノが・・海藻のかたまりが漂ってきたのだ。急げ!急げとツノを回収していたのだけど後2本という所でその固まりと接触(泣)
「あーーーーー!!!もう!」どんなに振っても絡みつく!イライラしているとまわりの人達は次々と道具を回収!余計イライラと焦ってツノをぶん回していたらさっき回収したツノまでもが海へ・・・\(◎o◎)/!OH!NO!!そして悲劇は続く。何と船が動き出した!!ひえぇえええ!海藻に絡まれた私のツノ達が少しずつ流れてく!流れてくんじゃなくて船が進みだしたのだけど!ひょえぇええ!!待ってぇ!お願い!しかしそんな悲痛の叫びは誰にも届かず、仕方なく覚悟を決めた私は海藻ごと回収する事にした。切れたら切れた時の事よ!フンッ!っっこらしょぉお!と全てを一気に引き上げた。なんつう重さなんでしょうか!そして修復不能な程にグジャグジャに絡まった私の仕掛け(泣)「なにやってんの?」と人に言われても答えたくなかった。
そして船に上げた海藻の固まり。憎らしいったらない!(-"-)「コイツが!コイツがぁ!!」文句を言いながら少しずつツノを外して海に投げる。ようやく全部外れて海藻の残りはあとわずかになった時。ピチピチッ!ん?ピチッ?その固まりの中でうごめく物体が・・あっ!かっわいい~♪子供の魚だぁ!2cmくらいのカワハギとか3cmくらいのイシダイとかカレイとかわからないのとか可愛い魚がそこに住んでいたみたい。私は子供達の安住の地を分解しちゃったのね。少々反省した私は子供達を残らず海藻に絡めて最後は静かに海に流した。あいつら無事に大きくなれたかなぁ?

そんなこんなで不器用でトロくさい私にはとてもトラブル続きのイカ釣りなのだけど、美味しいから好き♪美味しいから頑張れる♪
アオリイカもスミイカも最高に美味しかったけど、あのエギってヤツで釣るのがあんまり達成感が感じられなくてねぇ~。イカ釣り漁船に乗り合わせたみたいなツノだらけでガシガシ釣る方が何だか性に合うみたい(上手くできないくせにね~)
 
2006/02/07(火) 17:47:13

行きたくてグルグル

このブログを更新しようと思って、毎日今までの釣りの事を思い出しているせいで、釣りに行きたい病にかかってしまった。妙な夢も見てしまった。
今朝見た夢はホタテ釣り(笑)夢の中で船長さんが「今までは秘密にしていたけど、本当に釣りが上手くなりたかったらホタテ釣りが一番なんだ!」と言われた。本マグロでも釣れそうなでっかい竿とリールを持たされて針が何百本もついてる仕掛けをつけてもらった。「この針に全部ホタテが食いついたら一人前だ!さあやって!」とまたまた理不尽な事を言われながらも必死に釣り始める私。まわりを見るとみんな結構釣れているのよね~「あと3個だったかー!」とか「私は何とか全部かかった!」とか、でも私は何度やっても10個位しか釣れなくて、焦るやら悲しいやら(T0T)「私は釣りにむいてないんでしょうかぁ!!エ~ン。」と泣き叫んだら、船長さんが「全部かかったら一人前なんて嘘だから!本当は全く釣れない方がいいんだよ!だってホタテだからね、魚じゃないからね!ワッハッハッハ。」と言った。私は何だかホッとしたような気分に・・でもやっぱり納得いかないうちに目が覚めた。
なんじゃい!ホタテ釣りって!?どうせ夢を見たんなら魚を釣りたかったよ!もう!(-0-)
釣りに行きたくて喉がグルグルなってるよ!
 
2006/02/06(月) 16:45:22

潮を読め!?

ある時いつも行く船宿の船長さんに言われた。
「せっかく釣りをやってるなら上手くなりたいでしょ?」
もちろん!上手くなりたいよぉ!!
「釣ってる時にわからない事があったらどんどん聞いてよ。」
はい!大変嬉しいお申し出です!が!わからない事がわからない(泣)
「それにはやっぱり!数こなさないとな!」
数ですか・・商売上手ですねぇ~プププ^m^
「潮くらい読めるようにならないとな!」
へ?潮??読む??どうやって?ていうか読み方教えてよ!

それ以来、私は釣りに行く度に海をのぞきこんでみる。
「おーい!潮!今日のご機嫌はいかがかなぁ?」
潮の機嫌を伺うんじゃなくて読むんだった。
やっぱり海をのぞきこんで
「何と書いてあるんでしょうか?ちょっと読みにくいですけど・・。」
それも違うと思いつつも、読み方を探ってみる。読むって何よ!!!!(`曲´♯)キィー
流れを見ろって事?それってもしかしてすごく難しいんじゃないの?満潮とか干潮とか方向とか早さとかとかとか??げっ!大変じゃん!
どうすればいいの?今の私では読めた所で生かす腕もない!やっぱり船長さんの言うとおりに数こなさなきゃダメなのね~。

おっしゃるとおりに通いますよ。その代わりにしっかり潮の読み方を教授してくださいな!
 
2006/02/05(日) 23:21:37

魚も好きだけど・・

魚食べるの大好き♪
生で食べる方が好き♪
お刺身食べてるととても幸せ♪
ちょっとあぶって半生も好き♪
私の夢は舟盛りを一人で食べる事!かな?(笑)
その舟盛りだってあれだよ!
30cm位のじゃなくて1m位のだよ!

でも実は生が好きなのは魚だけじゃないのよ~ん♪
肉も生が好き♪
今日は馬刺しを食べました!やったね~♪
\(^O^)人(^O^)/
美味しかったなぁ~
注文する時にあんまりしつこく
「馬刺し!馬刺し!!」
と言ってしまったので
みんな箸を出し辛かったのか
ほとんど一人で食べてしまった。
みんなゴメンよ~m(_ _)m

また食べに行こう!
健康ランドの食堂だけど(撃沈)

 
2006/02/04(土) 17:19:55

アマダイ♪だい!

少し前の事。去年の12月18日(日)
ちーちゃんと二人で釣りに出かけた。場所はいつものように萬司郎丸。その日は電車で行ってみた。荷物がたくさんはイヤだから前の日に萬司郎丸のお母ちゃんに「なぁ~んにも持っていかないのでよろしくお願いしま~す!ついでに何を釣るかも決めてな~い!」と宣言。家から長靴を履いて防寒着てちょっぴり怪しい女二人。
何はともあれ到着すると「あれ??」様子がおかしい。確かに前の日に天気予報を見たら風が強そうではあったけど・・・。急いでお母ちゃんのいる受付に行くと「時化ちゃってるから待機しててくれる?もしかしてアマダイだけは出るかもしれないけどアマダイでいい?」アマダイはマダイを釣りに行った時に外道でかかった事はあるけどちゃんと狙って釣った事がない。初めてなのでドキドキしたけど「何でもいいです!」とお母ちゃんに言って事務所に向かった。事務所に行くと何人かのお客さんと船頭さん達と上乗りさん達がワラワラと待機していた。
「おはようございま~す!お船は出ないのかしら?」と聞くとあっちでもこっちでも「まいっちゃうな!」「アマダイは出るんじゃねぇの!」「寒い!」「電車で来たの?」「昨日は何時まで飲んでたの?」などなど一斉にしゃべりだしたので少し混乱。ひとつひとつ返事をしているうちに夜が明けるっちゅうの!(>_<)結局船が出るかどうかもわからずに私達はウロウロするしかなく、それでも一応準備をして待っていると突然みんな事務所から出ていってしまった。「え?出るの?出ないの?何なのよ??」あせった私は一番近くにいた上乗りさんに急いで聞くとアマダイだけ出すらしいとの事。


さて!大慌て!受付に行ってお金払って荷物を持って船に向かって走った。「手ぶらなのでよろしくお願いします!」と宣言して船の自分らの席についてようやく一息ついた。船長さんが竿やらオモリやら仕掛けを手早く用意してくれて、その上エサのオキアミをバケツに入れてとかしたりしてくれたので私達はのんびりできた。陽気が悪かったせいでお客さんは少なかった。アジに乗る予定だった5人位のお客さんとあと2,3人と私達。アマダイじゃイヤなのか帰っちゃった人もいたしね。
そして出船!すると、船長さんが1、2・・3人。え?3人も乗ってるぞ!?上乗りさんも2人。その船しか出なかったからなのかとても贅沢な船に大変身!これはしっかり釣り方を教えてもらわなきゃいけないぞ!元気いっぱいに「初めてなのでお願いします!」と教えてもらいたい気持ちを目一杯アピール♪


出船直後、運転してる船長さんのごあいさつ&今日の釣りのポイントがスピーカーから流れたのだけど、早口&ボワボワで聞き取れない。キョロキョロしてるともう一人の船長が「何言ってんか全くわかんねぇな!アハハ。」と笑っていた。笑い事じゃないんだけど・・とても困っちゃうんだけど・・・。仕方なく「どうしろって言ったの?」と聞くと笑っていた船長は消えていた(泣)全然わからないじゃん!少し不安な私。それでも気分が良かったから歌を歌って酒を飲み始めてみた。いつどこに到着するのかもわからなかったけど一応エサをつけて準備して~っと。

釣り場に着くとさっきの船長がいつの間にか私達の後ろにいてまずは私のエサをチェック。「もっといいヤツつけねぇとダメだよ!目玉がしっかりしたヤツな!」と言われてしまったのでお元気なエビちゃんをつけなおした。そして「底まで下ろしたら2m(50cmだったかな?あれ?どっちだ?ヤバイ・・(>_<))まいて後は上下に大きくゆっくり誘う。あんまり誘いすぎるのもダメだからね。」と教えてもらい、さっそくアマダイ釣り開始。初めは結構波があったのだけど段々穏やかになって1時間位すると完全な凪になっていた。陽気は良くなったけど魚はかからない。隣の隣の方にいた上乗りさんの誘い方を見て真似してみたり、途中でさっき教えてくれた船長さんが細かくアドバイスをしてくれたりと結構釣り方には慣れてきたのだけどかからないなぁ~。
すると隣で釣っていたちーちゃんに反応が!わわわ!「釣れたの?」と聞くと「重いみたいだけどわからない。」ムム?わからないのか・・。そしたら船長さんが「魚いるべ!」って言ったのでちーちゃんは注目の的に(笑)70m位あったので大変な思いをしてまいてくると確かにアマダイ!すげぇ!ちーちゃん!お魚は船長さんが船の中に上げてくれた。私はヤッタね♪と言いつつも悔しいやら焦るやら(笑)最高のエビちゃんを選別して投入!少し無口(笑)
しばらくすると・・・グィ!あっ!何かかかった!慎重にゆっくりと巻き上げる。ドキドキの瞬間!船長さんに「かかったの?」と聞かれ満身の笑みで答えた(*'-^)-☆ウフ♪10m・・5m・・2m・・覗き込むと赤い魚体がフワァ~って上がってきた。「やったー!ラッキ!プププ。」ちーちゃんのは目ん玉飛び出ちゃってたけど、私のは無事だった(そんな事で張り合うなっちゅうの!)そしてちょっぴり大きめ!ウフフ^m^
私達の座っていた側は上乗りさんも含めて6人位いたけど釣ったのはまだ私達だけ、教えてくれていた船長が「コーチがいいからだな!ワッハッハッハ」と自慢げに喜んでいた。本当にその通りだと思うから手柄を取られても全然悔しくないもんね~♪その後、上乗りさんの一人が釣った所でまだ午前中だったけど終了。
西の方から風が吹いてきちゃって白い波がせまってくるのが見えた。お天気って不思議よねぇ~。さっきまで超凪だったのにいきなりブワブワと風邪が吹いてきて船はゆらゆら~。大慌てで道具を片付けた。私達は手巻きだったのでちょっと大変だったけど、何故か負けちゃいけない気がしてムキになって電動リールの人と勝負したら何と勝ってしまった(笑)腕はパンパンになったけどね~。


帰り道は波がせまってくるから超スピードが出ていてビッチョビチョ。それでも負けずにちーちゃんと酒を飲んでいたら上乗りさんが波よけに立ってくれたんだけど、大笑いされた。「君達はどこに行っても生きていけるよ。」そうかもしれない・・。ブブブ
ちーちゃんが潮をかぶって濡れた手を舐めて「つまみ要らずだね。」なんて言うもんだから真に受けて舐めたら本当にその通りだった。私はお気に入りの『氷結グレープフルーツ』を飲んでいたのだけど潮をかぶったので『ソルティードッグ』になっていた。なかなか乙なモンでしたよ(笑)
天気のせいで短時間の釣行になってしまったけど、船長さん直々のアドバイスを受け、二人とも一匹ずつ釣れて楽しかった。本当はもうちょっとやりたかったけどね。


お土産に超新鮮なウルメイワシまでもらって発砲スチロールにお魚を氷詰めしてもらっておうちに帰りました。船長さんが「これだけのアマダイだったら売れば釣り代が出るよ。」と言っていたのでめっちゃ得した気分♪
そしてアマダイの美味い事!さすが高級魚!さすがアマダイ!お刺身にしてペロリと食べてしまった。何と言っても皮が美味かった!頭と骨は煮付けにして食べた。少しでもムダにしたくないからねぇ~!本当は骨だって食べちゃいたいくらいだけど、さすがにムリだった。
ウルメイワシは頭とって腹とって丸のまま皮むいて醤油つけて丸かじり。口の中で身がキュッキュ言う位張り切った身だった。美味しかったなぁ~思い出すとジュルジュルだよ。


その後もう一度1月の3日にアマダイ釣りに行ったのだけど。何とその日は1時間で終了。もちろんアマダイは無し(泣)それでもアカボラ(?)なる魚がバラバラと釣れた。そいつも美味かったけど、1時間じゃねぇ~つまんないよ~(泣)その日は日頃のおこないが悪いと言われ踏んだり蹴ったりの一日でした。またアマダイを釣りに行きたいんだけど今年はもうムリかな?機会を狙ってぜひ頑張りたいお魚の一つです。
 
2006/02/02(木) 17:49:03

宝物釣り

私が釣りに興味を持ったのは幼稚園の頃だった。
幼稚園のバザーで子供用のプールの中にラッピングしてあるプレゼントがたくさん入っていて、竹の棒の先にたこ糸と引っ掛ける針金がついているだけの竿を持ってそのプレゼントを釣り上げるのだけどその興奮といったら!わお!\(◎o◎)/!みんな大きいのやら重そうなのを選んでひっかけようと竿をぶんまわして大興奮!その時に釣ったおもちゃは何だったか忘れちゃったけどその時の興奮は忘れられない。そしてその時に私はいつか魚釣りをするだろう!って思ったのよね。

その後自分で作った竿で飼っていた金魚を釣ろうとして親に怒られた。釣れっこないけどね、針金で作ったでかい針だから(笑)怒られて泣きながらいつか必ず本物の魚釣りをするんだ!くそ~!って決意した。


その後何年もそんなチャンスはなく、ちょっぴり忘れかけていたのだけど、高校の卒業旅行で友達と下田に行った時、散歩をしていたらホテルの近くに防波堤があってそこで釣りができるのを発見した。『貸し竿あります!』と書いてあるのを見た時、絶対にやってみたい!と昔の興奮が蘇ってきた。バケツいっぱいのエサと竿を借りたまでは良かったのだけど、竿の先には妙な袋がついていてその下にはたこの足みたいにたくさんある針。(今思えばサビキとギャング針?なんでしょうね)もちろん、本当の魚釣りは初めてだしシンプルな竿+糸+針っていう道具じゃないもんだから、全くどうしていいのかわからない。それでも袋にエサを入れるんだろうなって思ったからエサを詰めて海に下ろしてみた。釣りってのんびり待つってイメージがあったからただエサと針を海にぶち込んで待っていた。でも釣れっこないよね(笑)海を覗くと結構お魚が針の周りを泳いでいるんだけどすっかり遊ばれてるみたいで悔しい。友人と相談して「引っ掛けてきちゃおうか?」という結論に・・。まるっきり知らないのに正解に近づいていたのよね。とはいえ上手に引っ掛けてこれる訳もなく、一匹も釣れずに飽きてしまっていた。
すると近くで釣りをしていたおじさんが「やり方わからないの?」と声を掛けてくれた。私達がうんうん!とうなずくと、そこでの釣り方を丁寧に教えてくれた。「この袋にエサを詰めて海ん中に入れたら上下に大きく振るんだよ。でもずっと振ってると魚が逃げちゃうからたまに休んでまた大きく振る。エサが無くなったらまた詰めてくり返す。ね?わかった?」(^O^)/はーい!私達は今度は必死に釣り始めた。変な振り方をするとおじさんが「もうちょっと丁寧にね。」とか「横に揺らさない方がいいよ。」とかアドバイスしてくれるので短時間でかなり上達したんじゃないかな?結果は忘れちゃったけど、小アジとイワシと知らない小魚が何匹か釣れた。釣れた魚はおじさんの釣りエサに使ってもらう事にして私達の初釣りは大満足で終了した。
その時にもいつかまた必ず魚釣りをしたいな~って思ったのよね。


今、私は甥っ子達に釣りを好きになってもらおうと紙で作った魚にクリップをつけて、針の代わりに小さな磁石をつけてプチ魚釣り堀を作っている。その効果があったのか、5年生の甥は魚釣りにはまっている。管理釣り場や川、海合わせてもまだ5,6回しか連れて行ってないけど、将来立派な釣り師になってもらいたいと思う。(勝手にね・笑)ヤツも船酔いはしないみたいなのでこれからもっと船に乗せようと思ってるのよねぇ~^m^

宝物が釣れた時に感じた気持ちは、今お魚を釣る時にも感じる。あれって何なんだろう?ワクワク?ドキドキ?竿が重くなってすごくしなると腹の底から何かが湧き上がってくる様な感じ。興奮の一瞬よね♪
ああ!早くまた釣りに行きたくなっちゃったよ~!
 
2006/02/01(水) 18:37:09

アジ釣りのお写真♪

まずは最後の方に釣れた30cmオーバーのアジさん

P1290437.jpg


それから逆光がいい味出してるお写真。くわえタバコでゴメンなさい。

P1290434.jpg


お写真撮影は一緒に行ったちーちゃん♪サンキュー!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。